言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

ストレージ

ユースケース:オブジェクトストレージ向け Red Hat Ceph Storage

概要

Web スケールオブジェクトストレージ

オブジェクトストレージは現在ではこの領域の主流です。日々生まれるペタバイトクラスのデータを扱える、柔軟で経済的かつ拡張性のあるストレージソリューションとして、オブジェクトストレージの需要が急増しており、現在ではこの領域の主流になりつつあります。

Red Hat® Ceph Storage は、複雑さとコストのビジネスバランスを取りながら、現在のオブジェクトストレージに求められる拡張性を実現しています。Red Hat Ceph Storage は、Web スケールで実証されており、アプリケーション開発に関して極めて高い柔軟性があります。さらに、成長する企業で必要とされるデータ保護、信頼性、可用性を兼ね備えています。

IDC のオブジェクトストレージに対する見解を見る
Red Hat Ceph Storage の詳細を読む

オブジェクトストレージのビデオ

オブジェクトストレージワークロード向け Red Hat Ceph Storage

現在のモバイル中心の世界では、ファイルサイズやファイル数が急増しており、従来のファイルストレージではそのペースに付いていくことができません。このビデオでは、オブジェクトストレージの利点を説明します。お客様がトップの座を守るために求められる柔軟性、可用性、信頼性を Red Hat Ceph Storage がどのように提供しているかをご覧ください。

利点

Web スケールで実証済み

Web スケールのオブジェクトストレージおよびクラウドインフラストラクチャ向けにゼロから開発されたものです。時間をかけて強化され、大規模なペタバイト超のファイルサイズまたはファイル数、あるいはその両方のインストールに最適化されています。

お客様のアプリケーションに柔軟に対応

S3、OpenStack® Swift、またはネイティブのアプリケーションプログラミングインターフェース(API)プロトコル経由でアクセスできます。業界標準 API により、アプリケーションの移行およびアプリケーションとの統合を合理的に実行できます。

エンタープライズレベルの機能強化

多数の資産に渡ってデータを保存および保護するための分散ストレージアーキテクチャを採用しています。イレイジャーコーディングにより、従来の RAID ベースのソリューションやジオレプリケーションよりも効率的にデータ保護を実現し、可用性が向上します。

わたしたちは、ガンビアの研究者たちにシステムでの分析を実行してもらいました。複数のチームに依頼して OpenStack と Ceph にシーケンス処理データをアップロードしてもらいました。昨年、アフリカでのエボラ出血熱の流行中のことです。これは大規模なリモートリソースで、どこからでもデータを送受信できます。

CLIMB 共同研究者 Thomas Connor 博士 すべての事例を読む

リッチメディア向けのオブジェクトストレージ

リッチメディアを保存する優れた方法

スマートフォン、タブレット、ラップトップやその他のデバイスを使用して、私たちは驚くほどの速さでマルチメディアコンテンツを作成および消費しています。この大量のデジタル情報は、エンターテイメントやインターネットサービスなどのメディア集約型の業界のほか、コンテンツで競争力を高めようとする組織における課題となっています。

Red Hat Ceph Storage は、拡張性、コスト、複雑性、パフォーマンス、信頼性の日々拡大するニーズに応えることができる、オープンソースソリューションです。

Red Hat Ceph Storage によるリッチメディアワークロードのサポートについて読む

テストドライブを試す

登録する