情報

CentOS Linux 7 は、2024 年 6 月 30 日にサポート終了 (EOL) となります。Red Hat Enterprise Linux for Third Party Linux Migration を始めとする、移行を容易にする Red Hat の各種オプションをご覧ください。

赤と白で描かれたクラウドの中のコンテナのイラスト
Jump to section

Convert2RHEL とは

URL をコピー

Convert2RHEL とは、CentOS Linux や Oracle Linux などの Linux OS を Red Hat Enterprise Linux (RHEL) に変換し、移行を容易にするコマンドライン・ユーティリティです。

Convert2RHEL ツールを使用して、CentOS Linux®、Oracle Linux、Alma Linux、または Rocky Linux から Red Hat® Enterprise Linux に移行しましょう。

CentOS Linux からの移行に関する質問に関する質問に回答することで、CentOS Linux の移行オプションを評価でき、同時に Red Hat Enterprise Linux へのスムーズな移行のための個別ガイダンスを得ることができます。

convert2RHEL は、システムの準備状況を分析し、RPM ベースの Linux オペレーティングシステム (OS) を Red Hat Enterprise Linux に変換するコマンドライン・ユーティリティです。これは、すべてのワークロードを手動で再デプロイするのではなく、Red Hat Enterprise Linux で標準化するための自動化された方法です。

Convert2RHEL は、既存の OS のカスタマイズ、構成、設定を変換中も維持することで、コストのかかる再デプロイメントプロジェクトの必要性を最小限に抑え、管理者の負担を軽減します。 

Convert2RHEL についてのドキュメントを読む

convert2RHEL を使用する理由

CentOS Project は 2024 年 6 月 30 日に CentOS Linux® 7 のアップデートとリリースを打ち切る予定です。つまり、現在 CentOS Linux を使用している場合は、引き続きセキュリティパッチとアップデートを受け取るために移行パスを選択する必要があります。

CentOS の移行についての詳細はこちら

 

Convert2RHEL が Red Hat の Third Party Linux Migration 特別オファーとどのように連携するのかをご覧ください (動画の再生時間:5:22)
 

CentOS Linux 7 から Red Hat Enterprise Linux への移行は、Red Hat Insights を使用してより簡単に実行できるようになりました。

  1. CentOS Linux 7 システムを登録して、Insights のインベントリーリストに表示
  2. 選択した CentOS Linux 7 システムの変換前分析を開始して、Red Hat Enterprise Linux への変換を難しくしたり阻害したりする可能性のある問題に対処するための修復アドバイスを取得 
  3. 変換前分析で特定された問題を解決した後、Red Hat Insights から直接 Red Hat Enterprise Linux への変換を完了

詳細については、移行ガイダンスをご覧ください。

RPM ベースの他の Linux ディストリビューションからの移行を希望する組織や、convert2RHEL コマンドラインツールを使用して Red Hat Enterprise Linux への移行を希望する組織については、以下の手順と次のステップを参照してください。 

変換のパスを特定する

CentOS Linux 7 から Red Hat Enterprise Linux に移行するにあたり、まず Red Hat Enterprise Linux 7 に変換するケースが多いでしょう。システムを Red Hat Enterprise Linux 7 に移行したら、Red Hat Enterprise Linux 8 にアップグレード (インプレースで実行可能) できます。あるいは、Extended Life-cycle Support (ELS) サブスクリプションを検討します。詳細は Convert2RHEL の使用に関するチートシートを参照してください。

サポート対象の変換パスには以下があります。

  • CentOS Linux 8 から Red Hat Enterprise Linux 8 へ
  • Oracle Linux 7 から Red Hat Enterprise Linux 7 へ
  • Oracle Linux 8 から Red Hat Enterprise Linux 8 へ
  • Alma Linux 8 から Red Hat Enterprise Linux 8 へ
  • Rocky Linux 8 から Red Hat Enterprise Linux 8 へ
     

CentOS Linux 6 や Oracle Linux 6 から Red Hat Enterprise Linux への変換は、Red Hat Enterprise Linux 6 のライフサイクルのメンテナンスフェーズが終了しているためサポート対象外となりますが、こちらのアーティクルで、RHEL 派生 Linux ディストリビューションから RHEL へのサポート対象外の変換を実行する方法をご確認ください。

