管理

Red Hat CloudForms

ハイブリッド・インフラストラクチャの管理ツール

Red Hat® CloudForms は、ハイブリッドなインフラストラクチャ管理プラットフォームです。ユーザーが仮想マシン、クラウド、コンテナ、さらには物理的なインフラストラクチャをプロビジョニングしたり、管理したりするためのセルフサービス機能を IT 部門が制御できるようにすることで、コンプライアンスを確実に順守できます。

機能と利点

App expanded icon

環境を選択

物理、仮想コンテナクラウドの各プラットフォームでプロビジョニングおよび管理を行います。

あらゆることを把握

リソースとそれらの関係性を検出、監視、追跡することで、どこで何が起きているのかを把握できます。

Automation gear icon

標準の処理を自動化

Red Hat Ansible Automation Playbook をデプロイして、プロセスと管理ポリシーのプロビジョニングを自動化します。

コンプライアンスを管理

環境全体にコーポレート・ガバナンス・ポリシーを適用し、自動修復プロセスをカスタマイズします。

Self Service Icon

セルフサービス機能

Web ベースのセルフサービス・カタログにより、プロビジョニング、再構成、廃棄をエンドユーザーに委任します。

ライフサイクル全体を管理

ゲストとホストのインスタンスをプロビジョニング、再構成、廃棄します。

プラットフォーム管理オプション

あらゆるインフラストラクチャを管理

大半の企業においては、すべての業務を単一の環境に集中させるようなリスクは取れません。今日の IT インフラストラクチャは、物理的なハードウェア、仮想環境、コンテナ化されたワークロード、ハイブリッドクラウドに分散されており、管理が難しい場合があります。Red Hat CloudForms を使用すると、簡単に管理することができます。お使いのあらゆるプラットフォーム上のあらゆる環境で動作し、使用中の (または使用したい) 多くのプロバイダーと連携します。

仮想化の広範な適用性により、ベンダーのロックインが軽減され、企業は安価なコモディティサーバーやオペレーティング・システム、さまざまなベンダーのアプリケーションを使用するように IT 環境を一新することができます。Red Hat CloudForms は、仮想マシン (VM) をより低コストの仮想インフラストラクチャ・プラットフォームに移行し、Red Hat VirtualizationKernel-Based Virtual Machine、VMware などの複数のハイパーバイザー間で稼働させることによって、ベンダーのロックインを回避し続けられるよう支援します。

Red Hat CloudForms を使用して仮想プラットフォームを管理すると、以下が可能となります。

  • VM ライフサイクルを完全に管理して、セルフサービス体制を実装する
  • すべての VM のセキュリティ、パフォーマンス、キャパシティを表示、制御する
  • 企業、業界、政府の要件に合わせて VM のコンプライアンスを維持する

「サービスとしての何か (Stuff-as-Service)」が提供するすべての適用性と拡張性のために、物理サーバーが不要になることはありません。Red Hat CloudForms は Lenovo XClarity と互換性があります。この統合により、システム管理者は、オンプレミスのキャパシティと、ハイブリッド・インフラストラクチャ内の他のリソースへのその影響に関する、有益な洞察を得ることができます。

Red Hat CloudForms を使用して物理インフラストラクチャを管理すると、以下が可能となります。

  • 物理的なコンピューティング・インフラストラクチャを仮想リソースおよびマルチクラウド・リソースとともに一元的に検出、管理する

Red Hat CloudForms は、ハイブリッドクラウド環境に相互運用性、ワークロードの移植性、オープンソースの柔軟性をもたらします。Red Hat OpenStack Platform と連携するように設計されており、OpenStack プロジェクトでは利用できない管理機能と自動化機能を備えています。Red Hat CloudForms は、Amazon Web Services、Microsoft Azure、Google Cloud Platform などのパブリッククラウド・プロバイダーを管理することもできます。ガバナンスを実装し、コンプライアンスを実施することによって、パブリッククラウドでの運用の安全性を高めます。

Red Hat CloudForms を使用してハイブリッドクラウドを管理すると、以下が可能となります。

  • クラウドインスタンスを管理、承認、自動的にプロビジョニング、カスタマイズ、保護、破棄する
  • パフォーマンス、キャパシティ、使用、コンプライアンスなどのクラウド運用を追跡する
  • クラウドリソースのライフサイクルと使用を追跡する
  • アイドル状態または高コストのクラウドインスタンスを特定する
  • プロセスを変更することなく、既存のクラウド・デプロイメントを管理下に置く

コンテナは多くの場合、組織のハイブリッド・インフラストラクチャの中で最も柔軟性の高いコンポーネントであり、その移植性と一貫性から、環境間で移動する際に役立ちます。Red Hat CloudForms は、Red Hat OpenShift および Red Hat Ansible Automation と統合されるため、実行するすべての環境でコンテナをプロビジョニング、管理できます。

Red Hat CloudForms を使用してコンテナを管理すると、以下が可能となります。

  • コンテナを仮想リソースおよびクラウド・リソースとともに一元的に検出、管理する
  • Ansible Playbook を実行する
  • Ansible によってデプロイされたコンピューティング・リソースをリンクする

メリット

Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションでは、受賞歴を誇るサポート、パートナーやお客様、エキスパートで構成される業界最大規模のエコシステム、ハードウェア認定、そして最高の機能を見いだし、エンタープライズ製品向けに安全性を確保する場として Red Hat が利用するオープンソース・コミュニティをご利用いただけます。

サービスとプログラム

さらにご満足いただくために

パートナープログラム

より深いサポートをご希望の場合はご検討ください。クラウド・コンピューティング業界の有名企業は Red Hat と提携しています。

サポート

技術的なエキスパートの支援やサポートサービスを利用し、クラウドの構築、導入、管理を成功させましょう。

より効率的な管理を開始する用意ができていますか?