検索

日本語

日本語

ログイン

ログイン/登録

Web サイト

トピック

IT セキュリティを理解する

IT セキュリティは、ネットワーク、インターネット、エンドポイント、API、クラウド、アプリケーション、コンテナセキュリティなどを総称する用語です。相互に連益してデジタルデータを保護する、一連のセキュリティ戦略を確立するためのものです。最近まで IT セキュリティは、開発サイクルの終端にあるチェックポイントでした。処理に時間のかかるものでもありました。今日のビジネスは、より迅速かつ効率的に適応できるように、統合セキュリティプログラムを作成する手段を模索しています。それは追加型ではなく、組み込み型のセキュリティです。

IT セキュリティとは

IT セキュリティは、コンピュータシステム、ネットワーク、データなどの情報テクノロジーの完全性を、攻撃や破損、不正アクセスから保護します。デジタル・トランスフォーメーションの世界で競争する企業は、設計の段階から始まるセキュリティ・ソリューションの採用方法について理解する必要があります。これは「セキュリティを左にシフトする」、つまり、セキュリティを可能な限り早期にインフラストラクチャと製品のライフサイクルの一部に組み入れることを意味します。これにより、セキュリティの事前対応と事後対応の両方が可能になります。

継続的セキュリティを実現するには、フィードバックと適応をルーチン的に行う必要があり、多くの場合、自動チェックポイントを使用して行われます。自動化によって、製品ライフサイクルを遅延させることなく、確実、迅速かつ効果的なフィードバックが可能になります。このような方法でセキュリティを統合することで、セキュリティを取り巻く状況が変化しても、更新と対応をすばやく全体的に実装することができます。

IT セキュリティがビジネスにとって重要な理由

従来の IT セキュリティは、データセンターの境界を強化、維持、規制することに重点を置いていましたが、今日ではこの境界がなくなりつつあります。IT の開発、デプロイ、統合の方法は劇的に変化しています。パブリッククラウドとハイブリッドクラウドにより、規制へのコンプライアンスとセキュリティの責任が各ベンダーに分散して課されます。大規模なコンテナを採用するには、アプリケーションのデリバリーを新たな方法で分析、保護、更新する必要があります。モバイルアプリは多数のデバイスに展開されており、ハードウェアからソフトウェアに移行するインフラストラクチャは増加する一方です。従来のセキュリティ管理方法では、この変化に対応することができません。デジタル・トランスフォーメーションによって、セキュリティプログラムへの変更が求められます。柔軟で、統合された継続的セキュリティがデジタルの世界には不可欠です。

一部の企業にとってセキュリティとは、ビジネス情報セキュリティ担当者 (BISO) を雇用することを意味します。BISO は事業の一部として、設計から提供、導入までの製品ライフサイクルに携わります。BISO は情報セキュリティ最高責任者 (CISO) の直属で、セキュリティ上の懸念をあらゆる段階で慎重に管理、統合し、セキュリティのニーズとビジネス上のリスクとのバランスを取りつつ、機能を予定通りに提供できるようにします。

コンテナのセキュリティとは

コンテナによって、各種の環境およびデプロイターゲットに対して、アプリケーションやサービスのビルド、パッケージ、プロモーションが簡単になります。しかし、コンテナセキュリティには解決すべき課題があります。固定的なセキュリティポリシーやチェックリストでは、エンタープライズのコンテナに合わせて拡張できません。サプライチェーンにはさらに多くのセキュリティ・ポリシー・サービスが必要です。チームは、コンテナによるネットワークとガバナンスのニーズを調整する必要があります。ビルドツールやランタイムツールとサービスとを切り離す必要があります。

ご不明な点については、続きをお読みください。

graphical image of a container along a pipeline secured with locks

クラウドセキュリティとは

多くの人がクラウド・コンピューティングのメリットを理解している一方で、セキュリティ脅威を理由に、移行に踏み切れずにもいます。確かに、それも理解できます。インターネットと物理サーバーを介して送信される、形のないリソース間のどこかに存在するものを理解するのは簡単ではありません。クラウドは、物事が常に変化している動的な環境です。そして、セキュリティの脅威も同様です。

ハイブリッドクラウドのセキュリティとは

ハイブリッドクラウド環境では、ユーザーはさまざまな選択肢を柔軟に指定できます。機密データや重要なデータはパブリッククラウドから除外し、同じ種類のリスクを持たないデータについてはクラウドのメリットを活用することができます。ハイブリッドクラウド・セキュリティの課題の一部と、その解決に必要なツールを紹介します。

