Red Hat's company logo; a shadowy figure known as Shadowman.

IDC ホワイトペーパー

Red Hat OpenShift でアプリケーション提供の迅速化とコスト削減を実現する

5 年間で 531% の ROI。Red Hat OpenShift なら実現できます。

組織による新しい取り組みを支えるうえで、ソフトウェアやアプリケーションはますます重要な位置を占めるようになりました。従来のテクノロジー手法では、このような期待や顧客からの要求に対応するためのイノベーションを、十分なスピードで提供することができません。

一方、業界全体の競争は激しさを増しており、ビジネスが成功するには IT 部門全体のアジリティを向上する必要があります。新しいテクノロジー、新しいアーキテクチャ、自動化、および分析は、すべて最新の開発プラットフォームという基盤を必要とします。

IDC は、Red Hat® OpenShift を主なアプリケーション開発プラットフォームとして使用している 9 つの組織を対象として、聞き取り調査を行いました。この調査結果から、魅力的なアプリケーションや機能を自社環境のあらゆる部分へ迅速に提供するうえで、これらの企業が OpenShift に大きな価値を見出していることがわかりました。また、同プラットフォームは、コンテナ、マイクロサービス、クラウド移行戦略といった、IT 関連の重要な取り組みをサポートしています。

IDC のインタビューを受けた Red Hat OpenShift を使用している組織は、次のような大きなメリットを感じています。

  • 5 年間で平均 531% の ROI (投資対効果)
  • アプリケーション開発のライフサイクルを 66% 迅速化
  • 開発するアプリごとに必要な IT スタッフの所要時間を 35% 削減
  • アプリごとの IT インフラストラクチャと開発プラットフォームのコストを 38% 削減

IDC ホワイトペーパーで、Red Hat OpenShift がどのようにアプリケーション提供のスピードアップに役立つかをご確認ください。