アカウント ログイン
Jump to section

Red Hat OpenShift Service on AWS とは

Red Hat® OpenShift® Service on AWS は、AWS でデプロイおよび運用される Red Hat OpenShift のフルマネージドサービスを提供するターンキー型のアプリケーション・プラットフォームです。業界で最も包括的な AWS クラウドのアプリケーション・プラットフォームで Kubernetes アプリケーションをすばやく構築、デプロイ、管理しましょう。

Create and AWS cluster graphic

安心してアプリケーションの構築とスケーリングを行うことができます。
あとの管理はお任せください。

ネイティブ AWS サービスである Red Hat OpenShift Service on AWS は、柔軟な消費ベースの課金、統合されたクラスタ作成、Red Hat と AWS による共同サポートと運用を提供します。

製品の詳細

開発者によるイノベーションの実現

AWS に展開するための使い慣れた API や既存の Red Hat OpenShift ツールを提供することで、チームは開発プロセスを加速するための集中できる環境とツールを手に入れます。

ハイブリッドクラウド・デプロイメントへの明確な道筋

Red Hat OpenShift Service on AWS は、多くのエンタープライズが現在オンプレミスですでに使用しているプロダクション対応のアプリケーション・プラットフォームを提供し、ビジネスニーズの変化に応じてワークロードを AWS クラウドにシフトする機能を単純化します。

ターンキー型のアプリケーション・プラットフォーム

Red Hat OpenShift Service on AWS は、迅速に開始でき、アプリケーションの継続的な管理を任せられるターンキー型のアプリケーション・プラットフォームなので、お客様はビジネスのイノベーションとコアコンピタンスに集中できます。

追加のアプリケーションとデータサービスを利用可能

マネージド型のアプリケーションとデータサービスを使用して、価値実現までの時間を短縮しましょう。Red Hat OpenShift API Management を追加費用なしで利用できます (1 日あたりの呼び出しは最大 100,000 回)。Red Hat OpenShift Streams for Apache KafkaRed Hat OpenShift Data Science は追加のサブスクリプションで利用できます。

Red Hat OpenShift Service on AWS の使い方について学ぶ

Red Hat Hybrid Cloud Console で実践的な製品内での体験が得られます。

初めてのクラスタの作成でサポートが必要な場合

手順を参照して作成方法を学習できます。

ネイティブの AWS サービスと統合

AWS と Red Hat がサポートする、AWS Management Console からオンデマンドでアクセスできるネイティブ AWS サービス。AWS を通じて課金されます。AWS が提供するコンピューティング、データベース、分析、機械学習、ネットワーキング、モバイルなど、170 以上のクラウドネイティブ・サービスを利用できます。

Agile integration graphic

セルフサービス・デプロイメント

セルフサービス・デプロイメントにより、フルマネージドの Red Hat OpenShift クラスタを数分で作成できるため、すぐに運用を開始することができます。

Illustration of a woman working on a computer with clouds and computer servers in the background

サポートと請求の統合

インストール、監視、管理、 保守、更新は Red Hat のサイト信頼性エンジニアリング (SRE) チームが実施し、コントロールプレーン、ワーカーノード、各種の主要サービスを含むスタック全体がその対象となります。また、稼働率 99.95% の SLA に基づき Red Hat と AWS が共同で運用およびサポートしており、OpenShift と AWS の使用料金の両方が AWS からまとめて請求されます。

 

Illustration showing devops, containers, microservices, and APIs

法令順守

セキュリティおよび業界独自の標準や規制要件 (SOC-2、ISO-27001、PCI-DSS など) へのコンプライアンスのニーズに包括的に対応できます。

Illustration showing a shield, clouds, containers, application windows, ones, and zeros

その他の機能とメリット

可用性の最大化

クラスタはサポート対象リージョンの複数のアベイラビリティゾーンにデプロイできるので、可用性を最大限に高めることができます。

クラスタノードのスケーリング

リソースの需要に合わせて、コンピュートノードを簡単に追加または削除することができます。

クラスタの最適化

メモリー最適化タイプ、コンピューティング最適化タイプ、または汎用の EC2 インスタンスタイプから選択。ニーズに応じたサイズのクラスタを提供します。

世界中で利用可能

Red Hat OpenShift Service on AWS は、AWS の商用利用が可能なすべての国で購入していただけます。

 

