アカウント ログイン
Jump to section

ハイブリッドクラウドとは

URL をコピー

ハイブリッドクラウドとは、相互に情報を共有し、特定のビジネスまたは組織向けに統一された一連のアプリケーションを実行する 2 つ以上のコンピューティング環境を組み合わせたものです。次のような環境が含まれます。

  • 1 つ以上のプライベートクラウドと 1 つ以上のパブリッククラウド
  • 2 つ以上のプライベートクラウド
  • 2 つ以上のパブリッククラウド
  • 1 つ以上のクラウドに接続された 1 つのベアメタル (物理ハードウェア) 環境または仮想環境

「クラウド」という用語は、インターネット経由でアクセスされるオンデマンド・コンピューティング・リソースのネットワークを表します。このエコシステムは、データストレージ、ソフトウェア・アプリケーション、分析、インテリジェンスツールなどのコンピューティング・サービスの提供とやり取りを容易にします。

概念としてのハイブリッドクラウドの台頭は、従来のクラウドタイプの間の境界線が曖昧になっていることを反映しています。初期のパブリッククラウドとプライベートクラウドは、場所と所有権によって区別されていました。パブリッククラウドはサードパーティであるプロバイダーによってオフプレミスで実行され、プライベートクラウドはサービスを利用する当事者によってローカルで実行されていました。

現在では場所や所有権は抽象的な判断材料に過ぎなくなり、クラウドタイプは、はるかに複雑になっています。以下に例を示します。

パブリッククラウドは従来、オフプレミスでのみ実行されていましたが、パブリッククラウド・プロバイダーは現在、クライアントのオンプレミス・データセンターでクラウドサービスを実行しています。

プライベートクラウドは従来、オンプレミスでのみ実行されていましたが、現在、各組織では、オフプレミスにあるベンダー所有のデータセンターをレンタルしてプライベートクラウドを構築しています。

物理的な場所に関係なくクラウドが組み合わされている場合、その環境を表す用語がマルチクラウドまたはハイブリッドクラウドで、そのいずれかが使用されます。

マルチクラウド戦略は、各クラウドをそれぞれ独自のアプリケーションおよび管理一式を備えた、完全に独立したプラットフォームとして扱うことによって機能します。

ハイブリッドクラウド戦略は、ワークロードの可搬性を促進します。つまり、アプリケーションはさまざまな環境で一貫して動作し、単一のコンピューティング・プラットフォームが複数のクラウドにまたがって相互に通信することができます。ハイブリッドクラウド環境は、以下の機能を備えている必要があります。

  • ネットワークを通じて複数のコンピューターを接続する
  • IT リソースを 1 つのプールに統合する
  • 新しいリソースをスケールアウトして迅速に提供する
  • 環境間でワークロードを移動することができる
  • 単一の統合管理ツールを組み込む
  • 自動化の支援を受けてプロセスをオーケストレーションする

クラウド・コンピューティング・テクノロジーが進化し続け、広く利用されるようになったことで、多くの企業ユーザーが、意図せずハイブリッドクラウド・インフラストラクチャ内で稼働していることがあります。どうしてそうなるのでしょうか?

Amazon Web Services (AWS)Google CloudMicrosoft Azure など、クラウドサービス・プロバイダーは多数あります。各プロバイダーは独自のメリットを提供し、さまざまなタイプのユーザーに訴求しています。たとえば、ある企業が別のクラウド環境を使用する組織を買収したり、同じ会社内のチームが、個々のニーズに基づいて異なるプロバイダーを選択したりする場合があります。

これがマルチクラウドの発端となり、組織はより良いサービスや新機能、より迅速な応答時間を顧客に提供するために、全く性質の異なるアプリケーションを統合せざるを得なくなります。さまざまなクラウドで実行されているアプリケーションの相互接続が進むにつれて、企業は必要に迫られてハイブリッドクラウド環境に足を踏み入れることになります。

ビジネスニーズに基づいてプロバイダーやサービスを選択することにはメリットがあります。優れた E メールスイートを提供するプロバイダーもあれば、顧客データ処理のためのより高度なセキュリティ対策を提供するプロバイダーもあるでしょう。

必要なものを厳選することには何の問題もありませんが、各企業にはそれぞれ異なるプロトコルがあり、異なるスキルセットが必要とされることを考慮することが重要です。

チームが複数のシステムを学んで覚えるというタスクを課されている場合、分割、繰り返し、非効率なシステムの助長といったリスクが生じ、最終的な収益に悪影響を与える可能性があります。

代わりにハイブリッドアプローチを使用すれば、チームはソフトウェアサービスのポートフォリオ全体を管理する 1 つのシステムを習得することに集中できます。これによって、より協調的な作業環境がもたらされ、チームメンバーの認知的負荷が軽減され、全体的な一貫性と効率性のレベルが向上します。

ハイブリッドクラウド・アーキテクチャへの意図的なアプローチ

クラウドリソースを整理してハイブリッドクラウドを構築する方法は、人間の指紋と同様、ケースごとにすべて異なります。さまざまな企業がさまざまなソリューションを提供しており、クラウド・アーキテクチャに万能のモデルはありません。 

