言語を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

ニュース

会社概要

Red Hat の会社情報と、自由にご利用いただける画像およびビデオをご用意しています。

詳細はこちら

メディアおよびアナリスト専用窓口

ニュース

フィルター

閉じる

Red HatのパートナーがJBoss EAP 7を中心に集結

  • 2016年 7月 21日
[サンフランシスコ – RED HAT SUMIIT 2016 - 2016年6月27日(現地時間)発表]米国報道発表資料抄訳 オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.(NYSE:RHT、以下Red Hat)は本日、業界をリードするRed HatのオープンソースJava EE 7準拠アプリケーションプラットフォームの最新バージョンであるRed Hat JBoss Enterprise Application Platform(JBoss EAP)7に関する豊富なグローバルパートナーエコシステムおよび、Javaベースのハイブリッドクラウドアプリケーション開発の将来に関するビジョンを示しました。

プレスリリース

当初 Linux 愛好者だったマイクロソフトが、今では Red Hat 愛好者に
Forbes - 2015 年 11 月 5 日
「マイクロソフトと Red Hat が、Microsoft Azure に Red Hat® ソリューションを導入するために提携することになった。わかりやすく言えば、マイクロソフトが Red Hat Enterprise Linux® を Microsoft Azure 上で稼働するエンタープライズ Linux ワークロードの「推奨オプション」とみなすということだ… (中略) 両社は、Red Hat ソフトウェアでプライベートクラウドおよびパブリッククラウド対応アプリケーションを構築する際のソフトウェアアプリケーション開発に関する共通ニーズに対応すべく、協力を進めるとコメントしている」
私が Linux の真のパワーを理解した理由
Opensource.com - 2015 年 9 月 29 日
「私の Linux 物語は、他の大勢の皆さんも同じだと思いますが、1 台の古いコンピュータと、あれこれいじくり回したい欲求から始まりました。それは 1990 年代後半の、ある記事を読んだときのことです。「Linux」という UNIX ライクなオペレーティングシステムがあって、ダウンロードもインストールも無料でできるとありました... (中略) 「Linux」と呼ばれるこのオペレーティングシステムは、それまでとは違う何かを期待させるものでした。オープンで自由度が高いということなので、当時使っていた調子の悪いラップトップで試してみるのにちょうどいいと思いました。そこで私は思い切って Slackware をインストールし、Linux を使い始めたのです... (中略) テクノロジーが先行する今日の世界で、Linux は次世代のコンピューティングを構築する革新的人々のプラットフォームになりました… (中略) Linux は今や、ビッグデータ、モバイル、分析など、急成長している技術分野のエコシステムが選択するデフォルトプラットフォームです。Linux がなかったら、こうした取り組みは一切存在しなかったでしょう」- Red Hat CEO Jim Whitehurst (ジム・ホワイトハースト)
Red Hat、20 億ドル規模を売り上げる初のオープンソース企業に
InformationWeek - 2015 年 9 月 24 日
「Red Hat は四半期決算で堅調な数字を示した。2016 会計年度第 2 四半期は、サブスクリプション収益が 13%、5 億 4 百万ドルの増加。CEO の Jim Whitehurst (ジム・ホワイトハースト) と新しく就任した CFO の Frank Calderoni (フランク・カルデローニ) がクラウド事業で同社の未来を切り開いた形だ… (中略) 総収益のごく一部に過ぎないクラウド収益について Whitehurst は、クラウドコンピューティングを基盤とする将来の収益を確保した証だと言及した。クラウド収益は、クラウドソフトウェアサブスクリプションの直販によるものと、クラウドワークロードを本稼働させる企業の IT 部門による Red Hat Enterprise Linux の利用拡大によるものを見込んでいる」
オープンソースのビジネス活用 - 無料のオープンソースソフトウェアを採用している 13 名の CIO
CIO UK - 2015 年 11 月 11 日
「企業におけるオープンソースの使用事例は増えているようだ。少なくとも、CIO、IT ディレクター、最高技術責任者から CIO UK が耳にする事例は増えている。彼らは自由度/柔軟性/アジリティ/コード品質の向上、コストの削減、ベンダーロックインの回避などを求めて、プロプライエタリなソフトウェアの代わりに無料のオープンソースソフトウェアに投資しているという。また研究報告書によると、イギリスの企業はオープンソースに対する『非合理的な不安感』をついに克服したようだ。セキュリティに対する不安も減少傾向にある」
Red Hat、Ansible の買収で開発ツールセットを強化
Fortune - 2015 年 10 月 16 日
「Red Hat が買収する Ansible は、開発者や IT 従事者の間でアプリケーションの構築とデプロイを効率的に行えると人気のソフトウェアツールセットを抱える新興企業だ... (中略) Ansible は、オープンソースツール Ansibleworks の利用を望むビジネスユーザーに有償のサポートや業務支援を提供することを目指している。競合は、Opscode の Chef、Puppet Labs の Puppet、SaltStack などだ... (中略) Chef、Puppet、Ansible といった『DevOps』ツールを用いることで、アプリケーションの開発とデプロイが効率化される。ソフトウェアコードを書くプログラマー、つまり開発側と、その成果物をデプロイする運用者、つまり IT 側の人間が、これまでのようにちぐはぐな動きになることなく、互いに連携して作業できるようになるからだ」
Red Hat、コンテナセキュリティ評価で Black Duck と提携
The New Stack - 2015 年 10 月 23 日
「Red Hat が発表したセキュリティ企業 Black Duck との提携は、これまでで最も意欲的なコンテナセキュリティ対応戦略となりそうだ。目標はコンテナの内容を深部まで確認できるようにすることとし、将来的には、特に本番環境において、実行ファイルのソースコードがコンテナの機能について示す内容に基づき、ポリシー主導型システムでコンテナのデプロイを承認または拒否できるようにすることを明らかにしている… (中略) Black Duck のツールは、ソースコードの由来や、そのソフトウェアの使用に伴うセキュリティとライセンスの問題についての知見を提供する」

ソーシャルメディア

Red Hat とつながる

Rocket Fuel