Red Hat Hybrid Cloud ラーニングハブ

コンテナベースのアプリケーションの構築を支援する Red Hat OpenShift Service on AWS (ROSA) を使用してクラスタを作成およびデプロイする方法を学びます。

Developer learning

Red Hat OpenShift Service on AWS の価格設定

柔軟なオンデマンドの価格設定

オンデマンドの価格設定を使用してクラスタを展開する方法と Red Hat OpenShift アプリケーション・ノードのリザーブドインスタンスを購入して最初のクラスタを展開する方法があり、ワークロードやビジネスのニーズに合わせて最適な方を選択できます。

クラスタ料金

$0.03 / 1 時間

ワーカーノードの価格設定

オンデマンド

$0.171 / 1 時間 / 4vCPU

1 年間のリザーブドインスタンス

$1,000 / 1 年 / 4 vCPU

(約 $0.114 / 1 時間 / 4 vCPU)

3 年間のリザーブドインスタンス

$2,000 / 3 年 / 4 vCPU

(約 $0.076 / 1 時間 / 4 vCPU)

* 上記の価格にはコントロールプレーン、インフラストラクチャ、ワーカーノードの EC2 コストは含まれていません。

よくある質問 (FAQ)

製品

Red Hat OpenShift Service on AWS と Red Hat OpenShift Container Platform の違いは何ですか?

Red Hat OpenShift Service on AWS は、パフォーマンス、スケーラビリティ、セキュリティのために最適化された、フルマネージド型の Red Hat OpenShift Container Platform を提供します。Red Hat OpenShift Service on AWS は、Amazon Web Services パブリッククラウドでホストされ、Red Hat と AWS が共同で管理します。一部のオプションや管理機能は、制限されているか、利用できない場合があります。Red Hat OpenShift Container Platform サブスクリプションでは、任意のインフラストラクチャでソフトウェアをホストおよび管理することができます。

Red Hat OpenShift Service on AWS と Red Hat OpenShift Dedicated の違いは何ですか?

Red Hat OpenShift Service on AWS は、AWS でデプロイおよび運用される OpenShift Container Platform のフルマネージド実装であり、Red Hat と AWS 両社が共同で管理およびサポートします。

Red Hat OpenShift Dedicated は、Red Hat がホストして完全に管理するサービスであり、AWS または Google Cloud Platform 上の仮想プライベートクラウドでクラスタを提供します。

Red Hat OpenShift Service on AWS には何が付属しますか?

Red Hat OpenShift Service on AWS の各クラスタには、フルマネージドのコントロールプレーン (マスターノード) とアプリケーションノードが付属しています。インストール、管理、保守、アップグレードは、Red Hat と Amazon が共同でサポートする Red Hat SRE が監視します。クラスタサービス (ロギング、メトリクス、モニタリングなど) も利用できます。

私の ROSA クラスタのインフラストラクチャは他の顧客と共有されるのですか?

Red Hat OpenShift Service on AWS の各クラスタは所定のお客様専用であり、そのお客様のサブスクリプション内に存在します。

Red Hat OpenShift Service on AWS は他の AWS サービスと統合できますか?

はい。Red Hat OpenShift Service on AWS は、AWS のコンピューティング、データベース、分析、機械学習、ネットワーキング、モバイルなど、さまざまなアプリケーションサービスと統合できるため、世界中でオンデマンドでスケーリングできる AWS サービスの堅牢なポートフォリオを利用できます。これらの AWS ネイティブサービスに直接アクセスして、同じ管理インタフェースを介してサービスを迅速にデプロイおよび拡張できます。

ROSA のサポートを受けるにはどうすればよいですか?

ROSA は AWS と Red Hat がサポートしており、トラブルシューティングを開始するにはいずれかの会社のサポートに連絡してください。エスカレーションが必要な場合は、問題に対処できる最良のチームが対応するよう AWS と Red Hat が手配します。

購入

Red Hat OpenShift Service on AWS はすべての国で購入できますか?

Red Hat OpenShift Service on AWS は、AWS の商用利用が可能なすべての国で購入していただけます。

Red Hat OpenShift Service on AWS を購入するにはどうすればよいですか?

AWS コンソールから直接サービスを取得できます。EC2 のような他の AWS サービスと同様、OpenShift クラスタを起動するだけで、消費量に基づいて課金されます。Red Hat または AWS の担当者までご連絡いただくこともできます。

Red Hat から請求書が届くのですか?それとも AWS からですか?

