ユースケース

Red Hat Enterprise Linux によるハイブリッドクラウド

Jump to section

概要

パブリッククラウド・インフラストラクチャには、料金設定が柔軟である、進化した最新のハードウェアを活用できる、インフラストラクチャを所有する必要もゼロから構築する必要もなくワークロードを実行できるなど、多くの利点があります。パブリッククラウドで最も多くデプロイされている商用 Linux® ディストリビューションとして、Red Hat® Enterprise Linux®Microsoft AzureAWSGoogle CloudIBM Cloud、Alibaba Cloud などのあらゆる主要なクラウドプロバイダーやクラウドマーケットプレイス、数百のパブリッククラウド・プロバイダーおよびサービスプロバイダーに加えて、その他の種類の数千ものソフトウェアおよびハードウェアで認定されています。

Red Hat はクラウドプロバイダーと連携して、Red Hat Enterprise Linux のユーザーエクスペリエンスを最適化し、お客様のクラウドでのソフトウェアの購入方法や管理方法に合わせて複数のオプションを提供します。お客様ご自身のサブスクリプションを利用することも、従量課金制による支払いも、クラウドプロバイダーとの確約利用料を使用することも可能です。また、Red Hat と直接連携して、特定のニーズに合わせたカスタムプランを構築することもできます。

RHEL in the Cloud - Red Hat Enterprise Linux クラウド体験の概要。動画の再生時間:1:55

課題

ハイブリッド環境の維持が必要になると、IT 全体の複雑さが増し、既存のアプリケーションをクラウドに移行する場合に次のような特有の課題が生じます。

サブスクリプションの管理が困難: クラウドに移行すると、調達、追跡、経理、および総合的なインフラストラクチャ管理がさらに複雑になります。

デプロイメント環境に一貫性がない: 新しい環境では移行の妨げになるものがさらに増加し、デプロイメント全体の複雑さが増します。

開発者エクスペリエンスの摩擦:開発者は、すばやく作業を開始するために、信頼性の高いオペレーティングシステム (OS) イメージのほか、使い慣れたツールチェーン、ライブラリ、コンテナツール、およびランタイムに迅速かつ容易にアクセスできることを求めます。

ソリューション

Red Hat Enterprise Linux は、IT 全体の複雑さを軽減し、さまざまなクラウド環境へのアプリケーションの移行をサポートするために必要な共通の基盤となるように設計されており、以下のことをサポートします。

シンプルで摩擦のない管理:ベストプラクティスとエキスパートによるガイダンスを含めたツールを提供します。 

ハイブリッドクラウド全体で一貫したデプロイメント:異なる環境ごとに IT チームがさらに新たなスキルを構築する必要はありません。

開発ライフサイクルへのシームレスな統合:開発チームのすべてのメンバーが必要とするものにすばやくアクセスできるようになり、イノベーションを封じることなく、プロダクションへの道のりをシンプルにすることができます。

特長とメリット

クラウド向けに開発

Red Hat Enterprise Linux は信頼できる OS イメージにクラウド上で容易にアクセスできるほか、開発から本番までのパスを効率化するために必要なツールチェーン、ライブラリ、コンテナツール、ランタイムを提供します。アップデートはアプリケーション・ストリームを通じて配信されるので、開発者と IT アーキテクトは最新のツール、ランタイム言語、データベースを試すことができ、テストやデプロイが行われる同じプラットフォーム上で開発された前のバージョンにアクセスしてプロダクション・アプリケーションをメンテナンスすることもできます。 

Red Hat は AWSMicrosoft AzureOracle Cloud Infrastructure (OCI) などの主要クラウドプロバイダーとコラボレーションしているため、お客様は Red Hat Enterprise Linux の強固な基盤上で将来を見据えたデプロイメントをサポートできます。

Red Hat Enterprise Linux のコンテナツール

Red Hat Enterprise Linux は、クラウド移行とアプリケーション開発をサポートする最新のコンテナ・テクノロジーを、チームが共同で導入しようとする際に役立ちます。PodmanBuildahSkopeo などの統合されたコンテナ開発ツールとセキュリティが強化されたベースイメージを提供する Red Hat Enterprise Linux は、どこをデプロイ先として選んでもコンテナ導入を促進するための、一貫性がありながら柔軟なホストとなります。認定言語ランタイムコンテナは、増え続けるユースケースに対応して進化する開発のニーズに対処します。

環境に対する可視性

IT インフラストラクチャ全体を Red Hat Enterprise Linux で標準化すると、セキュリティが向上し、運用上の負担が軽減され、コストが低減します。Red Hat Enterprise Linux は、自動化された反復可能なワークフローと直感的な Web ベースの管理による効率化された OS 管理と、インフラストラクチャのタイプにかかわらず一貫した OS 管理をもたらします。

Red Hat Enterprise Linux 向けの Image Builder

Image builder は一連のコマンドライン・インタフェース (CLI) プラグインで、カスタムイメージを構成および作成し、クラウドにデプロイする作業を支援します。push-to-cloud 機能により、カスタムイメージをクラウドプロバイダーのインベントリーに直接「プッシュ」できます。これによって、分断された環境によくあるプロビジョニングと移行の問題が解決され、運用チームがクラウドネイティブ・インフラストラクチャを使用してプロダクション環境の規模に対応しやすくなります。

Red Hat Enterprise Linux 向け Red Hat Insights

Red Hat Enterprise Linux 向け Red Hat Insights のサブスクリプションは、ハイブリッドクラウド環境上でデプロイされたサブスクリプションの一元化されたビューを提供し、管理者や調達部門が容量に対する使用量のレポートを確認できます。Insights では、ハイパーバイザー・トポロジーを確認することもでき、どのゲストが何をどこで実行しているかがわかります。

Icon-Red_Hat-Media_and_documents-Quotemark_Open-B-Red-RGB RHEL により、すべての仮想化されたハイブリッドクラウドおよびマルチクラウド環境に対して、既存のアプリケーションや先進的ワークロードをデプロイできます。利用できる最も安定した OS の 1 つです。

UsmanMalik

職員 501 - 1,000 名の政府機関の理事

Red Hat Enterprise Linux によるハイブリッドクラウドの詳細

e ブック

Linux でイノベーションと運用効率を拡大する

この e ブックでは、Red Hat Enterprise Linux がお客様の組織にもたらす価値と、Red Hat のお客様に期待していただけるエクスペリエンスについて紹介します。

e ブック

誰でもわかるハイブリッドクラウド戦略入門

クラウドに飛びつくのは簡単ですが、適切に導入するにはコツが要ります。クラウド・コンピューティングに対する入念に考え抜かれた詳細なアプローチ、言い換えれば戦略が重要です。Red Hat とインテルがお届けするこの e ブックで、詳細をご確認ください。

e ブック

ハイブリッドクラウドとコンテナで IT をモダナイズし、ビジネスの俊敏性を強化

Red Hat® オープンソース・テクノロジーは、オンサイトとクラウドの各インフラストラクチャで、一貫してワークロードを実行するために、統合された、エンタープライズ級のハイブリッドソリューションを提供します。

e ブック

ハイブリッドクラウドのセキュリティの強化:クラウドネイティブのセキュリティアプローチでビジネスを保護

オンプレミス・アーキテクチャとクラウド・アーキテクチャの違いを考慮して手法を適応させることにより、セキュリティに重点を置いたハイブリッドクラウドをデプロイします。

Red Hat Enterprise Linux の使用を開始する