統合

Red Hat OpenShift Streams for Apache Kafka

Red Hat® OpenShift® Streams for Apache Kafka は、新しいクラウドネイティブ・アプリケーションの構築、デプロイ、スケーリング、または既存システムのモダナイズ向けに最適化された開発者エクスペリエンスを提供するマネージド・クラウドサービスです。

Jump to section

リアルタイム・エクスペリエンスとコネクテッド・マイクロサービスを提供

Red Hat OpenShift Streams for Apache Kafka は、デプロイされる場所に関わらず、リアルタイム・データ・ストリームの作成、検出、接続を容易にします。ストリームは、イベント駆動型アプリケーションやデータ分析アプリケーションを提供するための重要なコンポーネントです。分散されたマイクロサービス、大規模なデータ転送量、管理されたオペレーションを組み合わせ、シームレスに運用することで、チームはチームの強みに集中し、価値実現までの時間を短縮し、運用コストを削減することが可能になります。

Apache Kafkaは、組織が既存のシステムをモダナイズし、従業員、顧客、パートナーにリアルタイムの体験を提供することを可能にします。Red Hat OpenShift Streams for Apache Kafka は、Kafka のコアテクノロジーよりもさらに進んだ機能を備えています。OpenShift Streams for Apache Kafka には Kafka エコシステムが含まれており、またクラウドサービスや Red Hat OpenShift 製品ファミリーの一部として、データ駆動型のソリューションを幅広く構築することができます。

Red Hat OpenShift Streams for Apache Kafka を使用するメリット

  • アプリケーションの速度が向上することで、チームはすぐに開発を開始し、個々のマイクロサービスを継続的に修正し、新しいテクノロジーを迅速に実装することができます
  • あらゆるワークロードにシームレスに接続する、ハイブリッドクラウド環境でのアプリケーションライフサイクルを単純化します
  • プラットフォーム、アプリケーション、データサービスを含む、アプリケーションの構築、展開、スケーリングのためにキュレートされた Kafka エコシステムで、パブリッククラウドやプライベートクラウドにおけるストリームベースのアプリケーションの提供を単純化します

ハイブリッドクラウド環境でのアプリ開発を最適化

特長

リアルタイムのストリーミング・データブローカー

エンタープライズ規模のアプリケーション向けに、分散したマイクロサービス間の大容量データ転送をサポートする、あらゆるクラウドで実行可能なサービスです。

コネクター

Kafka ブローカーは分散サービスに接続することができ、アプリケーションと企業システム、クラウドプロバイダーサービス、Software-as-a-Service (SaaS) アプリケーション間でのストリーミングデータの消費と共有を容易にします。

スキーマレジストリ

Red Hat OpenShift Service Registry が含まれているため、開発チームはストリーミングデータのトピックを簡単に公開、通信、発見することができます。

開発者エクスペリエンスの最適化

セルフサービスをサポートしてユーザーを管理タスクから解放し、他の Red Hat OpenShift ワークロードに簡単に接続できる、開発者ファーストの一貫したエクスペリエンスを提供します。

サービスとして提供され、Red Hat により管理される

24 時間 365 日体制の Red Hat のグローバルサイト信頼性エンジニア (SRE) 専門チームが、可用性の高い (マルチ AZ) Kafka インフラストラクチャと、モニタリング、ロギング、アップグレード、パッチ適用などの日常的な運用を管理することで、プロアクティブに問題に対処し、迅速に解決します。

ユースケース

バッチデータをリアルタイムイベントに置き換える

多くのアプリケーションが未だにバッチデータに依存していますが、これはお客様の不満や結果取得の遅れにつながる可能性があります。ストリーミングデータを利用することで、バッチデータへの依存を排除し、より迅速かつ優れたデジタル・エクスペリエンスを実現できます。

イベント駆動型アーキテクチャを作成する

ハイブリッドクラウド・アプリケーションを設計する際、データストリームは、イベント駆動型の分散型アプリケーション・アーキテクチャにおいて、イベントの捕捉、通信、および処理のためのバックボーンとなります。

疎結合のマイクロサービスをつなぐ

開発者は、チームが独立性を保てるように、機能をマイクロサービスとして公開することに努めています。マイクロサービス間の通信にストリームを使用することで、疎結合を維持し、チームの俊敏性を保ちます。

リソース

ドキュメント

Red Hat OpenShift Streams for Apache Kafka の製品ドキュメント

e ブック

イベントメッシュ:入門編

Web セミナー

クラウドネイティブ統合のためのガイド

詳細

ハイブリッドクラウドのブループリントに対応するイベント駆動型アーキテクチャ

セールスチームに問い合わせる

Red Hat へのお問い合わせ