クラウド・コンピューティング

Red Hat OpenShift

仮想およびプライベート・クラウド・インフラストラクチャ向けの管理ツール

Red Hat® OpenShiftift® は、Docker と Kubernetes を企業向けに提供するコンテナ・アプリケーション・プラットフォームです。OpenShift を使用すれば、アプリケーションのアーキテクチャに関係なく、ほとんどすべてのインフラストラクチャ (パブリックまたはプライベート) で、容易かつ短時間でアプリケーションの構築、開発、デプロイを行えます。オンプレミス型、パブリッククラウド型、ホスティング型、いずれの形態であれ、受賞歴のあるプラットフォームを利用し、新たなアイデアを競合他社よりも先に製品化しましょう。

特長と利点

エンタープライズ向け Kubernetes

Red Hat OpenShift は、Docker や Kubernetes などのテクノロジーをネイティブに統合し、Red Hat Enterprise Linux® のエンタープライズ基盤と組み合わせた、完全なコンテナ・アプリケーション・プラットフォームです。

ステートフルおよびステートレス・アプリケーション

Red Hat OpenShift では、ステートフル・アプリケーションとステートレス・アプリケーション両方の実行が可能で、サポートされています。そのため、エンタープライズ・アプリケーションを完全に再構築することなく、コンテナの利点をフルに活用できます。

コンテナのセキュリティ

Red Hat OpenShift は、ロールベースのアクセス制御、Security-Enhanced Linux (SELinux) による分離、コンテナ構築プロセス全体のチェックなどのビルトイン・セキュリティをコンテナベースのアプリケーションに提供します。

アプリケーションのモダナイゼーション

Red Hat OpenShift と Red Hat JBoss Middleware を組み合わせることにより、開発者用ツールなどを含む、構成可能でクラウドネイティブなサービスを利用できます。これにより、さらに短い時間で、よりスマートかつ柔軟にアプリケーションを開発でき、マイクロサービスで分散システムを構築することに伴う課題を克服できます。

より優れた、より強力なハイブリッドクラウドの構築

Red Hat Enterprise Linux がデプロイおよびサポートされているところであれば、どこでも OpenShift をデプロイ、サポートすることができます。これには、Amazon Web Services、Azure、Google Cloud Platform、VMware などが該当します。

DevOps の採用

Red Hat OpenShift は、開発チームと運用チームに対して、共通のプラットフォームおよびツールセットを提供します。それにより、どちらのチームも、共通の継続的なアプリケーション開発および保守ワークフローに沿って作業を進めることができます。

ニーズに合わせた 3 つのデプロイモデル

現代のマーケット・リーダーを決定するものは、イノベーションです。このことが業界全体の再編を引き起こしています。そして長期的な成長とイノベーションを実現するためには、コンテナ・アプリケーション・プラットフォームに加えて、DevOps によりハイブリッドクラウド環境におけるアプリケーション提供を迅速化する能力が不可欠となります。Red Hat OpenShift はイノベーションを実現するための助けとなります。オンプレミス型、ホスティング型、パブリッククラウド、いずれの環境においても、高品質のアプリケーションを迅速に構築できるため、変化の激しい世界で競争力を保つことができます。

Red Hat OpenShift Container Platform が提供するエンタープライズ・グレードの Kubernetes 環境により、Red Hat Enterprise Linux がサポートされているパブリック/プライベート・データセンター全体でコンテナ化アプリケーションを構築、デプロイ、管理できます。

Red Hat OpenShift Container Platform を使用すれば、独自のクラスタを独自のインフラストラクチャ上で運用できるため、コンテナ環境を自在に制御することができます。

Red Hat OpenShift Dedicated は、パブリッククラウド上でシングルテナントのマネージド型 OpenShift 環境を提供します。Red Hat がインストールおよび管理するこれらのクラスタは、必要に応じて付加的なリソースを提供し、Red Hat JBoss® Middleware およびパートナーサービスを利用して、既存の認証システムと統合し、プライベート・データセンターに接続することができます。

Red Hat OpenShift Dedicated により、次のことが可能になります。

  • Red Hat が管理する特定の OpenShift クラスタ全体を、自社専用として利用する
  • クラスタを Amazon Web Services (AWS) または Google Cloud Platform (GCP) 上でホストする
  • 安全な方法でオンプレミスデータに接続する

Red Hat OpenShift Online は、Red Hat のホスト型パブリック Platform-as-a-Service (PaaS) で、アプリケーションの開発、構築、デプロイ、ホスティング・ソリューションをクラウド上で提供します。

Red Hat OpenShift Online を使用すると、Red Hat が運用およびサポートするパブリッククラウドの中で、コンテナ化されたアプリケーションを迅速に構築、ホスティング、およびスケーリングできます。

Red Hat を活用する

Red Hat のサブスクリプションから得られるものには、受賞歴を誇るサポート、パートナーやお客様、エキスパートで構成される業界最大規模のエコシステム、ハードウェア認定、そして最高の機能を提供し、エンタープライズ製品の安全を確保するオープンソース・コミュニティとのつながりが含まれます。

さらに高度なサポートが必要な場合は、テクニカルアカウントマネージャーにご連絡ください。お客様の IT 課題の解決をお手伝いします。

サービスとプログラム

さらにご満足いただくために

コンサルティング

戦略アドバイザーと協力しながら、Red Hat OpenShift を使用してアプリケーションをモダナイズしてアイデアを迅速に製品化する方法を見つけましょう。

開発者プログラム

コンテナベースのアプリケーションの構築、実行、スケーリングを、今すぐ体験しましょう。

パートナープログラム

Red Hat Connect は、Red Hat との共同作業によって理想的なカスタマーソリューションを構築し、提供するサービスを Red Hat 製品でサポートする、パートナーコミュニティです。力を合わせて、優れた成果を達成しましょう。

今すぐ OpenShift を使い始めましょう