お問い合わせ
アカウント ログイン
セクションを選択

Red Hat Enterprise Linux によるエッジコンピューティング

URL をコピー

Red Hat® Enterprise Linux® は、一貫性と柔軟性を備えたセキュリティ重視のプラットフォームを提供するオペレーティングシステム (OS) です。より迅速なデータ提供を可能にし、エッジでのエンタープライズ・ワークロードのための新たなイノベーションの促進に役立ちます。この最適化されたプラットフォームにより、データとデバイスを発生元で接続する一元化されたインタフェースを通じて、エッジシステムを効率的に管理できるようになり、インテリジェントなビジネス上の意思決定をリアルタイムで行うために必要な知見を得ることができます。

Red Hat Enterprise Linux は、一貫性のないエッジ環境に一貫性のあるレイヤーを配置し、信頼性の高い更新とインテリジェントなロールバックによってエッジワークロードのスケーリングを可能にします。お客様の要件をアップストリームで提唱し、エッジで安定した効率的な更新を提供することで、お客様がオープンソース・イノベーションを活用できるようサポートします。また、IT チームはハイブリッドクラウド・インフラストラクチャを拡張し、数十万のノードを制御できます。

エッジとは

エッジコンピューティングは、必要に応じて一元化されたリソースを活用しながら、コンピューティング・リソースをネットワークのエンドポイントに分散します。時間の制約があるデータに基づいた、意志決定のための知見をすばやく提供する必要があるという問題を解決します。

Red Hat Enterprise Linux 9:変わらない安定性と可用性を提供

データを中心とするイノベーションに対する要求に応えるために、組織はデータが生成される場所に最も近いところで稼働する必要があります。そのため、組織は従来のデータセンターを、エッジコンピューティングとも呼ばれる分散型コンピューティングモデルに変換しています。

組織にとってのメリットは、データの処理、遅延の影響を受けやすいアプリケーションのサポート、レガシーシステムのブリッジ、アプリケーションとモバイルネットワーク (5G など) のモダナイズ、人工知能 (AI) および機械学習 (ML) 分析などのテクノロジーの使用が可能になることであり、それが傾向の把握やより良い製品とサービスの提供につながります。 

組織のインフラストラクチャを Red Hat Enterprise Linux で標準化すると、エッジでのワークロードに伴う複雑さとセキュリティリスクを軽減できます。また、総合的なメンテナンスのコスト削減、イノベーションサイクルの短縮、稼働時間の向上も実現できます。

Red Hat Enterprise Linux は、Red Hat OpenShift によるコンテナ・オーケストレーションRed Hat Ansible® Automation Platform による自動化管理ミドルウェアストレージ、テクノロジーパートナーサービスのエコシステムなど、OS を超えた機能の完全なポートフォリオを標準化するための選択肢を広げ、完全に最適化されたエッジ・ソリューションを提供します。  

エッジにおける Red Hat Enterprise Linux (動画)

 

世界中の軽量ハードウェアに小型のサーバールームをデプロイするには、多くの課題が伴います。組織は、ビジネスニーズに基づいて、次のようなエッジデプロイメントの課題のうちのいくつか (またはすべて) に直面する可能性があることを考慮しておく必要があります。

  • スケーラビリティ:エッジデプロイメントでは、石油掘削装置、高速列車、ATM、航空機など、IT スタッフがほとんどいない場所に展開された数十万のノードとクラスタを管理しなくてはなりません。そのため、これらを一元的にデプロイおよび管理する方法が必要です。

  • 相互運用性:マルチベンダーのハードウェアおよびソフトウェア環境内での相互運用性は、非常に複雑なソリューションを管理し、複製するために不可欠です。また、プラットフォームが柔軟であれば、ワークロードをエッジに移植することもできます。 

  • 一貫性:エッジサイトは、データ漏洩やリモートシステムの乗っ取りを防ぐために、一貫性のある安全な方法で管理および更新する必要があります。ハードウェアとソフトウェアの標準化における一貫性は、デプロイメントを単純化し、インフラストラクチャ運用チームに再現可能なシステムを提供するために役立ちます。

  • セキュリティ:エッジデプロイメントでは、データやビジネスを保護するために、物理的セキュリティとデジタルセキュリティの両方が必要です。物理的なハードウェアやアプリケーション、さらにその間の開発や運用プロセスに至るまで、環境の各層の能力を活用した、階層化された多層防御のセキュリティアプローチが求められます。

デプロイメント、運用、ワークロードの可搬性を単純化して複雑さを軽減できる OS は、ワークロードをエッジにプッシュするのに最適です。Red Hat Enterprise Linux は、認定済みのハードウェア、ソフトウェア、クラウド、およびサービスプロバイダーの広範なエコシステム全体を対象に、長期的な安定性とセキュリティを必要とするエンタープライズ・ワークロード向けに構築されています。 

