レッドハットが提供する
ITオートメーション(自動化)は、
新しい価値を生み出すためにあります。

通信事業者様がネットワークだけでなく新たな業種や業務体系を生み出す事を求められようになってかなりの時間が経ちました。そして、ビジネスの意思決定にさらに俊敏に対応し、より低コストで常に安定して運用できることが求められ続けています。では、それを実現するためのテクノロジーはなんでしょうか?ある調査では71%のCSP (Communication Service Provider =コミュニケーション・サービス・プロバイダー)がプロセスの自動化が必要だと答えています。レッドハットが提供するAnsibleは通信事業者様のビジネスはもちろん、その先の顧客企業のビジネスの要求に俊敏に対応するために必要なITインフラの自動化ソリューションを提供し、新たな価値の創造を支援します。

SOLUTION BRIEF

Red Hat Ansible Automationでネットワークをシンプルに

テレコミュニケーション業界は変化し続けています

目まぐるしく変化している現在のデジタルワールドの中で、CSP(コミュニケーション・サービスプロバイダー)には、これまで以上により効率的かつアジャイルであり、そして高い信頼性を提供出来ることが求められています。NFV(Network Functions Virtualization)のような新しいネットワーク・アーキテクチャやテクノロジーは、迅速なサービス提供を可能にし、柔軟性を向上させ、より良い生産性を実現します。

つづきを読む ≫

TREND FROM ENGINEERS

AIなどを活用することで自動化の動きがさらに加速する。そのトレンドがここに。

ケビン・ケーシー

エキスパートの目から見た、ITオートメーションがビジネス戦略におよぼす影響

近ごろ私たちは、現時点まででITオートメーションを加速させてきた基本的な要素を検証しました。オートメーションではゴールラインを用意する必要がありません。その環境が成熟していても、技術的、ビジネス的、そして人的な視点から観ても、オートメーションは継続的に進化しているものです。ですから「現時点までで」というのは、まさに理にかなった表現でもあります。

つづきを読む ≫

エキスパート達が、そう遠くない将来のオートメーションの姿を語ります。継続して目を光らせておくべきトレンドばかりです。

最近私たちは、何がITオートメーションを加速させているのか、ITオートメーションの浸透と注目すべき4つのトレンド、特定のプロセスのオートメーションに着手しはじめたばかりの組織向けのヒントを掲載してきました。

そしてまた、長期にわたって成功をおさめる為の鍵や、企業におけるオートメーションのユースケースの作り方のアドバイスをエキスパートに訊きました。

つづきを読む ≫

RED HAT TOPICS

デジタル革命を通信事業者がリードするために。オープンソースがITの自動化に対し果たす役割とは。

ジム・ホワイトハースト

Red Hat社長兼CEOであるジム・ホワイトハーストが、MWC(Mobile World Congress)に先駆けてその思いを語る

“The Foundations of The Digital Economy”セッションの一部として、キーノート・プレゼンテーションを行います。デジタル・エコノミーが、ビジネスのあり方をこれからも継続的にトランスフォーメーションさせていくという考え方で、このセッションではビジネスを成功に導くためには、正しい礎が正しい形で取り入れられてなければならないということを取り上げます。

つづきを読む ≫

Ansibleによるインフラの自動化が通信事業者様とそれを活用する企業のビジネスに競争力を生み出します。

アニー・ポビン Red Hat Vertical Industries Global Product Marketing

Ansibleによるオートメーションで、通信事業者の基盤環境を近代化する

通信事業者がそのネットワークとITシステムを継続的にモダナイズするにあたり、ローカル・ファイルシステムやストレージに依存した既存のVNF(Virtualized Network Function)や全てのサービスがそこで稼働している単一サーバ環境、そしてマニュアル作業に依存したインストールやアップグレード等、レガシーシステムに関連した様々な課題等に対応していく必要があります。その為、通信事業者はソフトウェアのプロビジョニングや構成管理、そしてアプリケーションの実装等を自動化可能な、汎用のオープンソース・オートメーション・エンジンであるAnsibleのようなツールが必要となります。

つづきを読む ≫