言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

Linux プラットフォーム

最新の Red Hat Enterprise Linux にアップグレード

柔軟で制御されたデプロイ

必要な選択肢をすべて提供

有効な Red Hat® Enterprise Linux® サブスクリプションをお持ちであれば、デプロイを柔軟に制御できます。サブスクリプションは特定のバージョンと関連付けられているわけではないため、現行のバージョンをデプロイすることができます。また、イノベーションやサポート、技術者認定も活用していただけます。このような利点が、Red Hat Enterprise Linux が今日のエンタープライズのプラットフォームに選ばれている理由です。

Red Hat Enterprise Linux では、バージョンアップのたびに新機能や強化機能が追加されます。サブスクリプションをお持ちの方は、それを追加料金なしでご利用いただけます。

Red Hat Enterprise Linux は 10 年というライフサイクルを誇ります。その間、サポートと安定性を確保した上で、ニーズに合わせてデプロイすることが可能です。

最新バージョンの Red Hat Enterprise Linux に移行するためのベストプラクティス

  • 最新バージョンの詳細を確認します
  • 既存システムで実行しているバージョンを確認します
  • 最新リリースへの移行計画を策定します
  • パートナーおよびリソースとして Red Hat を選択します
インフォグラフィック全体をダウンロード

カスタマーポータルでサブスクリプションを管理し、更新をダウンロード

詳細