トピック

IT 管理について

IT 管理とは、組織全体でスピード、スケール、安定性を向上させるためにリソース、システム、プラットフォーム、人員、環境の調整を取ることです。

現在の IT に必要な運用管理

たとえ革新的なアプリやインフラストラクチャでも、デプロイと管理を古い従来のツールや手法で行っていては真価を発揮できません。運用チームが IT とビジネスグループにアジャイルなプロセスを取り入れるようになる中、コラボレーション、ハイブリッド・プラットフォーム、継続的なデジタル・トランスフォーメーションに対応できることが、管理ソリューションの必須条件となります。Red Hat では、運用は特定の部門が行うものではなく、1 つのプロセスであると考えています。運用に対するこのような考えを採り入れ、正しいツールを選ぶことで、組織における DevOpsクラウドコンテナに関するイニシアチブの確かな基盤を構築できます。

IT 管理とは

IT 管理とは、IT リソース、システム、プラットフォーム、人員、環境のすべての調整を取ることです。変化の激しい現代の環境では、企業の IT 環境全体でスピード、スケール、そして安定性を向上する新しいアプローチの管理が必要とされています。自動化は、モダナイゼーションとデジタル・トランスフォーメーションに不可欠な戦略的要素です。Red Hat は、Red Hat CloudForms および Red Hat Insights など、Red Hat のさまざまな管理製品で Ansible Automation などの管理テクノロジーを取り入れることによって、企業を対象とした戦略的なテクノロジーとトレーニングを提供しています。

Rotating gears with question marks inside

クラウド管理とは

クラウド管理とは、データ、アプリケーション、サービスなど、クラウドで動作するすべてのものをユーザーが制御することです。一般にプラットフォームとして動作する管理ツール自体が、それらのデータ、アプリケーション、およびサービスを管理するためのソフトウェアとなります。これらのツールを使用することで、クラウド・コンピューティング・リソースの効率的かつ安全な実行が確保されると同時に、リソースを必要とするすべての人 (またはすべてのもの) がリソースにアクセスできるようになります。基本的にクラウド管理プラットフォームとは、(パブリックプライベート、またはハイブリッド) クラウドで実行されているすべてのものが実際に動作するだけでなく、適切に動作するようにするためのものです。

仮想化管理とは

仮想化管理では、仮想化環境とその基盤にある物理ハードウェアのインタフェースとなるソフトウェアを使用することで、リソース管理を単純化し、データ分析を向上させ、運用を効率化します。どの仮想化管理システムにもそれぞれの特徴がありますが、大抵はわかりやすいユーザーインタフェースを備え、シンプルなプロセスで VM を作成でき、仮想環境のモニター、リソースの割り当て、レポート作成、規則の自動適用の機能があります。中には、複数ブランドのハードウェアやソフトウェアを統合し、ユーザーが自分に最適な管理システムをインストールすることのできる仮想化管理ソリューションもあります。

virtualization management diagram

Red Hat を選ぶ理由

Red Hat は、管理テクノロジーのオープンソース・コミュニティに大きく貢献しています。IT インフラストラクチャが適切に、しかも安定して安全に動作するよう、Red Hat のエンジニアが機能、信頼性、およびセキュリティの向上を支援しています。

あらゆるオープンソース・プロジェクトと同様に、Red Hat はアップストリーム・コードベースにコード提供や機能改良の点で貢献し、技術の進歩に寄与してきました。コミュニティとのコラボレーションは、ただのコード開発にとどまりません。コラボレーションでは自由に質問したり機能改良を提供したりできます。これこそが、The Open Source Way (オープンソースウェイ) であり、オープンな組織の強みです。Red Hat が 20 年以上に渡って信頼されるエンタープライズ・インフラストラクチャ・プロバイダーであり続けている理由が、ここにあります。

必要な管理ツール

Ansible Automation は、あらゆる規模の組織が DevOps を迅速かつ効率的に導入できるよう支援します。何をどこに導入するかに関係なく、Ansible はアプリケーションのライフサイクル管理プロセス全体を管理できます。

予測分析を使用してシステムをチェックし、セキュリティおよびパフォーマンスの複雑な問題を修正できます。継続的に測定、分析して対応することで、重大な問題が発生する前に対策を講じることができます。

Red Hat インフラストラクチャを管理するうえで最も容易な手段であり、効率的でコンプライアンスが確保された IT 運用を実現できます。信頼できるコンテンツリポジトリとプロセスにより、標準ベースの安全な環境を構築することができます。

仮想インフラストラクチャとクラウド・インフラストラクチャのセルフサービス機能を提供しながら、セキュリティとコンプライアンスを維持することができます。システムの管理作業よりも、サービス機能の強化に焦点を置きましょう。

管理についてさらに詳しく知る