アカウント ログイン
セクションを選択

Red Hat OpenShift によるエッジコンピューティング

URL をコピー

Red Hat® OpenShift® は業界をリードするエンタープライズ向け Kubernetes コンテナ・オーケストレーション・プラットフォームであり、開発者の生産性を高めるために最適化されています。また Red Hat OpenShift は、ハイブリッドクラウドマルチクラウド、およびエッジのデプロイメントを管理するフルスタックの自動運用機能を備えています。 

企業は、エッジコンピューティングを利用して IT インフラストラクチャを進化させ、分散させています。卓越した顧客体験の提供に向けてアプリケーション、仮想マシン (VM)IoT (モノのインターネット)クラウド・コンピューティングを利用したり、人工知能や機械学習 (AI/ML) を搭載したアプリケーションを利用してデータから新たなチャンスを見出そうとしています。

 

Samsung logo

世界的なテクノロジー企業がネットワークエッジへの 5G 導入を推進

エッジ・コンピューティングとは、アプリケーションや情報をエンドユーザー (API など) やデータソース (データセンター) などの物理的な位置またはその近くで処理することで、より速いレスポンスタイム、より信頼性の高いサービス、より優れたアプリケーション体験をユーザーに提供する技術です。 

 

 

エッジコンピューティングを成功させるためには、自動化やセキュリティなどのシステム、ベアメタルやクラウドネイティブなどの環境、ベンダーやサービスプロバイダーなどの幅広い領域で、アプリケーションを迅速かつ一貫性を持ってデプロイして管理する必要があります。開発チームは、柔軟性のあるアプリケーションを作成し、それをどこでもデプロイできるようにしなればなりません。同様に、IT 運用チームも管理やセキュリティを大規模で効果的に自動化できなければなりません。 

DevOps チームは、数百から数千の拠点からなる環境で、さまざまなサイズや構成の Kubernetes クラスタを管理しながらリアルタイムに運用、処理するための装備が必要です。また、多様なエッジデプロイメント・アーキテクチャはますます増えてきています。

 

そこで登場するのが、Kubernetes と Red Hat OpenShift です。Red Hat OpenShift は、エッジコンピューティング環境に Kubernetes のフル機能をもたらして同じツールやプロセスを使用できるようにするとともに、最大規模のコンテナ化されたアプリケーションであっても、構成、デプロイメント、プロビジョニング、管理、メトリクスのトラッキング、モニタリングの負担を軽減します。

つまり、クラウドサービス、仮想化、マイクロサービス、コンテナ化のすべての柔軟性と、エッジコンピューティングのスピードと効率性を組み合わせることで、機能性の向上、レイテンシーの低減、帯域幅の拡大を実現し、仮想およびオンプレミスのインフラストラクチャを最大限に活用することができます。

 

Red Hat OpenShift をエッジに導入して得られるメリット:

  • 一目で分かる情報
    データ駆動型のインサイトにより、チームはデータを収集、分析し、実用的なタスクに迅速に転換できるようになります。

  • パートナー・エクスペリエンス
    テクノロジーパートナーの幅広いエコシステムが、多様なユースケースに対応するエッジデプロイメントの構築を支援します。

  • 柔軟なトポロジー
    さまざまなエッジ環境のニーズに対応する柔軟なトポロジーオプションにより、ビジネスをスケールアウトし、デプロイメント全体を進化させる柔軟性を備えています。

  • 自由にスケーリング
    開発者は特定の環境で動作するかどうかを気にすることなくコードを書き、大規模なデプロイメントを行うことができます。

  • 複数の構成
    エッジサイトやエッジデバイスのさまざまなスペース、電力、接続性の要件を満たすために必要な柔軟性を備え、以下のような構成をサポートします。

    • コントロールプレーンとワーカーノードを組み合わせた 3 ノードのクラスタ

    • コントロールプレーンとワーカーの両方がより小さなフットプリントで機能する単一のノード 

    • ワーカーノードのみをエッジにデプロイしたリモートワーカー構成

  • 運用のためのワイドビューレンズ
    運用チームは、Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes を使用して、一貫した単一ビューで大規模にサイトとクラスタを管理することができます。

 

フルスタックの自動運用、クラスタ管理およびマルチクラスタ管理、セキュリティ、ガバナンス、コンプライアンスを促進する世界有数のエンタープライズ Linux プラットフォームを組み込んだ幅広い製品ポートフォリオとパートナーやオープンソース・コミュニティのエコシステムにより、Red Hat は企業が今と未来のニーズを最大限に満たしてくれるエッジソリューションを構築するお手伝いをします。

 

関連資料

記事

Red Hat OpenShift Operator とは

Red Hat OpenShift Operators automate the creation, configuration, and management of instances of Kubernetes-native applications.

記事

Red Hat OpenShift Serverless を選ぶ理由

Red Hat OpenShift Serverless は Kubernetes を拡張し、サーバーレス・ワークロードのデプロイと管理ができるようにします。

記事

Red Hat OpenShift Service Mesh を選ぶ理由

Red Hat OpenShift Service Mesh で、マイクロサービスベースのアプリケーションを接続、管理、監視する方法を統一することができます。

OpenShift の詳細はこちら

製品

Red Hat OpenShift

エンタープライズ対応の Kubernetes コンテナ・プラットフォームで、ハイブリッドクラウド、マルチクラウド、エッジのデプロイメントを管理するフルスタックの自動運用機能を備えています。

Red Hat OpenShift Data Foundation

コンテナのスピンアップおよびスピンダウン時に環境全体でデータを永続的に保存できるソフトウェア・デファインド・ストレージ。

Red Hat Advanced Cluster Security Kubernetes

クラウドネイティブ・アプリケーションのより安全な構築、デプロイ、実行を可能にする、エンタープライズ向けの Kubernetes ネイティブのコンテナ・セキュリティ・ソリューション。

Red Hat Advanced Cluster Management Kubernetes

Kubernetes クラスタとアプリケーションを制御する、セキュリティポリシーを組み込んだ単一のコンソール。

リソース

e ブック

Red Hat OpenShift のビジネス価値に関する IDC エグゼクティブサマリー

アナリスト資料

Red Hat が Forrester によりマルチクラウドコンテナ開発プラットフォーム分野のリーダーの 1 社に選出

トレーニング

無料のトレーニングコース

Running Containers with Red Hat Technical Overview

無料のトレーニングコース

Developing Cloud-Native Applications with Microservices Architectures

無料のトレーニングコース

Containers, Kubernetes and Red Hat OpenShift Technical Overview

  • OpenStack® のワードマークと OpenStack のロゴは、米国とその他の国における OpenStack Foundation の登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundation の許諾の下で使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。

Illustration - mail

その他の関連コンテンツ

無料のニュースレター「Red Hat Shares」(英語) では、注目の IT トピックスに関するコンテンツをお届けしています。

Red Hat logo LinkedInYouTubeFacebookTwitter

製品

ツール

試す、買う、売る

コミュニケーション

Red Hat について

エンタープライズ・オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードする Red Hat は、Linux、クラウド、コンテナ、Kubernetes などのテクノロジーを提供しています。Red Hat は強化されたソリューションを提供し、コアデータセンターからネットワークエッジまで、企業が複数のプラットフォームおよび環境間で容易に運用できるようにしています。

ニュースレター「Red Hat Shares」を購読する

今すぐ登録する

言語を選択してください

© 2022 Red Hat, Inc.