セクションを選択

ハイパースケーラーとは

URL をコピー

ハイパースケーラー (hyperscaler) は、拡張可能なクラウド・アーキテクチャーや、コンピューティングやストレージなどのサービスをグローバルに提供する大規模なクラウドサービスプロバイダーです。ハイパースケーラーとして、主要なクラウドプロバイダーである Amazon Web ServicesGoogle CloudMicrosoft AzureIBM Cloud、Alibaba Cloud などを挙げることができますが、ハイパースケーラーの分類についての普遍的な基準などはありません。

ハイパースケーラーという呼称は、ハイパースケール・コンピューティングに由来します。ハイパースケールとは、システムに対する需要の増加に応じてソフトウェア・アーキテクチャを拡張できるデータ処理方法です。

エンタープライズ向けのアプリケーションとデータには、コンピューティング、ストレージ、コンテナ化アプリケーションやマイクロサービスなどのワークロードに対応する柔軟な環境が必要です。ハイパースケーラーは世界中の複数のデータセンターを使用し、数百万の仮想マシンが稼働する数千の物理サーバーで、これらのサービスを大規模にサポートできます。 

ハイパースケーラーは、既製の拡張可能なインフラストラクチャへのアクセスを提供することで、顧客がソーシャルネットワークからスマートシティ、オンラインバンキングまで、あらゆる種類のアプリケーションを実験し、構築し、革新し、実行できるようにすると同時に、コストを管理しながらアジャイルに作業を進められるようにします。さらに、インフラストラクチャ管理をアウトソーシングすることで、開発者はアプリケーションの構築に専念できるようになり、運用チームは保守ではなくイノベーションにより多くの時間を費やすことができます。

アプリケーション開発プラットフォームがユーザーに適切にサービスを提供するには、継続的で安全な開発およびデプロイ機能を提供する必要があります。開発者キットの一部として利用できるツールには、UI/UX 作成用のフロントエンドツール、データサービス用のバックエンドツール、またはその両方が含まれます。

デジタル・トランスフォーメーションに着手したばかりの企業にとって、実現までの道のりを見出すための最善の道を見いだすのは簡単ではありません。社内のリソース、時間、または専門知識が不足しているため、効果的なクラウド・アーキテクチャをゼロから構築することは難しく、万能のソリューションはありません。実際、世界最大規模の企業の多くはハイパースケーラーを使用しており、個々のビジネスニーズに基づいて複数のハイパースケーラーと提携することがよくあります。複数のクラウドプロバイダーを使用することを、マルチクラウドアプローチと呼びます。異なるクラウドを単一のプラットフォームとして統合することで、ハイブリッドクラウド戦略に対応できます。つまり、アプリケーションが異なる環境間で一貫して動作するため、単一のコンピューティング・プラットフォームが複数のクラウドにまたがることが可能になります。

提携先を決める際には、クラウドの確約利用契約を念頭に置く必要があります。「クラウドの確約利用契約」とは、顧客が (通常) 指定された期間内に一定の金額を支出することに同意する代わりにコストに対する割引が提供されるという、プロバイダーと顧客の間の合意を指します。基本的にこれは一括割引であり、支出額が多いほど多くの節約が可能になります。 

クラウドプロバイダーには、クラウドのマーケットプレイスで入手可能なソフトウェアとサービスを提供する何百ものパートナーがおり、これらは確約利用料を利用して購入できます。たとえば、Amazon Web Services (AWS) や Microsoft Azure で確約利用料を設定している場合は、確約利用料の中から Red Hat® OpenShift®Red Hat Enterprise Linux®Red Hat Ansible® Automation Platform の費用を支払うことができます。

 

セルフマネージドのソリューション

Red Hat Ansible Automation Platform は、ネットワーク、セキュリティ、クラウド、エッジの自動化など、企業全体の自動化のユースケースに対応します。Microsoft AzureAWS で利用可能な Red Hat Ansible Automation Platform は、運用コストの削減、セキュリティの向上、コンプライアンス要件への対応に役立ちます。

Red Hat Enterprise Linux は、Microsoft AzureAWSGoogle Cloud、IBM Cloud、Alibaba Cloud などのあらゆる主要なクラウドプロバイダーや、数百のパブリッククラウドプロバイダーおよびサービスプロバイダーに加えて、その他の種類の数千ものソフトウェアおよびハードウェアで認定されています。Red Hat Enterprise Linux は、インフラストラクチャ全体で一貫性を提供することにより、クラウド環境に安定した基盤を提供します。つまり、同じツールセットを使用して、アプリケーション、ワークロード、サービスをアジャイルにデプロイし、環境全体で管理を最適化できます。 

 


マネージド・ソリューション

Red Hat OpenShift Service on AWS はフルマネージド型のアプリケーション・プラットフォームで、お客様はアプリケーションの構築とデプロイによる顧客への価値提供に専念できます。基盤となるプラットフォームの管理は Red Hat と AWS の SRE (サイト信頼性エンジニアリング) エキスパートが行うため、インフラストラクチャ管理の複雑さを気にせず運用できます。Red Hat OpenShift Service on AWS は、AWS のコンピューティング、データベース、分析、機械学習、ネットワーキング、モバイルなど、さまざまなサービスとのシームレスな統合を実現し、差別化されたエクスペリエンスの構築と顧客への提供をさらに加速します。

Microsoft Azure Red Hat OpenShift は、可用性の高いフルマネージドの Red Hat OpenShift クラスタをオンデマンドで提供するアプリケーション・プラットフォームです。Red Hat とマイクロソフトが共同でプラットフォームの設計、管理、サポートを行うことで、組織が運用効率の向上を図り、イノベーションに再び集中し、アプリケーションを迅速に構築、デプロイ、スケーリングできるようにします。

Red Hat OpenShift Service on AWS (ROSA) を理解する

関連資料

記事

ステートフルとステートレス

あるものがステートフルかステートレスかは、別の何かとの通信の状態が記録される期間と、その情報をどのように保存する必要があるかによって決まります。

記事

Quarkus とは

Quarkus は、Java 仮想マシン (JVM) およびネイティブコンパイルのために作成された Kubernetes ネイティブの Java スタックで、Java をコンテナに最適化します。

記事

サーバーレスとは

サーバーレスは、開発者がサーバーを管理する必要なくアプリケーションを構築および実行できるようにするクラウドネイティブ開発モデルです。

クラウドネイティブ・アプリケーションの詳細はこちら

製品

統合されたテスト済みのサービス一式を備えたエンタープライズ・アプリケーション・プラットフォームであり、ユーザーの選ぶインフラストラクチャを使ってアプリケーションを市場に投入するために活用できます。

リソース

トレーニング

無料のトレーニング

Developing Cloud-Native Applications with Microservices Architectures