言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

ストレージ

ユースケース: オブジェクトストレージ向け Red Hat Ceph Storage

概要

Web スケールオブジェクトストレージ

最近の非構造化データの増大により、日々生まれるペタバイトクラスのデータを扱える、柔軟で経済的かつ拡張性のあるストレージソリューションとして、オブジェクトストレージの需要が急増しており、現在ではこの領域の主流になりつつあります。

Red Hat® Ceph Storage は、複雑さとコストのバランスをとりながら、現在のオブジェクトストレージに求められる拡張性を実現しています。また、Web スケールで実証された、アプリケーション開発向けに極めて柔軟性が高く、多くの企業で必要とされるデータ保護、信頼性、可用性を兼ね備えています。

IDC のオブジェクトストレージに対する見解を見る
Red Hat Ceph Storage の詳細を見る

リッチメディア向けのオブジェクトストレージ

リッチメディアを保存する優れた方法

スマートフォン、タブレット、ラップトップやその他のデバイスを使用して、私たちは驚くほどの速さでマルチメディアコンテンツを作成および消費しています。この大量のデジタル情報は、エンターテイメントやインターネットサービスなどのメディア集約型の業界のほか、コンテンツで競争力を高めようとする組織における課題となっています。

Red Hat Ceph Storage は、拡張性、コスト、複雑性、パフォーマンス、信頼性に対し、日々拡大するニーズに応えることができる、オープンソースソリューションです。

Red Hat Ceph Storage によるリッチメディアワークロードのサポートについて読む

利点

  • アクセシビリティの向上

    統合ストレージノードを 1 つの UI で統合し、高レベルの拡張性、可用性、情報アクセシビリティを実現します。

  • 効率性の向上

    数分でデプロイと拡張を実行し、ストレージノードを自動で管理して、運用コストと複雑性を軽減することができます。

  • ダウンタイムの短縮

    複数のマシン、複数の場所にデータを複製して、サーバー障害に伴う問題を回避します。

  • コストの削減

    コモディティハードウェアの導入により、優れたパフォーマンスと可用性を維持しながら投資コストを削減します。

POC を行う

登録はこちら