Red Hat Kubernetes Operator Projectとは

Kubernetes Operator Projectは、Kubernetes Operatorを開発し、
コンテナ環境において自律的な運用が可能なアプリケーションを提供するパートナーを支援するためのプロジェクトです。
Red Hat(レッドハット)は「アプリケーションのOperator化が真のDXをもたらす」と考えています。
このプロジェクトを通じて、参加パートナーがOperator開発を行うための環境提供、技術者育成、製品認定の取得などの支援を行います。
ぜひKubernetes Operator Projectにご参加ください。

アプリケーションの変革を加速

アプリの開発スピードの向上、運用効率化、デプロイのセルフサービス化により、パートナーのビジネスの成長を支援します。

  • アプリのコンテナ化

    ⚫︎アプリの「開発のスピード」の向上

    ⚫︎アプリの再現性・可搬性を提供

  • アプリ運用のOperator化

    ⚫︎日々の繰り返し作業を自動化

    ⚫︎ステートフルなアプリも自律運用

  • アプリ配信のセルフサービス化

    ⚫︎ユーザーがカタログからアプリを選んでデプロイ

プロジェクト支援内容

Red Hatでは、パートナー企業に以下の支援を提供することにより、
より良いコンテナ環境およびアプリケーションの開発・構築・運用を、最適な形で実現へと導きます。

  • ⚫︎ Operator開発環境をOpenShiftパートナより提供

    ⚫︎ Red Hat OpenShiftのサブスクリプション提供

    ⚫︎ クライアント開発環境 Red Hat CodeReady - Containers を提供

    ⚫︎ 特別価格でOperator開発環境を提供

  • ⚫︎ オンライントレーニングシステムOPENによるRed Hat OpenShift Operatorに関するトレーニングプログラムの提供
    OPEN = Online Partner Enablement Network

    ⚫︎ 半日のOperator認定ワークショップを実施

  • ⚫︎ Operator対応に関する認定プロセスの問い合わせ対応

    ⚫︎ Red HatのコンサルティングサービスによるOperator技術支援(有償)

    ⚫︎ Operator支援パートナーの紹介

Operatorの価値

急速なテクノロジーの進歩にともない、
システム開発・運用・管理に携わる人員への業務負担は増すばかりです。
安定的かつ効率的に行うためには、運用をコード化し、自動化していくことが急務の課題。
Red HatのOperatorは、ステートフルな業務アプリケーションをコンテナ上で自律的に運用できるため、今まで人が対応してきた障害対応も自律的に回復。
インストールからリソーススケーリング、バックアップ、アップデートまで、
アプリケーション運用に必要な作業を自動的に行うことができます。

適切なリソース配置
⚫︎ 稼働環境に適したデプロイ
⚫︎ 柔軟なスケールアウト
⚫︎ チューニング
⚫︎ 動的なリソースの確保
運用の効率化
⚫︎ 一貫性のある運用管理
⚫︎ 容易なアップデート
⚫︎ 宣言的なリソース定義
⚫︎ 自動化されたロールバック
信頼性の向上
⚫︎ セキュリティの確保
⚫︎ サービスの自己修復
⚫︎ 動的パッチ適用
⚫︎ サービスのログ取得 / 監視

プロジェクト参加方法

Container、OpenShiftをご担当される各パートナー企業のエンジニアなどの皆様、ぜひプロジェクトにご参加ください。
実践への理解を深め、よりスキルアップする多彩な支援プログラムを提供します。

Step1. 問合せ
弊社担当者より
ご連絡を差し上げます
Step2. 申し込み
プロジェクトへの
参画申し込み
Step3. 登録確認
テクノロジーパートナーのご登録

プロジェクト参画
(ワークショップ参加可能)

Red Hat Kubernetes Operator Project 参加パートナー

Red Hat Kubernetes Operator Project

Red Hat Kubernetes Operator Project への
お申し込み・お問い合わせは、こちらからお気軽に。

Red Hat Kubernetes Operator Project 支援パートナー