AWS がまとめて請求書をお送りします。

Red Hat OpenShift Service on AWS は AWS EDP プログラムの対象になりますか?

はい。Red Hat OpenShift Service on AWS での支出は全額 AWS Enterprise Discount Program の対象になります。

カスタマイズ

どの Amazon リージョンがサポートされていますか?

Red Hat OpenShift Service on AWS がサポートされているグローバルリージョンのリストについては、サポートされているリソースを参照してください。

使用できる仮想マシンのサイズはどのくらいですか?

Red Hat OpenShift Service on AWS クラスタで使用できる仮想マシンのサイズのリストについては、 Red Hat OpenShift Service on AWS の 仮想マシンのサイズを参照してください。

Red Hat OpenShift Container Platform の権限は何になりますか?クラスタ管理者ですか?プロジェクト管理者ですか?

作成したクラスタに対するクラスタ管理者権限が付与されます。

RHEL ワーカーをクラスタに追加できますか?

いいえ。クラスタにシームレスな更新を提供する機能を維持するために、Red Hat OpenShift Service on AWS でサポートされるのは Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) ワーカーのみです。

どのような認証メカニズムがサポートされていますか?

サポートされているメカニズムについてはこちらをご覧ください。

運用

Red Hat と AWS の運用担当はどのようなサービスを行いますか?

Red Hat SRE は、Red Hat OpenShift プラットフォームのプロビジョニング、管理、アップグレードのほか、コア・クラスタ・インフラストラクチャの可用性の監視を行います。プラットフォームで実行されるアプリケーションのアプリケーション・ライフサイクルの管理については責任を負いません。

クラスタの構成に対してどのような変更ができますか?

管理ユーザーは、ユーザーとプロジェクトの追加/削除、プロジェクトクォータの管理、クラスタ使用統計の表示、デフォルトのプロジェクトテンプレートの変更を行うことができます。管理者は、クラスタのスケールアップおよびスケールダウンや、既存のクラスタの削除も行えます。

ROSA クラスタは顧客のアカウントにデプロイされますか?

はい。ROSA クラスタは、既存の VPC をサポートするアカウントにデプロイされます。デプロイを検討する場合は、アプリケーションの分離と最小特権に関するセキュリティのベストプラクティスに従うことをお勧めします。

アップグレードはどのように管理されますか?

OpenShift Cluster Manager でクラスタのアップグレードポリシーとスケジュールを定義できます。クラスタは、お客様が定義した保守時間枠 (たとえば「土曜日の 2:00 UTC」など) に最新リリースへの自動アップグレードを行うように構成できます。あるいは、お客様が指定した日時に特定のリリースにアップグレードできます。ベストプラクティスに従うと、ダウンタイムを最小限に抑える、またはゼロにするのに役立ちます。

アップグレードはすべて Red Hat の SRE サービスが監視および管理します。

緊急の保守時間枠と計画的な保守時間枠の違いは何ですか?

当社では、保守に関してこれら 2 つのタイプを区別していません。当社のチームは 24 時間年中無休で対応しており、従来の計画的な「業務時間外」の保守時間枠は設けていません。

ホスト・オペレーティングシステムと OpenShift ソフトウェアはどのように更新されますか?

ホスト・オペレーティングシステムと OpenShift ソフトウェアは、一般的なアップグレードプロセスを通じて更新されます。

基盤となる VM のログを顧客のログ分析システムにストリーミングできますか?

お客様は、転送するアプリケーション、インフラストラクチャ、および監査のログストリームを選択できます。

マスター/ワーカーノードでどの UNIX 権限 (IaaS) を使用できますか?

このオファリングには適用されません。ノードアクセスが有効になっていません。ワーカーノードは SRE チームが完全に管理します。

セールスチームに問い合わせる

Red Hat へのお問い合わせ

Red Hat logo LinkedInYouTubeFacebookTwitter

製品

ツール

試用、購入、販売

コミュニケーション

Red Hat について

エンタープライズ・オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードする Red Hat は、Linux、クラウド、コンテナ、Kubernetes などのテクノロジーを提供しています。Red Hat は強化されたソリューションを提供し、コアデータセンターからネットワークエッジまで、企業が複数のプラットフォームおよび環境間で容易に運用できるようにしています。

ニュースレター「Red Hat Shares」を購読する

今すぐ登録する

言語を選択してください

© 2022 Red Hat, Inc.