ログイン / 登録 アカウント

トピック

オープンバンキングを理解する

銀行は外部のデジタルサービス・プロバイダーと連携することで、より広い層の顧客へ商品とサービスを届けられます。 オープンバンキングの方式をとることで、銀行の利用者は、より柔軟な方法で自分の資金を管理できる自由度とセキュリティの両方を得られます。

Jump to section

オープンバンキングとは何か

オープンバンキングとは、API を使用して金融機関のデータを外部と共有する銀行のビジネスモデルです。API によるデータ共有の場面としては、銀行、保険会社、小売業者といった金融サービスプロバイダー間、プロバイダーと顧客の間、または個人間における情報のやりとりが挙げられます。

オープンバンキングは、特定のテクノロジーやソリューションを指す言葉ではありませんが、利用者にとって便利な商品やサービスの選択肢や活用方法を広げられるアプローチです。現在、オープンバンキングという新しいアプローチが、何百年も非デジタル的なプロセスに依存してきた銀行業界のビジネスモデルを変革しつつあります。

なお、オープンバンキングにおける「オープン」とは、利用者の同意を得た上でデジタルバンキング情報をオープンにやり取りすることを意味します。データが無防備に公開されるわけではなく、むしろ API の活用によりセキュリティ強化に役立つことは留意に値するでしょう。

オープンバンキングが重要な理由

顧客は、銀行などの金融サービスプロバイダーに対して、より良いソリューションの提供を求めています。デジタル化が進む現代において、従来型の銀行のビジネスモデルは時代と合わなくなりつつあります。オープンバンキングは、デジタル取引の最適化に役立ち、オンラインにおける金融データのセキュリティを強化するとともに、利用者と金融機関の関わり方を変革する可能性を持っています。

オープンバンキングは新たな収益フローの創出を助けることから、銀行などの金融機関に大きなビジネスチャンスを提供します。また、新しい商品やサービスを個人向けにパーソナライズできるようになることで、顧客との関係性強化にも役立ちます。

オープンバンキング (またはコネクテッド・バンキング) はすでに多くの国々で広く導入され、銀行と他の企業の連携を通じて、電子決済サービスなどの新たな商品とサービス構築に貢献しています。
より優れたデジタルサービスの提供が金融機関にも求められる中、多くの銀行が競争力の強化を目的としてオープンバンキングの導入に関心を寄せてきました。

欧州連合 (EU) においては、第 2 次決済サービス指令 (PSD2) のもと、銀行は利用者が自身の財務データをサードパーティ・プロバイダーと共有できるようにする必要があります。複数の国が時を置かずこの取り組みに加わっています。
米国では、Electronic Payments Association (NACHA) によるオープンバンキング・フレームワークが施行されていますが、これに対応する規制はまだ制定されていません。

上記の通り、オープンバンキングの採用が銀行にとっての義務か任意の取り組みかは地域によって異なりますが、「金融サービスを新たな方法で利用者に届ける手段を作成できる」という本質的なメリットには変わりありません。

Red Hat と NVIDIA の協力関係が、Royal Bank of Canada における AI 活用とカスタマーエクスペリエンス向上を支援しました。

オープンバンキングの仕組み

オープンバンキングは、主に API を使用することで機能します。API の中心的な機能は、ソフトウェアプログラムによって他のプログラムとのデータ交換を可能にすることです。この場合、ある銀行がデータを直接他の銀行と交換できます。また、双方が同じソフトウェアプログラムを使用する必要はありません。

現在の個人資産管理アプリケーションの中には、一般にスクリーンスクレイピングと呼ばれている技法を使用しているものがあり、基本的には Web サイトから直接テキストデータを読み取ってコピーします。アプリケーションはこのデータを使用して、顧客に代わってタスク (支払い処理、口座管理など) を実行します。これで作業は完了できますが、非効率で非常に複雑であり、顧客は所有するアカウントすべてのパスワードを管理アプリケーションに提示する必要があります。また、この方法では、特定のタスクにその情報が必要でない場合でも、顧客のすべてのデータ (購入履歴、残高、給与など) を、アプリケーションを所有する企業に開示することになります。新たなデータ侵害が頻々と報告され、データプライバシーに対する関心が高まり、金融サービス業界では顧客との対応のあり方の再検討を迫られています。

オープンバンキングの API は、顧客がパスワードを共有する必要のない、プロバイダー間のダイレクト接続を確立することにより、この問題を解決します。また、顧客はどの情報を誰と共有するかを正確に指定できるので、これもセキュリティ強化に役立ちます。

オープンバンキングの未来

従来のバンキングがすぐに消えてなくなることはないでしょう。しかし、オープンバンキングが採用されるペースを見ると、今後数年間で、従来のモデルは影を潜めることが予測されます。市場で一定の存在感を獲得している銀行にとって、既存の商品やサービスをデジタル市場に移行するだけでは不十分であり、オープンバンキング業界にすでに定着しているデジタル企業と競争するためには、ビジネスモデルを再考する必要があります。

顧客は、自分の取引をどこでどのように行うかは自分で決めたいと思っています。オープンバンキングをビジネスモデルの中核に据えるのが、金融業界にとって最も利益になります。イノベーションを促進する、より協調的でオープンな環境が中心となり、金融業界を成功に導くでしょう。

Red Hat を選ぶ理由

オープンソースがなければ、バンキングがオープンになることはありません。 Red Hat のオープンバンキング・ソリューションは、金融サービス企業がレガシーシステムの機能を維持しながらオープンバンキングをサポートし、将来起こる変化に対応できるフレームワークを確立する基盤を作成できるよう支援します。

オープンバンキングの中心となるのは、テクノロジー、プロセス、文化の変革で、イノベーションとコラボレーションがそれをサポートします。Red Hat がオープンバンキング戦略の基盤を構築するお手伝いをいたします。

オープンバンキングについてさらに詳しく

Icon-Red_Hat-Documents-Paper_Lined-A-Black-RGBデータシート

オープンバンキング提供のためのエグゼクティブ向けチェックリスト

Icon-Red_Hat-Documents-Paper_Lined-A-Black-RGB技術概要

新韓銀行、オープンバンキング基盤を Red Hat 製品で構築

Icon-Red_Hat-Objects-Gear_Group-A-Black-RGBサンドボックス

Red Hat Open Banking Sandbox

オープンバンキングの開始・活用をお考えですか?