パスをカスタマイズして CentOS Linux からの変換を単純化

変換の準備

RPM ベースの Linux ディストリビューションから RHEL への変換についてのドキュメントで、ガイダンス、追加機能、既知の制限に関する情報を確認してください。お使いのシステムが Red Hat Enterprise Linux への変換に対応していることを確認した上で、バックアップをとってください。同ドキュメントにはシステムのアプリケーションやデータを評価する方法がステップごとに記載されています。参照することで、ワークロード、構成、アプリケーションの潜在的な問題を特定し、問題を積極的に修正することができます。リスクを最小限に抑え、システムを最適化するために、移行前に互換性の問題や階層化アプリケーションを特定してください。 

この段階で課題や複雑な問題が発生した場合は、Red Hat コンサルティングにご相談ください。Red Hat の専門家がより複雑なアプリケーションやワークロードの変換、プロセスの標準化、ワークロードの分析、各種移行の自動化などをサポートし、OS の変換に伴うリスクを最小限に抑えます。

変換前分析レポートの確認

使用中のシステムを Red Hat Enterprise Linux に変換できるかどうかを評価するには、変換前分析を実行します。これにより、潜在的な問題を要約し、推奨される解決策を提案するレポートが生成されます。このレポートは、Red Hat Enterprise Linux への変換を進めることが可能かどうか、または進めることが望ましいかどうかを判断するのにも役立ちます。

変換

既存の OS をバックアップした後、こちらのドキュメントに沿って convert2RHEL ユーティリティを実行します。convert2RHEL は、元の Linux ディストリビューションの OS パッケージを自動的に識別して Red Hat Enterprise Linux の同等のパッケージに置き換えます。convert2RHEL は公式にサポートされているので、変換のバリエーションに起因する問題のトラブルシューティングを利用できます。

変換が成功したら、システムを再起動して Red Hat Enterprise Linux として起動してください。変換後にサードパーティ製 RPM の再インストールやシステムサービスの再設定が必要になる場合があります。 

アップグレード

convert2RHEL で Red Hat Enterprise Linux 7 に変換した場合は、サポート状況を評価してください。Red Hat Enterprise Linux for Third Party Linux Migration オファーを利用した場合、または Extended Life-cycle Support (ELS) アドオンサブスクリプションを購入した場合は、新しいバージョンにアップグレードするための時間が追加されます。これらの延長サポートオプションのいずれも利用しない場合は、2024 年 6 月 30 日のバージョン 7 のメンテナンス終了前に Red Hat Enterprise Linux の新しいサポート対象バージョンにアップグレードすることをお勧めします。 

ユーザー機能を拡張するもう 1 つのツールは、Red Hat 開発者サブスクリプション (チーム用) です。これを利用することで、プロダクション環境で Red Hat テクノロジーをすでに実行している Red Hat のお客様は、追加費用なしで Red Hat Enterprise Linux をデプロイできます。Red Hat Enterprise Linux を使用すると、開発者はより信頼性が高くセキュリティを重視したオペレーティングシステムに簡単にアクセスできるため、組織はプロダクション・ワークロードに使用するのと同じ革新的で信頼性の高いプラットフォーム上でアプリケーションを構築してテストできるようになります。

オペレーティングシステムをコスト効率の良い方法で統一する方法について読む

運用開始

変換とアップグレードが完了すると、Red Hat Enterprise Linux の最新のアップデートに加え、Red Hat Enterprise Linux が備えるパフォーマンス、サポート、管理、およびセキュリティ機能のすべてにアクセスできるようになります。

変換のプロセスに関する詳しい注意事項については、技術ドキュメントRed Hat ナレッジベースを参照してください。

関連資料

記事

Red Hat Enterprise Linux によるエッジコンピューティング

Red Hat Enterprise Linux は、ハイブリッドクラウド・インフラストラクチャをエッジ、つまり世界中の数十万のノードにまで拡張します。

記事

Red Hat Enterprise Linux のセキュリティ

Red Hat Enterprise Linux は世界有数のオープンソース Linux プラットフォームです。リスクの緩和、セキュリティ構成とポリシーの適用、コンプライアンス戦略​の最適化の実現を支援します。

記事

Red Hat の Linux を選ぶ理由

ワークロードを環境間で移動させてスケーリングできる必要があります。Red Hat Enterprise Linux はハイブリッドクラウド・デプロイメントに対する一貫性のある安定した基盤です。

Red Hat Enterprise Linux の詳細はこちら