先進的な IT チームは、小規模で独立した疎結合サービスのコレクションとしてアプリケーションを開発しデプロイすることに重点を置いて、ハイブリッドクラウドを構築します。一貫したアプローチがなければ、異なるサービスとプラットフォーム間の調和の欠如により、冗長性、非効率性、過剰な支出、そして何よりも混乱が生じる可能性があります。 

アプリケーションとデータの統合は、先進的で重要なビジネスツールです。競争力を維持するには、ビジネス戦略の中核にあるアプリケーションとデバイスが相互にアクセスできる必要があります。

統一されたオーケストレーション・プラットフォームを使用して相互接続されたクラウドリソースを管理することにより、一貫したコンピューティング環境を実現できます。これによって、チームがシステムの保守について心配することは少なくなり、有用な製品の構築により集中できるようになります。

環境を一元化し、そこからメリットを得ようとする場合、プロプライエタリーコードが妨げになります。当社のオープンソース・テクノロジーによってサポートされるオープン・ハイブリッドクラウド戦略により、スタッフの再トレーニングや管理の分割を実施したり、セキュリティを断念したりすることなく、ほぼすべての環境であらゆるアプリケーションとの一貫した対話が可能になります。

パブリッククラウドはすべてのワークロードに適しているわけではなく、自力でプライベートクラウドを構築しようとすると複雑になりがちで、コストもかさみます。Red Hat を使用してクラウド (任意のクラウド) を構築する場合は、当社の経験豊富なチームが、現在の場所から目的の場所へとお客様を導くロードマップの作成を支援します。 

オープン・ハイブリッドクラウドは、クラウド・コンピューティングへのアプローチであり、お客様は既存のハイブリッド IT を活用しながら、将来のテクノロジーの進歩に備えることができます。Red Hat テクノロジーを使用し、当社のパートナーと連携することで、次のことが可能になります。 

  • 任意のフットプリントであらゆるアプリケーションまたはワークロードを一貫して実行する
  • 開発者がアプリケーションを迅速に構築、デプロイ、管理できるようにする
  • プロセスを単純化し、自動化し、保護する

既存アプリケーションの移行について懸念がある場合や、どのアプローチを取るべきかわからない場合は、当社のエンジニアリング、サポート、および製品管理チームから直接サポートを受けられます。これは、人、プロセス、テクノロジーが連携し、可能な限り生産的に機能するようにするための部門横断的なアプローチです。

ハイブリッドクラウドは、スタンドアローンのパブリッククラウドやプライベートクラウドと同じ基本的なテクノロジーを使用します。

これら個別のクラウド環境を可能な限りシームレスに接続したものが、ハイブリッドクラウドです。ハイブリッドクラウドが機能するためには相互接続性が欠かせません。ハイブリッドクラウドがエッジコンピューティングの基盤なのはこの相互接続性が理由です。ワークロードの移動、管理の統一、プロセスのオーケストレーションは、この相互接続性によって成り立っています。この接続をいかにうまく構築するかが、ハイブリッドクラウドの機能性を左右します。

関連資料

記事

クラウド管理とは

クラウド管理のさまざまな側面と、クラウド管理プラットフォームが企業にもたらすメリットについて説明します。

記事

マネージド IT サービスとは

マネージドサービスは、コストを削減し、サービス品質を向上させ、社内チームが組織のビジネスに特有の作業を行えるようにするために、一般的なタスクを専門家に任せる手法です。

記事

クラウドサービスとは

クラウドサービスとは、サードパーティ・プロバイダーがホストするインフラストラクチャ、プラットフォーム、またはソフトウェアで、インターネットを介してユーザーに提供されます。

クラウド・コンピューティングの詳細はこちら

製品

Red Hat Openstack Platform

ハードウェアを仮想化し、リソースをクラウドにまとめるプラットフォーム。

Red Hat OpenShift

エンタープライズ対応の Kubernetes コンテナ・プラットフォームで、ハイブリッドクラウド、マルチクラウド、エッジのデプロイメントを管理するフルスタックの自動運用機能を備えています。

Red Hat Consulting

Red Hat の戦略的アドバイザーが、企業組織の全体像を把握しながら課題を分析し、包括的かつコスト効率に優れたソリューションで課題を解決できるようお手伝いします。

リソース

トレーニング

無料のトレーニングコース

Red Hat OpenStack Technical Overview

  • OpenStack® のワードマークと OpenStack のロゴは、米国とその他の国における OpenStack Foundation の登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundation の許諾の下で使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。

Illustration - mail

その他の関連コンテンツ

無料のニュースレター「Red Hat Shares」(英語) では、注目の IT トピックスに関するコンテンツをお届けしています。

Red Hat logo LinkedInYouTubeFacebookTwitter

製品

ツール

試用、購入、販売

コミュニケーション

Red Hat について

エンタープライズ・オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードする Red Hat は、Linux、クラウド、コンテナ、Kubernetes などのテクノロジーを提供しています。Red Hat は強化されたソリューションを提供し、コアデータセンターからネットワークエッジまで、企業が複数のプラットフォームおよび環境間で容易に運用できるようにしています。

ニュースレター「Red Hat Shares」を購読する

今すぐ登録する

言語を選択してください

© 2022 Red Hat, Inc.