トピック

IT セキュリティを理解する

IT セキュリティとサイバーセキュリティの従来の手法はモノリシックであり、柔軟性に乏しいため、いつまでも頼ることはできません。それは、ビジネスの手法が変化しているからです。デジタル・トランスフォーメーションには、統合されたセキュリティ・プログラムが必要です。これは、継続的なセキュリティと呼ばれます。後から追加するセキュリティではなく、組み込み型のセキュリティです。

企業における IT セキュリティおよびサイバーセキュリティとは

IT セキュリティは、コンピュータシステム、ネットワーク、データなどの情報テクノロジーの完全性を攻撃や破損、不正アクセスから保護します。サイバーセキュリティは、不正なインターネット・アクセスからの保護に重点を置いて、電子情報の完全性を保護します。従来の IT セキュリティは、データセンターの境界を強化、維持、ポリシングすることに重点を置いていましたが、今日ではそれらの境界が取り払われています。IT の開発、デプロイ、管理の方法は劇的な変化を遂げているのです。パブリッククラウドとハイブリッドクラウドでは、規制へのコンプライアンスとセキュリティの責任を複数のベンダーに再分配します。大規模なコンテナを採用するには、アプリケーションのデリバリーを新たな方法で分析、保護、更新する必要があります。モバイルアプリは多数のデバイスに分散されており、ハードウェアからソフトウェアに移行するインフラストラクチャは増加する一方です。従来のセキュリティ管理方法では、この変化に対応することができません。デジタル・トランスフォーメーションでは、セキュリティ・プログラムの変更が必要です。セキュリティは、デジタル世界では継続的であること、統合されていること、柔軟性を備えていることが不可欠です。

継続的なセキュリティ

継続的なセキュリティは組み込み型です。デジタル・トランスフォーメーションの世界で競争しようとする企業は、セキュリティ・ソリューションの採用方法について理解する必要があります。それは設計段階から始まるからです。つまり、「セキュリティを左にシフトする」ということです。セキュリティを可能な限り早期にインフラストラクチャおよび製品ライフサイクルの一部に組み入れる必要があります。これにより、セキュリティに予防性と対応性の両面を持たせることができます。

継続的なセキュリティを実現するには、フィードバックと適応をルーチン的に行う必要があり、多くの場合、自動チェックポイントを使用します。自動化は、製品ライフサイクルを遅延させることなく、迅速かつ効果的なフィードバックを提供できることを保証します。このような方法でセキュリティを統合すると、セキュリティの状況の変化に合わせて、更新と対応を迅速に全体的に実装することができます。

継続的なセキュリティを選ぶ理由

デジタル・トランスフォーメーションでは、IT 部門が板挟みのような状況になることがよくあります。ビジネスではコストを削減し、革新して競争力を維持する必要がありますが、分散化が進み、ますます複雑化している技術的背景の中では、常に進化するセキュリティと規制へのコンプライアンスを維持することも必要です。何が起きているかを常に把握するための継続的な監視が組み込まれたセキュリティプログラムが必要であり、問題発生時に冷静かつ効率的に対処できるようにするための明確な対応計画が必要です。

自動修復を使用する継続的なセキュリティを備えておけば、問題をすばやく解決できます。セキュリティを早期に統合し、プロセスのあらゆる段階で自動化すると、ビジネス目標とリスク管理のバランスがとれた変更の監査証跡を取得することができます。新しいテクノロジーを慎重に採用し、セキュリティのエキスパートの助けを借りて、既存のビジネス構造への統合を可能な限り容易かつ効果的に実現させましょう。

継続的なセキュリティでは変更が不可欠です。継続的なセキュリティは、より慎重に統合する必要があり、リソースが必要となったり、新しいリーダーシップの役割 (BISO など) が必要となったりする場合もあります。しかし、従来方式のセキュリティ制御の手動チェックリストと、統合型の継続モデルのどちらを選ぶかという選択肢は、急速に消えつつあります。技術的な状況の変化とともにデータの境界が失われていく限り、セキュリティの変更は不可欠なのです。

脆弱性を報告する必要がありますか?今すぐヘルプが必要ですか?

コミュニティとつながり、一緒に問題を解決することがセキュリティの未来の姿です。

Red Hat と継続的なセキュリティ

Red Hat では、継続的なセキュリティ戦略の採用に確信を持っていただきたいと考えています。Red Hat は、エンタープライズ向けのオープンソースを提供することで、それを実現しています。Red Hat の目標は、各企業がセキュリティと規制へのコンプライアンスを維持しながら、ビジネスの競争力、柔軟性、適応性を維持することです。

Red Hat では、専任のエキスパートチームが 24 時間体制で Red Hat テクノロジーをサポートする独自のサブスクリプション・モデルを提供しています。以下は、オープンソースのセキュリティ・ソリューションの一部として提供できるサービスのごく一部です。

現状を把握し、それに応じた革新の方法を知っている Red Hat

現在のセキュリティは、変化を最小限に抑える戦略から、変化に対して最適化される戦略へと移行しています。

お客様とともに、お客様のために

Red Hat なら、インフラストラクチャとアプリケーションのスタック全体でお客様の組織を守るための信頼できるアドバイザーとなることができます。

十分なトレーニングを受けた認定者

政府が定める最新のセキュリティ基準はご存じですか?Red Hat はこのプロセスを可能な限り簡素化します。

ブランド化されている問題と実際の問題を判別できる

脆弱性は、覚えやすい名前や派手なロゴが使用されていたり、メディアの注目を集めたりすることがあります。しかし、そのような脆弱性が必ずしも、ユーザーに重大なリスクをもたらすものではありません。Red Hat なら、問題を評価して重大度を識別することができます。

コラボレーションと説明責任

Red Hat は、セキュリティ対策を支えるツールやデータを提供しています。さらに、生データも提供しているため、お客様や研究者は責任については Red Hat に課しつつ、それぞれ独自の状況に合った固有のメトリクスを作成することができるということです。

デジタル・トランスフォーメーションについて知っておくべきこと

今日のセキュリティは、デジタル・トランスフォーメーションという特徴を持ちます。それでは、デジタル・トランスフォーメーションとは一体何を意味するのでしょうか?そのコンセプトにはどのような由来があるのでしょうか?今後はどのような展開を迎えるのでしょうか?御社にとってはどのような意味を持つのでしょうか?

信頼の Red Hat

Red Hat ではお客様のデータとプライバシーの保護を重視しています。

継続的なセキュリティについての詳細

関連情報

大規模な脆弱性について知っておくべき情報。

サービスとサポート

Red Hat のチームが、トレーニング、認定、コンサルティング、サポートをお手伝いします。

関連情報

セキュリティ管理に役立つツールとセキュリティデータ。

関連情報

セキュリティを念頭に置いて開発することによって、コードの安全性を認識することができます。

Red Hat とセキュリティについてさらに詳しく知る