言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

トピック

仮想化について理解する

オペレーティングシステムからアプリケーションに至るまで、新しいソフトウェアに必要なものは絶えず増大しています。より多くのデータ、より高い処理能力、より多くのメモリーが必要です。仮想化は、単一の物理マシンが複数のマシンとして動作するようにして、サーバーとワークステーションのコスト削減を実現します。

仮想化とは

仮想化とは、単一の物理ハードウェアシステムから、複数のシミュレート環境または専用リソースを作成することを可能にするテクノロジーです。ハイパーバイザーと呼ばれるソフトウェアがそのハードウェアに直接接続し、1 つのシステムを複数の異なる別個のそしてセキュアな仮想マシン (VM) と呼ばれる環境に分割できるようにします。それらの VM は、物理マシンのリソースをエミュレートし、それらを適切に配分するためのハイパーバイザーの機能によって動作します。

理想的には、関連のあるすべての VM が、Web ベースの単一仮想化管理コンソールによって管理されることにより、速度が向上します。仮想化では、VM のための処理能力、ストレージ、およびメモリーを自分で決めることができ、費用を節約することができます。VM は、相互に、またそれをサポートするハードウェアとも切り離されているため、環境がより良く保護されることになります。

仮想化は、使用率の低いハードウェアから必要な環境とリソースを作り出します。さまざまなものの仮想化が可能です。

仮想化で実現されること

サーバーの仮想化

単一サーバーを 2 つのサーバーとして、あるいは何百ものサーバーとして動作させることが可能です。

オペレーティングシステムの仮想化

1 つのコンピューターで、複数の異なるオペレーティングシステムを実行することができます。

ネットワーク機能仮想化

オリジナルの 1 つのネットワークから分離した複数の仮想ネットワークを作成することができます。

仮想マシンの管理方法

仮想化管理ソフトウェアは、仮想化をうまく管理できるように設計されています。確かに手動でリソースを VM に割り振り、サーバー上にそのためのスペースを作り、それらをテストし、必要に応じてパッチをインストールするということも可能です。しかし、単一のシステムを何百もに分割したとすると、それらのシステムが確実に動作し、最新の情報に更新され、セキュリティが確保されている状態を常に維持するためには、「その分割数」倍の作業が必要になります。運用チームにカスタム VM を短時間で用意することはできず、IT 部門にとってはそれらの手動プロセスすべてが足かせとなってしまうかもしれません。

どの仮想化管理システムにもそれぞれの特徴がありますが、そのほとんどは、分かりやすいユーザーインターフェース、すっきりとした VM 作成プロセス、仮想環境モニター、リソース割り振り、レポート作成、ルールの自動適用の機能を備えています。さらに、仮想化管理ソリューションの中には、ハードウェアとソフトウェアの複数ブランドにわたって統合するものもあります。その場合、ユーザーは、自分にとってベストな管理システムをインストールすることができます。

仮想化とクラウドコンピューティングの違い

それら 2 つを混同しがちです。それらはいずれも、ハードウェアからリソースを分離して有用な環境を作成することに関係するものだからです。このように考えてください。

  • 仮想化はハードウェアから機能を分離するためのテクノロジーです
  • クラウドコンピューティングはその分割に基づいて機能するソリューションです。

仮想化はクラウド作成に役立ちますが、そのままクラウドコンピューティングとなるわけではありません。

米国国立標準技術研究所によると、クラウドコンピューティングの 5 つの特徴は、ネットワーク、リソースプール、ユーザーインターフェース、さまざまな機能のプロビジョニング、および自動リソース制御/割り振りです。仮想化はネットワークやリソースプールを作成するものの、ユーザーインターフェースの作成、VM のプロビジョニング、リソースの制御/割り振りのためには、付加的な管理およびオペレーティングシステムソフトウェアが必要です。

VM は単なるコンテナか?

仮想化はコンテナが使用できるリソースをプロビジョニングします。それらの VM はコンテナが実行可能な環境ですが、コンテナは仮想環境に結び付いていません。

VM の機能や容量は有限です。それらを作成するハイパーバイザーは、物理マシンの有限リソースに結び付いているからです。一方、コンテナは、その実行環境との間で同じオペレーティングシステムカーネルおよびパッケージアプリケーションを共有するため、その全体を、開発、テスト、および実動に関する複数の設定の間で移動したり、開いたり、使用したりすることができます。

Red Hat を選ぶ理由

Red Hat は、これまで長い間、仮想化の開発をサポートしてきました。Linux® カーネルの一部を構成するカーネルベース仮想マシン (KVM) ハイパーバイザーの改良に携わり、KVM と oVirt のコミュニティ設立以来ずっと貢献してきました。現在、KVM ハイパーバイザーは主要な OpenStack および Linux 仮想化ディストリビューションすべてのコアとなっており、多くの Red Hat 製品のベースにもなっています。全体のパフォーマンスについて、また単一サーバー上でうまく動作する VM を最大数実行することについての記録を打ち立てようとしているところです

テクノロジーがオープンソースであるため、Red Hat の仮想化製品は、すでにあるインフラストラクチャを活用して非常に幅広い範囲のサーバーやハードウェアで動作するように設計され、テストされ、動作が保証されています。さらには、Microsoft とのコラボレーションにより、さまざまな設定の動作保証やサポートもしています。それで、Red Hat® Enterprise Linux 上に少数の VM を作成する場合であれ、Windows ベースの何百という VM を Red Hat Virtualization によって管理する場合であれ、Red Hat は、365 日 24 時間体制のサブスクリプション、継続的な配信、専門技術、認証コミットの点で皆様のお役に立ちます。

考えてみてください。受賞歴に輝く世界規模の安心サポートを伴う世界最強の仮想化インフラストラクチャの 1 つにより、慣れ親しんだシステムを実行するためにハードウェアをより有効に活用できるのです。

総コスト削減からデータセンターフットプリント縮小に至るまで、仮想化のメリットは IT 界に広く知られていますが、そのさまざまな特徴は現在のコンピューティング環境に本当に合っていると言えるでしょうか? この調査によると、仮想化について従来言われてきたメリットは、現在も引き続きメリットとなっています。

仮想化を使い始めるために必要なアイテム

これだけです。本当に。ベアメタルハードウェアからオープンソースシステムまたはプロプライエタリシステムに至るまで、何にでもインストールし、それを処理するためのハイパーバイザーと操作を簡単にするための管理プラットフォームを使用して、何十あるいは何百という仮想マシンのデプロイを開始してください。

軍事レベルのセキュリティや 99.999% のアップタイムを提供し、ビジネスクリティカルなワークロードに対応するオペレーティングシステム上で、仮想化ディストリビューションを実行してください。これが、Red Hat の仮想化ソフトウェアを実行するように意図されているオペレーティングシステムです。

ほかにもたくさんある仮想化についての事実