Red Hat Fuse Online

機能と利点

ホスト型ソリューション

Red Hat Fuse Online は Red Hat OpenShift Online 上でホストされるため、ユーザーはソフトウェアのインストールや IT 問題の対応について心配する必要がありません。サービスとインテグレーションは、容易にデプロイ、更新、スケーリングできます。プロセスのあらゆる段階でセキュリティが管理されます。

Hosted solution

ローコードの UI/UX

ビジネスユーザーは、使いやすいブラウザベースのドラッグ・アンド・ドロップ・インタフェースを利用できます。クラウド、SaaS、レガシー・アプリケーション間で機能を接続する高度なインテグレーションを作成できます。

Low-code UI/UX icon

コンテナベースのインテグレーション

Red Hat Fuse Online はコンテナベースのプラットフォームである Red Hat OpenShift Online 上で実行されるため、個々のサービスやインテグレーションを中断することなく、容易に作成、テスト、デプロイできます。これにより、アプリケーション開発者はエンドポイントを作成でき、各事業部門は独立して作業することが可能です。

Container-based integration

統合型ソリューション

Red Hat Fuse インテグレーション・プラットフォームの一部である Red Hat Fuse Online は、さまざまな環境にデプロイできるため、あらゆるユーザーのニーズに合ったインテグレーション・ソリューションを提供します。すべてのデプロイメント・オプションで同じテクノロジー基盤が使用されるため、統合のエキスパート、開発者、ビジネスユーザーは、明確かつ一貫性のあるガバナンスでコラボレーションできます。以下のようなオプションがあります。

  • Red Hat Fuse Standalone:プライベートサーバーにデプロイ
  • Red Hat Fuse on OpenShift:パブリックまたはプライベートクラウド向け
  • Red Hat Fuse Online:iPaaS ソリューション用にホスト

Fuse は必要とされる高いスループットを実現します。OpenShift 上に Fuse ベースのインテグレーション・コンポーネントをデプロイすると、マイクロサービス・インテグレーションのスケーリングが可能となります。

お客様事例:UPS、DevOps と Red Hat 製品でパッケージの追跡と配信を効率化

ビジネスユーザー、アプリケーション開発者、統合のエキスパートのための統合型インテグレーション・プラットフォーム