言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

インフラストラクチャ

インフラストラクチャの可能性を最大限に

オープンなソフトウェアで、ビジネススタイルを変えることができます。オープンであれば、ハードウェア、システム、アプリケーションなど、自社に合ったテクノロジーを選択できます。既存の投資を活かしながら、より優れた環境を手に入れる新しい道をご確認ください。

今日の企業には運用の効率化と俊敏なイノベーションの双方が必要です。この 2 つをうまく両立させなければなりません。

2017 年までに IT 部門の 75% がバイモーダル手法を導入すると Gartner は予測しています。ハイブリッド IT、つまりベアメタルからプライベート/パブリッククラウドまでをカバーするインフラストラクチャは、どの組織にとっても不可欠です。

Red Hat® インフラストラクチャソリューションによってビジネスに最適なバランスを見つけることができます。

IT の最適なバランスを見つける

境界のないインフラストラクチャを構築

コアビジネスアプリケーションをモダナイゼーション

稼働率が高く、高速なシステムのデプロイが実行可能な最新のプラットフォームで標準化することによって、複雑さを低減し、アプリケーションインフラストラクチャを簡素化できます。

NCDEX が IT アーキテクチャの標準化によって 99.99% の稼働率を達成した方法をご確認ください。

アプリケーションの提供を高速化

最適化されたインフラストラクチャと、開発者向けのセルフサービス機能によって、市場投入期間を短縮できます。

CBTS がカスタマーサポートプロセスを自動化および合理化し、65% の効率アップを実現した方法をご確認ください。

俊敏な IT を実現

アプリケーション主体のインフラストラクチャと、コンテナを使用した共通のアプリケーション提供プラットフォームによって、アプリケーションをこれまでとは異なる手法で構築し、競争上の優位性を生み出すことができます。

FICO が OpenStack® ソリューションによって構築時間を数日から数分に短縮した方法をご確認ください。

オンデマンド Web セミナー

境界のないハイブリッド IT を目指す

コアインフラストラクチャを維持しながら新しいビジネスの要求に対応するには、インフラストラクチャ戦略をどのように展開していけばいいのでしょうか。今こそハイブリッド IT の世界でビジネスを定義し直す必要があります。

このオンデマンド Web セミナーでは、Red Hat インフラストラクチャ担当シニアバイスプレジデント Tim Yeaton が、Red Hat のアプローチについて解説します。

Web セミナーを見る

製品

安定性、安全性、柔軟性に優れた基盤を構築する Red Hat 製品

コンテナ導入の準備はできていますか?

コンテナ導入を成功させる 5 つのステップ

Forrester Consulting は、194 名の IT 運用部門および開発部門の意思決定者に彼らのコンテナプランについて質問しました*。大部分の回答者はより迅速にアプリケーションを開発し、提供したいと考えていました。そして多くの回答者がコンテナを使用してクラウドおよびデータソリューションを提供しています。しかし、準備ができていると感じている人は何人いたでしょうか?半分以下です。

コンテナ導入の準備はできていますか?準備を整えたいですか?

*出典: Red Hat からの委託により Forrester Consulting が実施した調査 (2015 年 1 月)

Forrester のコンテナ導入を成功させる 5 つのステップは、ご登録後にお読みいただけます。

お客様の成功事例

Cox Automotive: Red Hat によるクラウド管理の実現

Cox Automotive は、IT インフラストラクチャの提供を自動化し、俊敏性を高め、市場投入期間を短縮しました。

Cox Automotive の事例を見る

Web ブックを閲覧

ビジネスの種類を問わず、ハイブリッド IT の現実に対処する方法

効率に関する Web ブック

レガシーインフラストラクチャの負担を軽減します。

IT の効率性を向上

変革に関する Web ブック

バイモーダル手法をサポートする適切な戦略を導入します。

従来の IT を最適化

俊敏性に関する Web ブック

クラウドネイティブアプリケーション向けに構築されたインフラストラクチャによって、迅速な IT サービス提供とイノベーションを実現します。

俊敏性を向上

インフォグラフィック

従来型 IT とアジャイル型 IT

俊敏性を高めながら、より効率的なオペレーションを実現できるとしたらどうでしょうか?従来型 IT とアジャイル型 IT のバランスをとることができたらどのようなメリットがあるのでしょうか?

一貫性と相互運用性を備えたオープンソースソリューションを活用して、IT without boundaries -柔軟かつ俊敏な IT 基盤-を実現する方法をご紹介します。

インフォグラフィックを見る

知見とアイデア

知見について
* http://www.linuxfoundation.org/news-media/announcements/2014/03/linux-foundation-releases-first-ever-collaborative-development OpenStack® のワードマークと OpenStack のロゴは、米国とその他の国における OpenStack Foundation の登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundation の許諾の下に使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。