アカウント ログイン
Jump to section

Red Hat の Linux を選ぶ理由

URL をコピー

IT スタック内のあらゆるテクノロジーは互いに連携でき、ワークロードは、ベアメタルサーバー、仮想マシン、コンテナ、プライベートクラウドおよびパブリッククラウドをまたいで移動およびスケーリングできる必要があります。そのためには、先進的なセキュリティ指向のオペレーティングシステム (OS) が必要です。それが、Red Hat® Enterprise Linux® です。

標準 OS をワークロードの基盤にすると、ビジネスにとって有用になるようにワークロードを環境間で簡単に移動させることができます。Red Hat Enterprise Linux は、ハイブリッドクラウド・デプロイメントに対する一貫性のある安定した高性能プラットフォームとなり、管理性と、Red Hat の多岐にわたる管理および自動化ポートフォリオとの統合機能が内蔵されています。

Red Hat はフォーチュン 500 の企業の 90% 以上にパートナーとして信頼されており、Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションを利用すると、オープンソース・コミュニティに直接アクセスしてサポートを受けられます。また、数千ものクラウド、ソフトウェア、およびハードウェアの認定プロバイダーからなるエコシステムと統合されています。Red Hat Enterprise Linux は、イノベーションを支える基盤として、安定性に優れた最新の開発ツール、コンテナ・テクノロジー、ハードウェア、および先進的なクラウド技術を提供します。

クラウド環境はどれひとつとして同じではありません。つまり、柔軟でありながら安定した OS が必要なのです。Red Hat Enterprise Linux はオープンソースコードの柔軟性と、オープンソース・コミュニティのイノベーションを兼ね備え、数百ものパブリッククラウド・プロバイダーおよびサービスプロバイダーから認定を受けています。さらに、コンテナプラットフォームである Red Hat OpenShift は、クラウドネイティブ・アプリケーションパブリッククラウドでビルド、デプロイ、スケーリングできるように設計されており、お客様はビジネスに役立つクラウド戦略を自信を持って実施できます。

データセンターのセキュリティは OS から始まります。Red Hat Enterprise Linux には Security-Enhanced Linux (SELinux) や強制アクセス制御 (MAC) などのセキュリティ機能が組み込まれ、侵入を防止し、法令へのコンプライアンス準拠を確保できます。Red Hat Enterprise Linux はコモンクライテリア認証と FIPS 140-2 認証を取得しており、v7.1 はコモンクライテリア認証を有する初の Linux コンテナ・フレームワーク・サポートです。

Red Hat Enterprise Linux に代表される、サポート付きのエンタープライズ向けオープンソース・オペレーティングシステムは、何千人もの開発者が Linux カーネルで数百万行ものコードを監視しています。つまり、脆弱性への攻撃が問題となる前に欠陥が発見され、修正プログラムが作成されます。エキスパートで構成される Red Hat の専任チームは、バグ修正プログラムを検証し、アプリケーションを中断させずにパッチをデプロイしています。数年前には、メルトダウンとスペクターへの対処にも貢献しています。

Red Hat Enterprise Linux は単なる OS ではありません。それを使うことで Red Hat の広範なハードウェア、ソフトウェア、およびクラウドパートナーのエコシステムも利用可能になり、24 時間年中無休のサポートも付帯します。

Red Hat Enterprise Linux の各バージョンは、あらゆるエンタープライズ向けに設計され、将来実現する機能の基盤となります。コンテナから自動化、さらには人工知能まで、Red Hat Enterprise Linux はイノベーターのために作られ、開発者のために設計され、運用のために工夫されています。

最新の Linux リリースである Red Hat Enterprise Linux 8 は、システムを連携させて先進テクノロジーへと導きます。

Red Hat Enterprise Linux のインストール、移行、アップグレードといった最初のステップから最終的に複数のクラウドにデプロイする段階まで、Red Hat は役立つツールを提供しています。 

現在 CentOS Linux を使用している場合、または Ubuntu、Debian、Fedora など、別の Linux ディストリビューションを使用している場合は、移行ツールを使用して簡単に開始できます。たとえば、Convert2RHEL コマンドライン・ユーティリティを使用して、CentOS Linux® または Oracle Linux ディストリビューションから、Red Hat Enterprise Linux 7 または Red Hat Enterprise Linux 8 に変換することができます。Convert2RHEL は、元の Linux ディストリビューションの OS パッケージを自動的に識別して Red Hat Enterprise Linux の同等のパッケージに置き換えます。Convert2RHEL は公式にサポートされているので、変換のバリエーションに起因する問題のトラブルシューティングを利用できます。

ハイブリッドクラウド環境向けの最新のコンテンツとセキュリティアップデートを使用して、カスタマイズされた RHEL オペレーティングシステム・イメージをアセンブルするプロセスを単純化および最適化しましょう。クラウドにデプロイする準備ができたらその詳細を処理できる Red Hat Enterprise Linux イメージビルダーを使用して、最適化されたオペレーティングシステム・イメージを作成できます。

Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションを利用すると、重要なアプリケーションを保守できます。ライフサイクルは 10 年間で、サポート付きメジャーバージョンからデプロイ対象を選択でき、各マイナーアップデートでアプリケーションの安定性を確実に維持できます。

受賞歴のある Red Hat カスタマーポータル、Red Hat のエキスパート・サポート・チーム、およびグローバルなオープンソース・コミュニティから、支援やイノベーションへ継続的にアクセスできます。

Red Hat は、大規模なオープンソース・コミュニティにおいて、Linux カーネルと関連テクノロジーの有力な貢献者として当初からその役割を果たしています。これは、プロプライエタリーで変更が難しい従来のオペレーティングシステム (Unix、Microsoft Windows、MacOS) とは大きく異なります。Red Hat のエンジニアは、機能、信頼性、セキュリティの強化を行うことで、ユーザーのユースケースやワークロードを問わず、インフラストラクチャの安定したパフォーマンスの実現を支援します。

Red Hat では Red Hat 製品を社内で使用して、イノベーションの迅速化と、アジャイルで応答性に優れた運用環境を達成しています。

Red Hat なら、コミュニティ主導のアップストリーム・イノベーションをはじめとするエンタープライズ向けオープンソースのメリットを享受し、オープンソース・テクノロジーを安全に使用できるように組織を支援するエンタープライズクラスのサポートを受けることができます。

Red Hat Enterprise Linux などのオープンソース・テクノロジーを採用すると、このようなテクノロジーの構築を支援する Red Hat のオープンソース開発モデル原則を利用できるようになります。

Red Hat Enterprise Linux 環境が最適な動作を続けられるように、サブスクリプションには Red Hat Insights が含まれています。Insights は、環境 (基盤となるサーバーと SAP や Microsoft SQL Server (MSSQL) などのアプリケーションを含む) を分析する SaaS (Software-as-a-Service) オファリングであり、セキュリティ、コンプライアンス、可用性、安定性に影響を与える可能性のあるセキュリティの脅威、パフォーマンスのボトルネック、および構成ミスを IT チームがプロアクティブに特定して修正するのを助けます。サブスクリプションは、Red Hat Smart ManagementRed Hat Ansible® Automation Platform などのサブスクリプション・アドオンをサポートしています。

今日の複雑なインフラストラクチャ環境は、物理、仮想、クラウドのデプロイメントが組み合わされて構築されているため、柔軟に選択できる購入モデルが必要です。Red Hat Enterprise Linux Server サブスクリプション・モデルでは、購入の基盤となるサブスクリプションの選択、購入を効率化するためのサブスクリプションのスタッキング、変化する要件に対応するための物理から仮想やクラウド、またはその逆方向へのサブスクリプションの移行が可能です。

サブスクリプションの可搬性により、別の観点での柔軟性が増します。Red Hat に連絡して利用条件を調整しなくても、2 ソケットの物理サブスクリプションを、仮想インスタンス 2 つのサブスクリプションに転用できます。物理と仮想のデプロイメント間でサブスクリプションを移行する機能は、Red Hat Enterprise Linux Server とそのアドオンに適用されます。

関連資料

記事

Linux とは

Linux は、OS の基本コンポーネントであるカーネルと、そこにバンドルするツール、アプリケーション、サービスで構成されるオープンソースのオペレーティングシステムです。

記事

SELinux とは

SELinux (Security-Enhanced Linux) は、管理者がシステムにアクセスできるユーザーをより詳細に制御できるようにする Linux® システム用のセキュリティ・アーキテクチャです。

記事

Linux カーネルとは

Linux カーネルとは、Linux オペレーティングシステム (OS) の主要コンポーネントで、コンピュータのハードウェアとプロセスとの間のコアインタフェースです。

Linux の詳細はこちら

製品

Red Hat Enterprise Linux

新しいアプリケーションの展開、環境の仮想化、より安全なハイブリッドクラウドの作成などに適した汎用性を誇る、安定性に優れた実績ある基盤です。

リソース

アナリスト資料

SAP ランドスケープにとって、移行で考慮すべき点は Linux だけではありません

アナリスト資料

IDC:Red Hat Enterprise Linux の経済効果

Illustration - mail

その他の関連コンテンツ

無料のニュースレター「Red Hat Shares」(英語) では、注目の IT トピックスに関するコンテンツをお届けしています。

Red Hat logo LinkedInYouTubeFacebookTwitter

製品

ツール

試す、買う、売る

コミュニケーション

Red Hat について

エンタープライズ・オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードする Red Hat は、Linux、クラウド、コンテナ、Kubernetes などのテクノロジーを提供しています。Red Hat は強化されたソリューションを提供し、コアデータセンターからネットワークエッジまで、企業が複数のプラットフォームおよび環境間で容易に運用できるようにしています。

ニュースレター「Red Hat Shares」を購読する

今すぐ登録する

言語を選択してください

© 2022 Red Hat, Inc. Red Hat Summit