サービスレジストリ

Red Hat OpenShift Service Registry

Red Hat® OpenShift® Service Registry は、Red Hat OpenShift API ManagementRed Hat OpenShift Streams for Apache Kafka のための、完全にホストされたフルマネージド型のレジストリサービスです。

セクションを選択

公開、発見、再利用

Red Hat OpenShift Service Registry により、開発チームはアーティファクトを公開、発見、再利用しやすくなります。複数の API フォーマットをサポートする Red Hat OpenShift Service Registry は、Red Hat が管理する高可用性サービスとして提供されています。

Red Hat OpenShift Service Registry は以下のサービスに含まれており、追加料金なしで利用できます。

特長とメリット

再利用率の向上

Red Hat OpenShift Service Registry により、開発チームは再利用可能なアーティファクトを文書化し、閲覧やダウンロード用に提供できます。スキーマや API を新しいアプリケーションや進化するアプリケーションでも使用できるため、重複作業を避けることができます。

アプリ開発をスピードアップ

時間のかかる統合の問題を減らすことで、スピードアップが実現します。Red Hat OpenShift Service Registry は、API ファーストおよびスキーマファーストの開発をサポートし実施しているため、チームは統合の問題を引き起こすことなくサービスを個別に変更できます。

互換性エラーの削減

新しいスキーマのバージョンが登録されると、有効なコンテンツ、構文、セマンティクスの互換性がチェックされるため、アップグレードのプロセスがスムーズになります。さらに、アーティファクトスキーマはバージョン管理されるため、コントロールと可視性が向上します。

共通規格を用いた統合

Red Hat OpenShift Service Registry は、Apache Avro、JSON スキーマ、Protobuf、OpenAPI、AsyncAPI、GraphQL、WSDL、XSDをサポートしています。このサービスでは、CNCF と Schema Registry API の互換性レイヤーを公開しています。元々これらの API と統合するために構築されたアプリケーションは、Red Hat OpenShift Service Registry と互換性があります。

関連サービス

Red Hat OpenShift API Management

マイクロサービスベースのアプリケーション向けの API 管理サービスをホストして、価値実現までの時間を短縮します。

詳細はこちら

今すぐ使ってみる

Red Hat OpenShift Streams for Apache Kafka

データストリーミング向けのクラウドサービスをホストおよび管理して、リアルタイム・アプリケーションの運用上の複雑さを軽減します。

詳細はこちら

今すぐ使ってみる

セールスチームに問い合わせる

Red Hat へのお問い合わせ