トピック

自動化について

IT アーキテクチャは絶えず変化しており、最大限柔軟に保つ必要があります。ソフトウェアの自動化は、効率化、迅速な価値提供、および IT やビジネスワークフローに関する課題解決に役立ちます。

自動化とは

自動化とは、テクノロジーを使用して人間の援助なしにタスクを実行することです。自動化は製造業、ロボット工学、車両制御およびその他の産業において顕著です。さらに、IT システムやビジネス意思決定ソフトウェアなどのテクノロジーの世界でも見られます。—

IT 自動化

I.T. 自動化

IT 自動化とは、IT システムに対して行われた手動作業を置き換える一連の反復プロセスを実行するための命令システムを使用することです。

たとえば、新しいシステムや仮想マシンのプロビジョニングを自動化することができます。これは手動で行うこともできますが、特に大規模なインスタンスの場合、自動化により非常に効率的になります。

IT 自動化についての詳細
ビジネスの自動化

ビジネスの自動化

ビジネスの自動化とは、ビジネスプロセス管理 (BPM) とビジネスルール管理 (BRM) を最新のアプリケーション開発と連携させることです。

たとえば、BPM では保険販売からのレコード作成を自動化できます。ビジネスの自動化では、最新のアプリケーション開発プラクティスを使用して、保険を直接販売するなど、ビジネスそのものを自動化するような新しい戦略の開発をサポートします。—

ビジネスの自動化についての詳細

自動化すべき理由

自動化は、企業のデジタル・トランスフォーメーション実現への道のりをサポートします。現代の組織は、Airbnb や Amazon などによる大規模な破壊的変革への対応を迫られています。そのため、従業員やパートナーをサポートし、新しい顧客を獲得し、新しい革新的な製品やサービスをより迅速に提供するという課題に直面しています。

こうした企業は、自らが業界の破壊的確新者となることを望み、必要としています

自動化は、IT インフラストラクチャだけでなく、ビジネスプロセスを通じたビジネスの運用方法の管理、変更、適応にも不可欠です。自動化により変化を単純化することで、イノベーションに向ける時間とエネルギーを増やすことができます。  組織の自動化におけるゴール goal は、作業をより迅速に完了することです。そうすることで、IT スタッフはより大きな問題に集中し、解決することができます。すると、次にそれらの作業をルーチン化し、自動化に適した状態にすることができます。  

さらに詳しく説明します。

  • IT 運用は大変な作業です。レガシーシステムとプロセスを維持しつつ、新しいシステムとプロセスを採用することはさらに困難です。
  • 要件と需要は、IT やビジネスの能力の進化を上回る速さで急増しています。
  • DevOps のような新しい手法により、企業文化の変革が必要とされています。
  • 仮想化クラウドコンテナなどのテクノロジーの規模は、手動で運用するには大きすぎます。
  • そこで、自動化の出番です。

自動化のメリット

自動化は、必ずしも人間を自動化で置き換えることを目的としていません。人間による作業が必要なステップを排除することで、一定量の人的作業を自動化で置き換えることは可能です。しかし、自動化の焦点とメリットは、その生産性、一貫性、および効率性にあります。これが自動化のパラドックス—です。自動化を使用してより効率化されると、人間が関与する頻度は少なくなりますが、関与することの重要性が増します。

自動化は、仕事を減らすツールではありません。実際には、自動化により、経験豊富な IT スタッフが、ありふれた日常的な反復タスクではなく、より大きな問題とそのソリューションに集中できるようになります。

メリット

  • 生産性の向上:スタッフは、ビジネスに対する影響力の大きい事柄に、より多くの時間を費やすことができます。反復作業はソフトウェアに任せます。
  • 信頼性の向上:人間の介入を減らすことで、見逃しや問題が少なくなります。毎回、同じことが同じように行われます。—そうすることで、プロセス、テスト、更新、ワークフローなどがいつ行われ、その所要時間はどれくらいであるかを正確に把握でき、その結果を信頼できます。
  • ガバナンスの容易性:より多くの人々が関わる場合、それぞれの知識にギャップが存在する可能性が高くなります。知識のギャップが広がると、ビジネスの一方の側から他方の側を見た時、何が、あるいは誰が関わっているのか分からなくなる場合があります。すべてをコード化することで、管理がしやすくなります。

課題

  • コスト:効果的な自動化ソリューションを構築するには、時間と労力が必要です。多くの作業を担ってくれる Red Hat のような信頼できるパートナーと協力すれば、費用を節約し、より迅速に作業を進めることができます。——
  • スコープ:自動化とインテリジェンスは異なるものです。自動化を行う対象とその構築方法によっては、一部がそのスコープ外で脆弱になる可能性があります。自動化を特定の分野や機能に制限することで、この懸念を緩和することができます。自動化がどの程度スマートで安全であるかは、その実装方法に応じて決まります。そのことを念頭に置いてください。

Red Hat でビジネスと IT の自動化に対応

Red Hat® は、オープンソース・コミュニティと共に、自動化テクノロジーに貢献してきました。ビジネスと IT が安定して安全に動作するよう、Red Hat のエンジニアが、機能、信頼性、およびセキュリティの向上を支援しています。あらゆるオープンソース・プロジェクトと同様に、Red Hat はアップストリーム・コードベースにコード提供や機能改良の点で貢献し、技術の進歩に寄与してきました。

Red Hat のソリューションとサービスは、ビジネスを自動化するために必要な制御力を提供し、イノベーションへの注力とビジネスの前進をサポートします。

自動化をご希望ですか? Red Hat にお任せください。

管理

Ansible は、シンプルでエージェントレスな IT 自動化テクノロジーです。現行の作業効率の向上や、さらなる最適化を目的としたアプリケーションの移行を可能にし、組織全体における DevOps 実践のための単一言語を提供します。

ミドルウェア

企業のビジネスユーザーおよび IT ユーザーは、Red Hat Process Automation Manager を利用してビジネスプロセスやポリシーの文書化、シミュレーション、管理、自動化、および監視を行うことができます。このソリューションは、Red Hat JBoss BRMS の意思決定管理機能とイベント処理機能を、高度な BPM ツールやランタイムと組み合わせたものです。

クラウド・コンピューティング

Red Hat CloudForms は、統一された管理と運用、自動プロビジョニング、自動ポリシー適用と修復によるコンプライアンスとガバナンスにより、複雑なハイブリッド IT 環境を単純化します。

ミドルウェア

Red Hat JBoss BRMS は、ビジネスルール管理、ビジネスリソース最適化、複合イベント処理のための包括的プラットフォームです。JBoss BRMS は、前向き連鎖と後向き連鎖の両方に対応するアルゴリズムとサポートにより、さまざまな意思決定自動化ソリューションをサポートすることができます。

Red Hat および自動化についてさらに詳しく