クラウド・コンピューティング

ハイブリッドクラウドとは

ハイブリッドクラウドとは、パブリッククラウドとプライベートクラウド環境を 1 つまたは複数組み合わせたものです。これは、サードパーティ企業が所有し管理するハードウェアと、クラウドを使用する企業が所有しているハードウェアからなる仮想リソースのプールです。このプールは管理および自動化ソフトウェアによってオーケストレーションされ、ユーザーは自動スケーリングや動的リソース割り当てをサポートするセルフサービス・ポータルを通じて、オンデマンドでリソースにアクセスできます。

ハイブリッドクラウドを構成するプライベートクラウドとパブリッククラウドの環境は、それぞれ別個のエンティティのままです。しかし、リソースとワークロードを伝送するための暗号化されたアプリケーション・プログラミング・インタフェース (API) を利用することで、これらのクラウド間の移行が容易になります。この別個ながらつながっているアーキテクチャにより、企業はクリティカルなワークロードをプライベートクラウドで、それほど機密性の高くないワークロードをパブリッククラウドで実行し、必要に応じてどちらの環境のリソースも利用できます。この仕組みによってデータの露出を最小限に抑えることができ、企業は IT リソースとサービスのポートフォリオを、スケーラブルかつ柔軟で、安全性の高いものにカスタマイズできます。

現在のハイブリッドクラウド環境には、オンプレミス・インフラストラクチャ、従来の仮想化、ベアメタルサーバー、コンテナが含まれることがあります。さらにハイブリッドクラウドは、複数のプロバイダーがホストする複数のパブリッククラウドで構成される場合もあります。


ハイブリッドクラウドの仕組み

相互運用性

相互運用性はハイブリッドクラウドの根幹です。相互運用性のないパブリッククラウドとプライベートクラウドは、たとえ同じ企業が利用しているとしても、それぞれ互いに独立して存在しており、ハイブリッドとは見なされません。ある組織が顧客向けのアプリケーションすべてをパブリッククラウドに、社内用アプリケーションすべてをプライベートクラウドに格納しているとします。リソースはそれを格納するクラウドのみから取り出され、2 つのクラウド間にインフラストラクチャが一切ない場合、これはハイブリッドではありません。ハイブリッドクラウドには複数の接点があり、環境間でワークロード、リソース、プラットフォーム、アプリケーションの移動を可能にするコア・ソフトウェア・サービスを共有します。

管理

複数の管理ツールを使用したり、冗長ポリシーを実装したり、運用スタッフを増やしたりすることにより、手動でハイブリッドクラウド環境を管理することは可能です。しかし、プロセスをシンプルにするクラウド管理ツール (Red Hat® CloudForms など) を使用するなら、ハイブリッド環境の管理と運用を一元化できます。こうした統合管理プラットフォームは、基盤となるテクノロジーを抽象化し、環境間で管理タスクを一元化します。これにより、オペレーターとユーザーは環境ライフサイクル、セルフサービス、自動化、ポリシーの実施、チャージバックをデプロイメント全体で制御できるようになります。

スケーラビリティ

プライベートクラウドはシンプルなスケーラビリティを提供し、仮想化で容易に実現できる範囲を超えてリソースへのオンデマンド・アクセスを可能にします。パブリッククラウドの場合、リソースプールに (理論的には) 制限なくアクセスできるため、拡張がさらに容易になります。両方のディストリビューションがハイブリッド環境で統合されると、必要に応じてスケールアップおよびスケールアウトが可能です。クラウドはスケールアウトによってクラウドネイティブ・アプリケーションをサポートし、仮想化はスケールアップによって従来型ワークロードをサポートします。