Red Hat Enterprise Linux は、当社のすべてのソフトウェア・ソリューションの基盤です。そのため、自動化またはコンテナ化されたマイクロサービスによってエッジデプロイメントを強化する準備が整っていれば、Red Hat Enterprise Linux をエンタープライズ・オープンソース OS として使用することができます。

Image Builder を使用すると、IT チームはシステムの存続期間中、エッジ向けに最適化されたカスタム OS イメージをすばやく作成、デプロイし、簡単に維持できます。Image Builder は Red Hat Enterprise Linux によって提供され、特定の場所でエッジワークロードを実行するために必要なものをすべて備えています。これらのイメージは、各エッジの固有ワークロードに合わせてカスタマイズできるため、エッジデプロイメントの一貫性、拡張性、安全性、およびコンプライアンスを維持できます。

Red Hat Enterprise Linux によるエッジ管理は、エッジでのデプロイメントを安全に管理およびスケーリングするのに役立ち、あらゆる状態のエッジシステムの制御を可能にして安心を提供します。ゼロタッチ・プロビジョニング、システムヘルスの可視性、迅速なセキュリティ修復というメリットを、単一のインタフェースから利用できます。

OS イメージの更新はすべてのエッジデバイスのバックグラウンドでステージングされるため、ワークロードは中断されることなく実行され、手動による更新やパッチ適用で通常生じる遅延が削減されます。このリモートデバイス更新のミラーリングにより、スケジュールされたダウンタイムの間、またはデバイス所有者が更新の適用を選択したタイミングで、インストールを実行できます。これは、常に安定した更新を適用することで、数十万のエッジデバイスにわたってスケーリングを行い、ワークロードのレジリエンシー (回復力) を向上させることができるアプローチです。

Red Hat Enterprise Linux を使用すると、低帯域幅のエッジシステムや、接続が断続的で制限されているエッジシステムも稼働時間を保持し、rpm-ostree を介した差分アップデートによって安全を維持できます。データ削減パッケージシステムは OS 全体ではなく、アプリケーションの更新のために更新されたビット (差分と呼ばれる) のみを転送します。これにより、アプリケーションのネットワーキングリソースが確保され、エッジシステムの総合的な信頼性が向上します。

起動プロセス中に自動的に実行される greenboot フレームワークを使用して、カスタムヘルスチェックを作成できます。これらのチェックにより、OS で実行されているアプリケーション、サービス、プログラムが、すべてのエッジデバイスで正常に動作していることを確認できます。また、ヘルスチェックが失敗すると、システム障害を防ぐために OS は以前の状態に戻ります。Red Hat Enterprise Linux によるインテリジェントなロールバックにより、システムの稼働状態が維持されるので、レジリエンシーが向上し、現場に派遣するプロフェッショナルの数が少なくて済みます。

関連資料

記事

Red Hat Enterprise Linux によるエッジコンピューティング

Red Hat Enterprise Linux は、ハイブリッドクラウド・インフラストラクチャをエッジ、つまり世界中の数十万のノードにまで拡張します。

記事

Red Hat Enterprise Linux のセキュリティ

Red Hat Enterprise Linux は世界有数のオープンソース Linux プラットフォームです。リスクの緩和、セキュリティ構成とポリシーの適用、コンプライアンス戦略​の最適化の実現を支援します。

記事

Red Hat の Linux を選ぶ理由

ワークロードを環境間で移動させてスケーリングできる必要があります。Red Hat Enterprise Linux はハイブリッドクラウド・デプロイメントに対する一貫性のある安定した基盤です。

Red Hat Enterprise Linux の詳細はこちら

製品

新しいアプリケーションの展開、環境の仮想化、より安全なハイブリッドクラウドの作成などに適した汎用性を誇る、安定性に優れた実績ある基盤です。

リソース

アナリスト資料

SAP ランドスケープにとって、移行で考慮すべき点は Linux だけではありません

アナリスト資料

IDC:Red Hat Enterprise Linux の経済効果

トレーニング

無料のトレーニングコース

Red Hat Enterprise Linux Technical Overview

Red Hat Enterprise Linux を試用する

Red Hat Enterprise Linux Server

Red Hat Enterprise Linux® のバージョンの 1 つで、ハードウェアリソースをオーケストレーションします。物理システムやクラウド上、またはハイパーバイザーのゲストとして実行できます。 

Red Hat Enterprise Linux for IBM Power

オープンソース・イノベーションと IBM のアーキテクチャを組み合わせて、安定したハイブリッドクラウド基盤を提供します。 

Illustration - mail

その他の関連コンテンツ

無料のニュースレター「Red Hat Shares」(英語) では、注目の IT トピックスに関するコンテンツをお届けしています。