Red Hat Ansible Automation Platform

Red Hat® Ansible® Automation Platform はエンドツーエンドの自動化プラットフォームで、システムの構成、ソフトウェアのデプロイ、高度なワークフローのオーケストレーションを実行します。エンタープライズ全体で作成、管理、スケーリングするためのリソースを備えています。

こちらで利用できます:
Ansible 製品画面
Jump to section

Red Hat Ansible Automation Platform の価値

Red Hat サブスクリプションを使うことで、堅牢なパートナーエコシステムからの認定コンテンツ、強化されたセキュリティ、レポート、分析機能、およびチームが組織全体で自動化を拡張するためのライフサイクル・テクニカルサポートを利用できます。また、数千ものお客様を支援することで蓄積された Red Hat の専門知識を活用できます。

スマートで拡張可能かつ共有可能な自動化をビジネスに活用する方法をご覧ください。動画の再生時間:2:57

リスクを低減

セキュリティは Ansible Automation Platform の差別化要因です。以下のメリットを活用できます。

  • 24 時間年中無休でサポートされる、エンタープライズ向けに強化されたプラットフォーム
  • パフォーマンステストとバグ修正
  • 強化されたセキュリティによる開発プラクティス

投資対効果

IDC の調査によると、Ansible Automation Platform を使用すると以下のような成果を上げられます。

  • 5 年間で 667% の投資対効果 (ROI)
  • 投資回収期間は 10 カ月 
  • 年間売上高が 190 万米ドル増加

自信を持って自動化を加速

Ansible Automation Platform は、投資対象を拡張するための強力な機能とエンタープライズ向けサポートを提供します。組織内の障壁を除外し、自動化を加速します。

強力なカスタマーベースを活用

Ansible Automation Platform はあらゆる業界の 3,000 を超えるグローバル顧客に信頼されています。

コラボレーティブな自動化のための信頼できるツール

作成と共有

Event-Driven Ansible により、ユーザー定義でルールベースのコンストラクトを使って各種 IT アクションを自動化でき、IT 環境全体でのさまざまなユースケースに対応するエンドツーエンドの自動化されたシナリオを作成できます。

Red Hat Ansible Lightspeed with IBM watsonx Code Assistant は、自動化チームが Ansible Automation Platform コンテンツをより効率的に学習、作成、維持できるようにする生成 AI サービスです。

Ansible Content Collections でコードを再利用して、自動化を迅速に進められます。コレクションには Red Hat Ansible Certified Content や Ansible 検証済みコンテンツが含まれており、これらは Red Hat や 60 を超える信頼できるパートナーから寄せられたものです。 

Ansible development tools は開発者が一貫性のあるコードを作成するための手助けとなり、実行環境の構築とデプロイメントを効率化し、開発サイクルを加速して価値実現を早期化します。 

Automation execution environment とは、Ansible Playbookロールを実行するためのコンテナイメージです。 

Ansible Automation Hub を使用して、サポートされるコレクションを検索、ダウンロード、共有できます。そしてプライベート Automation Hub では、自動化コンテンツの厳選されたライブラリを作成して、内部チームで共有できます。

管理と測定

Automation controller は一元化された管理ツールで、インベントリーの管理、ワークフローの起動とスケジュール、変更の追跡、レポートへの統合を、一元化されたユーザー・インタフェースから実行できます。 

Ansible Automation Platform の信頼できるサプライチェーンから、強化されたセキュリティとコンプライアンスが提供されます。 

Automation Analytics と Red Hat Insights for Ansible Automation Platform は、豊富なレポート機能と高度な分析機能を提供して自動化を最適化し、潜在的な問題を事前に特定し、脆弱性を軽減して解決時間を短縮します。

スケールアップとスケールアウト

Automation mesh により、さまざまなネットワークトポロジー、プラットフォーム、リージョンにわたって大規模なインベントリーの自動化を拡張できます。柔軟な設計オプションを使用すると、物理および仮想データセンター、ハイブリッドクラウド環境エッジロケーションにわたって自動化を実現でき、自動化の実行をローカライズしてネットワークのパフォーマンスを向上させます。組織のグローバル規模での運営を支援します。

今すぐ自動化したいものは?

アプリケーション

アプリケーションのデプロイを自動化し、インストール、アップグレード、日常の管理を繰り返し可能で信頼性の高いものにします。

ネットワーク

物理的なネットワーク、ソフトウェア・デファインド・ネットワーク、クラウドベースのネットワークに対して、ネットワーク全体および IT プロセスを管理します。

コンテナ

Kubernetes Operator とフレームワークのサポートにより、Kubernetes クラスタの管理と自動化、コンテナ化されたアプリケーションの拡張が可能になります。

セキュリティ

厳選されたモジュール、ロール、Playbook を使用してセキュリティシステムをオーケストレーションし、脅威の調査と対応を行います。

クラウド

インスタンス、ネットワーク、インフラストラクチャをサポートモジュールでプロビジョニングすることで、パブリッククラウドやプライベートクラウドで確実にデプロイメントを行うことができます。