API セキュリティとは

貯金を布団の下に隠しておく人は、おそらくあまりいないでしょう。ほとんどの人が信頼できる環境 (銀行) にお金を預け、銀行以外の別の方法を使って支払いを承認したり、認証したりします。API セキュリティはこれに似ています。つまり、承認と認証のポリシーを有する信頼できる環境が必要です。

API セキュリティのベストプラクティスは、トークン、暗号化と署名、クォータとスロットリング、API ゲートウェイを使用することですが、優れた API セキュリティに最も重要なのは、優れた API 管理です。

IT でビジネスのセキュリティを強化する方法

デジタル・トランスフォーメーションにおいては、IT 部門が板挟みのような状況になることがよくあります。企業はコストを削減し、イノベーションを通じて競争力を維持する必要がありますが、分散化と複雑化が進む技術的背景の中では、常に進化するセキュリティへの適合とコンプライアンス規制への準拠も必要です。状況を常に把握するための継続的な監視が組み込まれたセキュリティプログラムが必要であり、問題発生時に冷静かつ効率的に対処できるようにするための明確な対応計画が必要です。

自動修復を使用する継続的セキュリティを備えておけば、問題をすばやく解決できます。セキュリティを早い段階で組み込み、プロセスのあらゆる段階で自動化することで、ビジネス目標とリスク管理のバランスを取るための変更を監査証跡に残すことができます。新しいテクノロジーを慎重に採用し、セキュリティ・エキスパートの助けを借りて既存のビジネス構造に可能な限り容易かつ効果的に統合させましょう。

Security guide diagram

脆弱性の報告や今すぐサポートが必要な場合

コミュニティとつながり、一緒に問題を解決することがセキュリティの未来の姿です。

Red Hat と IT セキュリティ

Red Hat は継続的セキュリティ戦略の効果をお客様に体感していただきたいと考えています。Red Hat はそのために、エンタープライズ向けのオープンソースを提供しています。Red Hat の目標は、各企業がセキュリティ保護とコンプライアンスへの順守を継続しながら、ビジネスの競争力、柔軟性、適応性を維持することです。

Red Hat では、専任のエキスパートチームが 24 時間体制で Red Hat テクノロジーをサポートする独自のサブスクリプション・モデルを提供しています。以下は、オープンソースのセキュリティ・ソリューションの一部として提供できるサービスのごく一部です。

Red Hat は常に現状を把握し、新しいものを取り入れる

最新のセキュリティは、変化を最小限に抑える戦略から、変化に対応して最適化する戦略へと移行しています。

お客様とともに、お客様のために

Red Hat なら、インフラストラクチャとアプリケーションのスタック全体でお客様の組織を守るための信頼できるアドバイザーとなることができます。

トレーニングを受けた認定者

政府が定める最新のセキュリティ基準を導入していますか?Red Hat はこのプロセスを可能な限り簡素化します。

取り沙汰されている問題と実際の問題を判別する

脆弱性はキャッチーな名前や派手なロゴが使用されていたり、メディアの注目を集めたりすることがあります。ただし、そのような脆弱性が必ずしもユーザーに重大なリスクをもたらすとは限りません。Red Hat なら、問題を評価して識別することができます。

コラボレーションと説明責任

Red Hat は、セキュリティ対策を支えるツールやデータを提供しています。さらに、お客様や研究者が自社独特の状況を分析して独自の指標を作成できるように、Red Hat の責任において生データも提供しています。

デジタル・トランスフォーメーションについて知っておくべきこと

今日のセキュリティは、デジタル・トランスフォーメーションという特徴を持ちます。それでは、デジタル・トランスフォーメーションとは一体何を意味するのでしょう?そのコンセプトはどこから来たのでしょう?今後はどのような展開を迎えるのでしょう?貴社にとってどのような意味があるでしょう?

信頼の Red Hat

Red Hat ではお客様のデータとプライバシーの保護を重視しています。

IT セキュリティの詳細

関連資料

大規模な脆弱性について知っておくべき情報。

サービスとサポート

Red Hat のチームが、トレーニング、認定、コンサルティング、サポートをお手伝いします。

関連資料

セキュリティ管理に役立つツールとセキュリティデータ