ログイン / 登録 アカウント

トピック

IT 管理について理解する

IT 管理とは、組織全体でスピード、スケール、安定性を向上させるためにリソース、システム、プラットフォーム、人員、環境を調整することです。

Jump to section

現在の IT に必要な運用管理

たとえ革新的なアプリやインフラストラクチャでも、デプロイと管理を古い従来のツールや手法で行っていては真価を発揮できません。運用チームが IT とビジネスグループにアジャイルなプロセスを取り入れるようになる中、コラボレーション、ハイブリッド・プラットフォーム、継続的なデジタル・トランスフォーメーションに対応できることが、管理ソリューションの必須条件となります。Red Hat では、運用は特定の部門が行うものではなく、1 つのプロセスであると考えています。運用に対するこのような考えを採り入れ、正しいツールを選ぶことで、組織における DevOpsクラウドコンテナに関するイニシアチブの確かな基盤を構築できます。

IT 管理とは

IT 管理とは、IT リソース、システム、プラットフォーム、人員、環境のすべての調整を取ることです。変化の激しい現代の環境では、企業の IT 環境全体でスピード、スケール、そして安定性を向上する新しいアプローチの管理が必要とされています。自動化は、モダナイゼーションとデジタル・トランスフォーメーションに不可欠な戦略的要素です。Red Hat は、Red Hat CloudForms および Red Hat Insights など、Red Hat のさまざまな管理製品で Red Hat Ansible® Automation Platform などの管理テクノロジーを取り入れることによって、企業を対象とした戦略的な自動化のテクノロジーとトレーニングを提供しています。

Rotating gears with question marks inside

クラウド管理とは

クラウド管理とは、データ、アプリケーション、サービスなど、クラウドで動作するすべてのものをユーザーが制御することです。一般にプラットフォームとして動作する管理ツール自体が、それらのデータ、アプリケーション、およびサービスを管理するためのソフトウェアとなります。これらのツールを使用することで、クラウド・コンピューティング・リソースの効率的かつ安全な実行が確保されると同時に、リソースを必要とするすべての人 (またはすべてのもの) がリソースにアクセスできるようになります。基本的にクラウド管理プラットフォームとは、パブリックプライベート、またはハイブリッドのクラウドで実行されているすべてのものが実際に動作するだけでなく、適切に動作するようにするためのものです。

仮想化管理とは

仮想化管理では、仮想化環境とその基盤にある物理ハードウェアのインタフェースとなるソフトウェアを使用することで、リソース管理を単純化し、データ分析を向上させ、運用を効率化します。どの仮想化管理システムにもそれぞれの特徴がありますが、大抵はわかりやすいユーザーインタフェースを備え、シンプルなプロセスで VM を作成でき、仮想環境のモニター、リソースの割り当て、レポート作成、ルールの自動適用の機能があります。中には、複数ブランドのハードウェアやソフトウェアを統合し、ユーザーが自分に最適な管理システムをインストールできるソリューションもあります。

virtualization management diagram

SOE とは

SOE は、標準運用環境、つまり IT 部門が標準ビルドとして定義した、特定のコンピュータ・オペレーティング・システムとソフトウェアのコレクションです。SOE は、管理しているコンピュータが多く、複雑さを軽減したい場合に役立ちます。SOE を使用すると、IT チームはサーバーとワークステーションのデプロイメントおよびメンテナンスを自動化できます。SOE は、一貫したビルドプロセスとモダナイズされたパッチ管理のフレームワークの一端を担うことができます。

Red Hat を選ぶ理由

Red Hat は、管理テクノロジーを開発するオープンソース・コミュニティに大きく貢献しています。エンジニアが機能と信頼性を向上し、IT インフラストラクチャに継続的な統合セキュリティが適用されるように支援します。

あらゆるオープンソース・プロジェクトと同様に、Red Hat はアップストリーム・コードベースにコード提供や機能改良の点で貢献し、技術の進歩に寄与してきました。コミュニティとのコラボレーションは、ただのコード開発にとどまりません。コラボレーションでは自由に質問したり機能改良を提供したりできます。これこそが、The Open Source Way (オープンソースウェイ) であり、オープンな組織の強みです。Red Hat が 20 年以上にわたって信頼されるエンタープライズ・インフラストラクチャ・プロバイダーであり続けている理由が、ここにあります。

ニーズに応える管理ツール

Red Hat Ansible Automation Platform は、あらゆる規模の組織が特定の自動化プロジェクトを迅速かつ効率的に導入できるよう支援します。Ansible は、アプリケーションのライフサイクル管理プロセス全体を管理し、チームがエンドツーエンドの自動化ビジョンを実現できるように支援します。

運用効率および脆弱性リスク管理分析を使用して、クラウドやオンプレミスでの Red Hat Enterprise Linux の実装を特定し、修正します。想定外のダウンタイムを回避するために、継続的に測定、分析、動作します。

Red Hat インフラストラクチャを環境全体で大規模に管理し、信頼性、可用性、セキュリティ、コンプライアンスを向上させます。標準の運用環境の定義、プロビジョニング、メンテナンスを行い、リスクを軽減して効率を高めます。

Kubernetes クラスタとアプリケーションの可視性と制御を単一のポイントから取得し、組み込みのセキュリティポリシーを使用します。アプリケーションをデプロイして複数のクラスタを管理し、ポリシーを広範囲に適用することで、Red Hat OpenShift® の価値を拡大します。