アカウント ログイン

Red Hat デジタルアクセシビリティに関する声明

Red Hat へのアクセスを可能に

Jump to section

Red Hat は、オープンソースのアプローチが障がいのあるユーザーを含むすべての人にとって、よりインクルーシブでより良い体験につながると信じています。

製品、サービス、アプリケーション、デジタル・コミュニケーションなど、Red Hat® の資産全体におけるユーザーエクスペリエンスはすべて、高い水準の包括性を保持しています。可能な限り多くのユーザーとデバイスが利用できるようにすることを Red Hat は目指しています。

ウェブの力はその普遍性にあります。ですから、障がいの有無にかかわらず、誰もがアクセスできるものでなくてはなりません。

Tim Berners-Lee 氏

コンピュータ科学者および World Wide Web の発明者

Red Hat の目標

Red Hat は Web Content Accessibility Guidelines 2.1 WCAG 2.1 AA のレベル AA 達成基準に実質的に準拠するよう努めます。現在のメジャーリリースでも以前のリリースでも、支援技術および Web ブラウザー製品の最新バージョンをご利用いただくことをお勧めします。それによって Red Hat は、最新の支援技術に最大限準拠した、動的なフル機能の Web コンテンツを提供できます。

VPAT と Red Hat 製品

特定の Red Hat 製品の Voluntary Product Accessibility Templates (VPAT) は、カスタマーポータルの政府基準のセクションでご覧いただけます。開発においてアクセシビリティは重要な要素となっており、それが成功の原動力となっています。そして Red Hat は、提供するソフトウェア全体のアクセシビリティを向上させるための努力が適切かつ効果的であり続けるように、今後も最新情報の入手に努めます。

ブラウザーサポート

Red Hat は、主要なブラウザーの最新バージョンをサポートするなどのベストプラクティスに従って、ブラウザーの互換性の問題を最小限に抑えることにも取り組んでいます。

PatternFly および PatternFly Element

Red Hat は、オープンソースのユーザー・インタフェース (UI) パターンライブラリである PatternFlyPatternFly Element を開発し、Red Hat の Web プロパティの多くで開発者のコミュニティがより優れた、より一貫性のある、よりアクセスしやすい Web エクスペリエンスを構築できるようにしました (すべての Web プロパティがこれらのライブラリを使用して構築されるわけではありませんが、可能な限りそれらを利用することを目標としています)。これらのコンポーネントは手動および自動でテストされており、WCAG 2.1 のレベル AA 基準に適合しています。詳しくは、PatternFly 4 のアクセシビリティガイドをご覧ください。

PatternFly の改善のため、コードの提供、問題の提起、バグへの対処、改善点の提案など、皆様のご協力をお待ちしています。コミュニティ・プロジェクトへの参加方法については、コミュニティ・ガイドラインをご覧ください。

Red Hat からフィードバックのお願い

当社の Web サイトやアプリケーションのアクセシビリティを改善するためのアイデアをお寄せください。そうしたフィードバックやご提案には、以下のフォームをご利用ください。当社製品のアクセシビリティに関する問題については、カスタマーポータルからご報告ください。

Red Hat logo LinkedInYouTubeFacebookTwitter

製品

ツール

試す、買う、売る

コミュニケーション

Red Hat について

エンタープライズ・オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードする Red Hat は、Linux、クラウド、コンテナ、Kubernetes などのテクノロジーを提供しています。Red Hat は強化されたソリューションを提供し、コアデータセンターからネットワークエッジまで、企業が複数のプラットフォームおよび環境間で容易に運用できるようにしています。

ニュースレター「Red Hat Shares」を購読する

今すぐ登録する

言語を選択してください

© 2022 Red Hat, Inc. Red Hat Summit