Red Hat Fuse

機能と利点

ハイブリッド・デプロイメント

Red Hat® Fuse は、オンプレミス、パブリック/プライベートクラウド、またはホステッドサービスのいずれの環境でもデプロイメントをサポートしており、あらゆるユーザーのニーズに合ったインテグレーション・ソリューションを提供します。どのデプロイメント・オプションを選んでも相互運用が可能となり、統合に関するエキスパート、開発者、ビジネスユーザー間のコラボレーションを実現できます。オプションは以下のとおりです。

  • Red Hat Fuse - スタンドアロン方式、プライベートサーバーにデプロイ
  • Red Hat Fuse on OpenShift - パブリックまたはプライベートクラウド向け
  • Red Hat Fuse Online - iPaaS (Integration Platform-as-a-Service) ソリューション用にホスト
ハイブリッド・デプロイメントのアイコン

コンテナベースのインテグレーション

クラウドネイティブ・ソリューションである Fuse は、コンテナ内でのマイクロサービスの開発と接続をサポートします。これにより、アプリケーション開発者は継続的に革新を進めることができます。開発者は、サービス、API、インテグレーションをそれぞれ単独でデプロイして、アプリケーションをサポートすることができます。

コンテナを使用すべき理由

ローコードのインタフェースを備えた組み込み型 iPaaS

Red Hat Fuse には、ブラウザベースのドラッグ・アンド・ドロップ・インタフェースである Fuse Ignite が組み込まれており、インテグレーション・サービスを迅速に作成することができます。Ignite は、ビジネスユーザー向けの完全な iPaaS ソリューションとして Fuse Online に組み込まれています。開発者がローコード・ツーリングを使用するには、Ignite を Fuse on OpenShift とともに使用します。また、統合のエキスパートや開発者は、Red Hat Developer Studio を使用して、より複雑な機能を必要とするインテグレーションを作成し、Ignite サービスに追加することもできます。

ローコード・インタフェースのアイコン

あらゆる場所で統合

Red Hat Fuse の 200 を超えるコネクターを使用することで、レガシーシステムから SaaS (Software-as-a-Service) アプリケーションや モノのインターネット (IoT) デバイスのアプリケーション・プログラミング・インタフェース (API) に至るまで、あらゆるものに接続できます。特定のエンドポイントの接続性要件に合わせて、カスタム・コンポーネントを作成できます。エンタープライズ接続の標準であるエンタープライズ統合パターン (EIP) を使用して、エンドポイントから容易にインテグレーションを作成できます。

あらゆる場所で統合のアイコン

ビジネスユーザー、アプリケーション開発者、統合のエキスパートのための統合型インテグレーション・プラットフォーム