Ansible Automation Platform 2.4 の新機能

Event-Driven Ansible、コレクションレポ管理、検証済みコンテンツ、新しい技術のプレビューにより、このリリースは、何をどう自動化できるかの間口を広げます。

Red Hat、インフラストラクチャ自動化においてリーダーに選出される

Forrester Research は、The Forrester WaveTM: Infrastructure Automation (2023 年 Q1) で Red Hat Ansible Automation Platform をリーダーに選出し、戦略カテゴリにおいて最高スコアを付けました。

1 つのプラットフォームで複数のユースケースに対応

クラウドネイティブ環境を自動化し、認定済みの統合によってインフラストラクチャとサービスをパブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド上で管理します。

単一の一貫した自動化プラットフォームで、データセンターからクラウド、エッジ環境まで、IT 環境全体で構成とデプロイメントを標準化します。

物理的なネットワーク、ソフトウェア・デファインド・ネットワーク、クラウドベースのネットワーク、さらにはエッジロケーションまで、ネットワーク全体および IT プロセスを管理します。

厳選されたモジュール、ロール、Playbook を使用してセキュリティシステムをオーケストレーションし、脅威の調査と対応を行います。
物理データセンター、プライベートクラウドまたはパブリッククラウド、ネットワークエッジなど、最も有効な場所でインフラストラクチャ・ワークロードを一貫してデプロイ、管理、スケーリングします。
ベアメタルサーバーまたは VM のPXE ブートおよびキックスタート、仮想またはクラウドインスタンスのテンプレートからの作成のプロセスを効率化します。
管理者、開発者、IT マネージャーが短期間で習得できる方法で構成ファイルの管理およびデプロイメントを一元化します。

節約できる時間を計算する

組織にとって価値のあることに使える時間を増やしましょう。アップデートされた節約時間計算ツールを使用して、自動化から得られるメリットをご確認ください。

クラウドのデプロイメントの選択肢

Ansible Automation Platform は、デプロイする場所の選択からすでに柔軟です。Ansible Automation Platform は、Microsoft Azure でマネージド・アプリケーションとして、または Amazon Web Services (AWS) Marketplace や Google Cloud Marketplace からセルフマネージド型の製品として入手できるようになりました。Red Hat の支援を受けて、クラウド上で実行できます。また、支払いはご利用のクラウドプロバイダーと統合されているため、関連の料金とまとめて 1 通の請求書で請求されます。オンプレミスとクラウド用のセルフマネージド型の製品も提供されており、Red Hat から Ansible Automation Platform を購入して、クラウドやデータセンターにデプロイできます。

共通の技術的基盤

Red Hat のオープン・ハイブリッドクラウド戦略は、Linux®、コンテナ、自動化の技術的基盤に基づいています。オープン・ハイブリッドクラウドのアプローチにより、必要な場所でアプリケーションを実行できる柔軟性が得られます。

Red Hat Ansible Automation Platform
Red Hat OpenShift
Red Hat Enterprise Linux
Red Hat Ansible Automation Platform

Ansible Automation Platform は、Red Hat Enterprise Linux と Red Hat OpenShift® が提供する基盤に構築されており、Red Hat のポートフォリオに含まれる他の製品とも連携するため、大規模な自動化を構築して運用することが可能です。

Red Hat OpenShift

Ansible Automation Platform により、ユーザーは再利用可能なインフラストラクチャコードを作成して実行できるほか、クラウドプロバイダー、ストレージ・ソリューション、Red Hat OpenShift のその他のインフラストラクチャ・コンポーネントのプロビジョニングタスクを自動化できます。

詳細はこちら

Red Hat Enterprise Linux

Ansible Automation Platform を使用すると、​Red Hat Enterprise Linux 環境全体で、コンプライアンスを自動化し、繰り返し行われる管理タスクを迅速に処理し、一貫性を得ることができます。

詳細はこちら

Red Hat Ansible Automation Platform の使用事例

Credit Agricole Group のロゴ

Crédit Agricole Group は数千台のサーバーに自動化を拡張して、わずか 1 年で投資を回収しました。

Cepsa ロゴ

Cepsa は、自動化を革新戦略の中核に据えて作業時間の節約、応答時間の短縮、IT セキュリティの強化を実現しました。

Blue Cross Blue Shield of North Carolina のロゴ

Blue Cross NC は自動化された適応可能な IT 環境を作成し、70,000 時間の労働時間と 850,000 米ドル以上のコストを削減しました。

学習リソース

ラーニングハブ

Ansible Automation Platform の学習資料をタスクごとに確認できます。学習の継続にお役立てください。

トレーニングと認定

Ansible Automation Platform のデプロイ、設定、管理を成功させるために必要なスキルを評価し、習得しましょう。実践的なトレーニングで高度なスキルを身に付け、認定試験でスキルを証明しましょう。 

インタラクティブラボ

ブラウザーに直接デプロイされるインタラクティブな学習シナリオで Ansible Automation Platform をお試しください。トピックには、概要、ネットワーク自動化、ハイブリッドクラウド自動化、Event-Driven Ansible があります。

Red Hat へのお問い合わせ