ハイブリッドクラウドのセキュリティ

どのような環境においても、セキュリティは企業にとって常に最大の関心事です。ハイブリッドクラウドに特有のセキュリティ上の課題 (データの移行、複雑化、攻撃対象領域の大きさなど) もありますが、複数の環境が存在することは、セキュリティリスクに対する最大の防御の 1 つとなり得ます。ハイブリッドクラウドを利用すれば、企業はコンプライアンス、監査、ポリシー、セキュリティ要件などに基づいてワークロードとデータをどこに置くかを選択できます。ハイブリッドクラウドを適切に設計、統合、管理すれば、従来のオンプレミス環境と同等の安全性を実現できます。政府機関にとってハイブリッドクラウドを導入した方がよい理由も数多く存在します。


クラウドネイティブ・アプリケーション開発

ハイブリッドクラウド、DevOps、クラウドネイティブ・アプリケーションはすべて、従来のモノシリックなアーキテクチャと最新のアプリケーション開発手法の間のギャップを埋めるのに役立っています。ハイブリッドクラウドは (従来、開発チームと運用チームがそれぞれ独立して使用してきた) プライベートクラウドとパブリッククラウドをつなげます。これにより、必要に応じて環境間やチーム間でアプリケーションを移動できるようになります。ハイブリッドクラウドは、これらのアプリケーションを構築、デプロイ、管理するための安定したコンピューティング基盤を提供します。

ハイブリッドクラウド環境によってクラウド環境、コンテナ、仮想プラットフォームがサイドバイサイドで運用可能になり、開発チームや運用チームは必要に応じて自由にリリースや拡張を行えます。この相互接続性により、開発チームと運用チームは連携して DevOps モデルで作業できます。このモデルは、コンテナによってサポートされるマイクロサービス・ベースのアプリケーションを使用し、統合環境全体で複数のチームが連携作業するプロセスです。


Red Hat が選ばれる理由

テクノロジー同士の連携をプロプライエタリー・コードが妨げてしまう場合、異なるテクノロジーが提供するさまざまな利点を活用することが難しくなります。企業がハイブリッド環境の価値を実現するには、それぞれの環境が、同種のソフトウェアスタックで稼働する部分だけでなく、すべての事業部門と IT 部門全体で機能する必要があります。企業はこれまでも異種テクノロジーを一緒に利用してきました。これは現在のハイブリッドクラウドにも見られます。しかし、プロプライエタリー・テクノロジーに基づくサイロ型クラウドは、最適なソリューションとは言えません。だからこそ、Red Hat はオープン・ハイブリッドクラウドを全面的に推奨しています。

オープン・ハイブリッドクラウドは、ハイブリッド環境に相互運用性、ワークロードの移植性、オープンソースの柔軟性をもたらします。何百ものコミュニティの何千という開発者によってサポートされており、データセンター間をクラウドでつなぎ、インフラストラクチャにコンテナを組み込み、セキュリティの制限事項を検証するプラットフォームを形成しています。オープンソース・ソリューションは長期的な相互運用性を考慮に入れて、クラウドプロバイダーの乗り換えや、オンプレミス環境からクラウド環境への移行を行う際の導入プロセスを効率化します。

Red Hat のクラウド製品ポートフォリオは、異なる環境間の橋渡しを行います。従来のアプリケーションを最適化し、クラウドネイティブ・アプリケーションをサポートし、これらのアプリケーションのエクスペリエンスを統一します。


ハイブリッドクラウドの構築に必要なものすべてがここに

インフラストラクチャ

新しいアプリケーションの展開、環境の仮想化、安全なハイブリッドクラウドの作成などに適した汎用性を誇る、安定性に優れた実績ある基盤です。

管理製品

ハイブリッドクラウド環境を統合する、管理と運用プラットフォームです。

インフラストラクチャ

緊密に統合された Red Hat テクノロジーを組み合わせて、オープンなプライベートクラウドを構築し、管理することができます。

プラットフォーム

必要なすべてのプライベートクラウド・インフラストラクチャと管理ツールに加え、ハイブリッド環境間でワークロードを移動するのに役立つコンテナ・アプリケーション・プラットフォームです。

パートナー

お客様のパブリッククラウド構築をお手伝いできるディストリビューター、マネージドサービス・プロバイダー、パートナー企業です。

ハイブリッドクラウドについてさらに詳しく知る