Linux プラットフォーム

Red Hat Satellite に関する FAQ

よくある質問 (FAQ)

簡素化されたシステム管理

何十台、何百台、さらには何千台もの Red Hat® Enterprise Linux® サーバーをまとめて管理するのは容易ではありません。しかし、拡張する Linux インフラストラクチャ向けのシステム管理プラットフォームである Red Hat Satellite を使えば、簡単です。Red Hat Satellite は、オープンスタンダードで構築されており、仮想化環境または物理サーバーの Red Hat Enterprise Linux を管理できます。

質問と回答

一般的な製品

すでに Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションから更新を取得しているのに、Red Hat Satellite を使用する必要があるのはなぜですか。

基本的な管理作業は、Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションに含まれているサービスで対応できますが、Red Hat Satellite を使用すると、以下のような広範なライフサイクル管理が可能になります。

  • プロビジョニング
  • 監査
  • ソフトウェア管理
  • 設定管理
  • サブスクリプション管理

1 つのコンソールを使用して、1 台の場合と同じくらい簡単に何千台というシステムを管理できるため、システムの可用性、信頼性、監査性の向上に役立ちます。このような管理機能は、拡張を続ける Red Hat Enterprise Linux 環境を抱える多くの組織で必要になります。

Red Hat Satellite Capsule Server とは何ですか。
Red Hat Satellite Capsule Server は、リモートデータセンターまで Red Hat Satellite の管理を拡張するために使用されます。Red Hat Satellite Capsule Server のインスタンスは通常、各リモートデータセンターでデプロイされ、サービスをローカルで実行可能にするためにプロビジョニングのようなサービスを統合します。そして、Red Hat Enterprise Linux の認定されたコンテンツのローカルリポジトリを提供します。このモデルは、Red Hat Satellite による更新、エラータ、およびソフトウェアの配信範囲を拡大する一方で、ネットワーク帯域幅の使用を最小限に抑えます。Red Hat Satellite Capsule Server は Red Hat Satellite Proxy に代わるものです。

セキュリティ

現在の環境では、Red Hat Satellite Server から Red Hat にネットワーク接続できません。他にどのようなオプションがありますか。

Red Hat Content Delivery Network (CDN) からステージングシステムにコンテンツをダウンロードして、物理メディアに保存しておくと、認定されたコンテンツを最新の状態に保つことができます。厳しいセキュリティ要件を抱える多くの組織が、オフラインで Red Hat Satellite 構成を使用しています。

Red Hat Satellite Server と管理対象ノードの間のセキュリティはどのように実装されますか。

Red Hat Satellite 経由のすべてのアクティビティに対する監査に加えて、ロールベースのポリシーと許可の割り当てが可能です。

相互運用性とカスタマイズ

Red Hat Satellite は、HP や IBM などの管理製品と相互運用できますか。

Red Hat Satellite のアプリケーションプログラミングインターフェース (API) を使用して、製品の内部でコマンドのスクリプトを作成し、他の管理製品と情報を交換できます。多くのお客様がこの方法で Red Hat Satellite を HP や IBM など他ベンダーの管理ツールと統合しています。

インストールとアーキテクチャー

Red Hat Satellite Server 6 を実行するには、どのようなタイプのハードウェアが必要ですか。

以下の最小仕様を満たし、ネットワークに接続されているハードウェアが最低 1 台必要です。

  • 64 ビットアーキテクチャー
  • Red Hat Enterprise Linux 6.5 以上
  • 最小 2 コアの CPU (4 コア CPU を推奨)
  • 最小 8 GB のメモリー (Red Hat Satellite の各インスタンスに対して 12 GB のメモリーを推奨)。可能な場合、4 GB のスワップ領域の使用
  • Red Hat Enterprise Linux の基本インストール用に最小 5 GB の領域、Red Hat Satellite Server のインストール用に 300 MB、/var ファイルシステムで同期が行われる各ソフトウェアリポジトリに対して 最小 10 GB の領域

最新仕様については、Red Hat Satellite インストールガイドを参照してください。

Red Hat Satellite Server を実行するには、どのような種類のデータベースが必要ですか。

Red Hat Satellite 6 には、PostgreSQL データベースが組み込まれており、データベースを新しく準備する必要はありません。

Red Hat Satellite Server 向けのインストールとコンサルティングのサービスはありますか。

はい。Red Hat Global Professional Services では、Red Hat Satellite 専用のコンサルティングサービスをご用意しております。詳細については、Red Hat のセールスまでお問い合わせください。

仮想化のサポート

Red Hat Satellite は Red Hat Enterprise Linux の仮想インスタンスを管理できますか。

Red Hat Satellite は、任意のサポート対象ハイパーバイザーで実行している Red Hat Enterprise Linux を管理できます。これには、Red Hat Enterprise Virtualization と VMware も含まれます。ただしそのためには、Red Hat Satellite によって管理される各 Red Hat Enterprise Linux システムが、必要な Smart Management アドオンのエンタイトルメントを保持している必要があります。

Red Hat の仮想化テクノロジーを使用して、Red Hat Satellite を仮想インスタンスとして実行できますか。VMware を使用して実行することはできますか。

現在、Red Hat Satellite および Red Hat Satellite Capsule Server は、Xen、KVM、VMware などのサポート対象ハイパーバイザーによってホストされる Red Hat Enterprise Linux ゲスト上でサポートされています。