クラウドコンピューティング

クラウドと仮想化の違い

仮想化は、ハードウェアから機能を分離するテクノロジーです。一方、クラウドはその分割に基づいて機能します。この 2 つは混同されがちです。なぜなら、どちらにおいても、抽象的なリソースから有用な環境を作り出すことが中心となるためです。


実際的な比較

仮想化では、1 つのリソースを多数のリソースのように動作させることができます。一方、クラウドコンピューティングでは、異なる複数の部署(プライベートクラウドを使用)や会社(パブリッククラウドを使用)が、自動的にプロビジョニングされたリソースからなる単一のプールにアクセスできるようにします。

仮想化

仮想化とは、複数のシミュレートされた環境や専用リソースを、単一の物理ハードウェアシステムから作成することを可能にするテクノロジーです。ハイパーバイザーと呼ばれるソフトウェアがそのハードウェアに直接接続し、1 つのシステムを異なる別個のセキュアな環境に分割できるようにします。この分割された環境は、仮想マシン(VM)と呼ばれます。VM は、マシンのリソースをハードウェアから分離して適切に配分する、ハイパーバイザーの機能によって動作します。

クラウドコンピューティング

クラウドコンピューティングとは、コンピューティング、ネットワーク、ストレージのインフラストラクチャ・リソース、サービス、プラットフォーム、アプリケーションを、ネットワーク経由でユーザーにオンデマンド提供するための原則やアプローチを指します。これらのインフラストラクチャ・リソース、サービス、およびアプリケーションは、クラウドで提供されます。クラウドとは、仮想化されたリソースのプールのことで、管理および自動化ソフトウェアによりオーケストレーションが行われます。ユーザーは、自動的なスケーリングや動的なリソース割り当てをサポートするセルフサービスポータルを通じて、オンデマンドでアクセスすることができます。

仮想化 クラウド
定義 テクノロジー 方法
目的 1 つの物理ハードウェアシステムから複数のシミュレートされた環境を作成する オンデマンドで使用するために仮想リソースをプールし自動化する
使用法 パッケージ化されたリソースを、特定のユーザーに対して特定の目的のために提供する さまざまなリソースを、ユーザーのグループに対してさまざまな目的のために提供する
設定 イメージベース テンプレートベース
ライフスパン 数年(長期間) 数時間から数カ月(短期間)
コスト 高い資本コスト(CAPEX)、低い運用コスト(OPEX) プライベートクラウド:高い CAPEX、低い OPEX
パブリッククラウド:低い CAPEX、高い OPEX
スケーラビリティ スケールアップ スケールアウト
ワークロード ステートフル ステートレス
テナンシー シングルテナント マルチテナント

どちらを使用すべきか

仮想化

仮想化は、従来のワークフローやサーバーに直接インストールされたアプリケーションを使用する場合に比べ、会社がより効率的な作業を行うのに役立ちます。組織は、社内 IT スタッフが管理する社内ハードウェアやソフトウェアを使って、安全な環境を維持できます。従来型のワークロードの場合、エンタープライズ仮想化製品で十分に対応可能です。というのも、これらはワークロードが結びついている古いソフトウェアの仮想インスタンス上で実行できるからです。

仮想化により、企業は十分に利用されていないハードウェアから、さらに多くの環境とリソースを作成できるようになります。仮想化は、プロセッサーの能力、ストレージ、およびメモリーを複数の環境の間で分割することを可能にします。つまり実質的に、物理的なインストール環境に関係なくハードウェアをコモディティ化できます。仮想化環境は、その環境自体からも保護されます。たとえば、開発者個人のサンドボックスが同じ物理サーバー上に存在していも、問題を起こすコードや暴走するコードからは分離されています。

プライベートクラウド

プライベートクラウドにより、企業はリソースをオンデマンドで利用可能にしながらも、アクセス制限や複雑な暗号化、リソースの提供元に関するアカウンタビリティ一般を要求するセキュリティポリシーや規則を順守できます。開発、研究、電気通信に見られるような、ステートレスかつ疎結合のワークロードに対応する場合は、プライベートクラウドのほうが適しています。

リソースを仮想化した後は、OpenStack® などのオープンソース・ツールにより、プライベートクラウドを比較的簡単に導入できるようになります。OpenStack は、一貫したアプリケーション・プログラミング・インタフェース(API)を使用して個別のプールに仮想化リソースを抽象化し、標準的なクラウドコンピューティング・ツールの機能を強化できます。OpenStack のコアプロジェクト群は、クラウドコンピューティング環境を確立するインフラストラクチャである、コンピュート、ネットワーク、ストレージ、ID、およびイメージを処理します。

パブリッククラウド

パブリッククラウドを利用する場合、企業は自社のハードウェアや管理チームにかかる費用を削減できます。なぜなら、これらはすべてサードパーティのプロバイダーによって提供されるからです。企業は、自社データのバックアップ先となっている何ギガバイトものストレージ機器を自ら所有するわけではありません。ハードウェアが存在しているサーバーファームの運用を管理することもありません。クラウドベースのプラットフォームやアプリケーション、サービスについて、セキュリティ保護や保守の方法を決めるわけでもありません。

パブリッククラウドの場合、リソース、プラットフォーム、またはサービスをさらに利用したいクライアントは、必要な時に必要なものにアクセスするための料金(時間単位またはバイト単位)をベンダーに支払うことになります。インフラストラクチャ、物理的処理能力、ストレージ、またはクラウドベースのアプリケーションは、ベンダーの所有するハードウェアから仮想化され、データレイクの形でプールされ、管理および自動化ソフトウェアによって制御され、インターネット(または専用ネットワーク接続)を通じてクライアントに転送されます。

しかし、今では、パブリッククラウドがスタンドアロンのインフラストラクチャ・ソリューションとしてデプロイされることは少なくなり、異種混合環境の一部としてデプロイされるようになりました。それにより、優れたセキュリティや高パフォーマンス、低コストにつながり、使用できるインフラストラクチャ、サービス、およびアプリケーションの可用性が広がります。

クラウドと仮想化についてさらに詳しく知る