アカウント ログイン
Jump to section

Red Hat Enterprise Linux によるハイブリッドクラウド

URL をコピー

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) はハイブリッドクラウド環境に一貫した基盤を提供するため、IT 全体の複雑さを軽減し、あらゆる環境へのアプリケーションの移行を容易にします。

まず、ハイブリッドクラウド環境を構成するパブリッククラウド・インフラストラクチャには、料金設定が柔軟である、進化した最新のハードウェアを活用できる、インフラストラクチャを所有する必要もゼロから構築する必要もなくワークロードを実行できるなど、多くの利点があります。しかし、組織ではプライベートクラウドやオンプレミス・インフラストラクチャのような他の環境の維持が必要な場合があります。また、将来、組織の IT を単一のパブリッククラウドプロバイダーに委ねるのではなく、複数のパブリッククラウドに展開する柔軟性が必要になる可能性もあるでしょう。

このようにハイブリッド環境の維持が必要になると、IT 全体の複雑さが増し、既存のアプリケーションをクラウドに移行する場合に特有の課題が生じます。具体的には、多くの組織は次のようなハイブリッドクラウドの課題を抱えています。

  • サブスクリプションの管理が困難:クラウドに移行すると、調達、追跡、経理、および総合的なインフラストラクチャ管理がさらに複雑になります。
  • デプロイメント環境に一貫性がない:新しい環境では移行の妨げになるものがさらに増加し、デプロイメント全体の複雑さが増します。
  • 開発者エクスペリエンスの摩擦:開発者は、すばやく作業を開始するために、信頼性の高いオペレーティングシステム (OS) イメージのほか、使い慣れたツールチェーン、ライブラリ、コンテナツール、およびランタイムに迅速かつ容易にアクセスできることを求めます。

パブリッククラウドで最も多くデプロイされている商用 Linux ディストリビューションとして、Red Hat Enterprise Linux は Microsoft AzureAWS、Google Cloud、IBM Cloud、Alibaba Cloud などのあらゆる主要なクラウドプロバイダーや、数百のパブリッククラウド・プロバイダーおよびサービスプロバイダーに加えて、その他の種類の数千ものソフトウェアおよびハードウェアで認定されています。

Red Hat はクラウドプロバイダーと連携して、Red Hat Enterprise Linux のユーザーエクスペリエンスを最適化し、お客様のクラウドでのソフトウェアの購入方法や管理方法に合わせて複数のオプションを提供します。お客様ご自身のサブスクリプションを利用することも、従量課金制による支払いも、クラウドプロバイダーとの契約に基づく支払いも可能です。また、Red Hat と直接連携して、特定のニーズに合わせたカスタムプランを構築することもできます。

Red Hat Enterprise Linux は、IT 全体の複雑さを軽減し、さまざまなクラウド環境へのアプリケーションの移行をサポートするために必要な共通の基盤となるように設計されています。より具体的には、Red Hat Enterprise Linux は次のことを可能にします。

  • シンプルで摩擦のない管理:ベストプラクティスとエキスパートによるガイダンスも含めたツールを提供します。
  • ハイブリッドクラウド全体で一貫したデプロイメント:異なる環境ごとに IT チームがさらに新たなスキルを構築する必要はありません。
  • 開発ライフサイクルへのシームレスな統合:開発チームのすべてのメンバーが必要とするものにすばやくアクセスできるようになり、イノベーションを封じることなく、プロダクションへの道のりをシンプルにすることができます。
      

開発者にとって、Red Hat Enterprise Linux は信頼できる OS イメージにクラウド上ですばやく容易にアクセスできるほか、パブリック、プライベート、マルチ、ハイブリッドの各クラウドで、開発から本番までのパスを効率化するために必要なツールチェーン、ライブラリ、コンテナツール、ランタイムを提供します。

アップデートはアプリケーション・ストリームを通じて配信されるので、開発者と IT アーキテクトは新たにサポートされるようになったバージョンの最新の開発者ツール、ランタイム言語、データベースを試して品質を確認でき、前のバージョンにアクセスしてプロダクション・アプリケーションをメンテナンスすることもできます。 

Red Hat Enterprise Linux で開発を行うことは、テストとデプロイが行われるプラットフォームと同じ場所でアプリケーションの開発が行われることを意味します。

Red Hat Enterprise Linux は、クラウド移行とアプリケーション開発をサポートする最新のコンテナ・テクノロジーを、開発チームと運用チームが共同で導入しようとする際に役立ちます。 

統合されたコンテナ開発ツールとセキュリティが強化されたベースイメージを提供する Red Hat Enterprise Linux は、どこをデプロイ先として選んでもコンテナ導入を促進するために必要な、一貫性がありながら柔軟なホストとなります。

認定言語ランタイムコンテナは、開発者のニーズに応え、増え続けるユースケースに対応して進化する開発のニーズに対処します。

IT インフラストラクチャ全体を Red Hat Enterprise Linux で標準化すると、セキュリティが向上し、運用上の負担が軽減され、コストが低減します。

組み込み機能と統合ツールにより、Red Hat Enterprise Linux は環境全体の管理と可視性を単純化します。

次のようなメリットが得られます。

  • 自動化された繰り返し可能なワークフローによる、効率化されたオペレーティングシステム管理
  • ニーズに合わせて拡張できる、直感的で堅固な Web ベース管理
  • インフラストラクチャのタイプにかかわらず一貫したオペレーティングシステム管理

Image Builder は一連のコマンドライン・インタフェース (CLI) プラグインで、カスタムシステムイメージを構成および作成し、クラウドにデプロイする作業を支援します。 

Image Builder の push-to-cloud 機能により、カスタムイメージをクラウドプロバイダーのインベントリーに直接「プッシュ」できます。

これによって、分断された環境によくあるプロビジョニングと移行の問題が解決され、運用チームがクラウドネイティブ・インフラストラクチャを使用してプロダクション環境の規模に対応しやすくなります。

Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションに含まれる Red Hat Insights は、以前は Subscription Watch と呼ばれていたもので、ハイブリッドクラウド環境上でデプロイされたサブスクリプションの一元化されたビューを提供し、管理者や調達部門が容量に対する使用量のレポートを確認できます。

サブスクリプションでは、ハイパーバイザー・トポロジーを確認することもでき、どのゲストが何をどこで実行しているかがわかります。

関連資料

記事

Red Hat Enterprise Linux によるエッジコンピューティング

世界中の軽量ハードウェアに小型のサーバールームをデプロイするには、多くの課題が伴います。Red Hat Enterprise Linux は、データセンターでエンタープライズ・ワークロードを実行し、エッジでモデリングと分析を行うのに十分な一貫性と柔軟性を備えています。

記事

Linux コンテナとは

Linux コンテナとは、システムの他の部分とは分離された一連のプロセスです。これらのプロセスを実行するために必要なファイルはすべて個別のイメージから提供されます。つまり、Linux コンテナは、開発から本番環境へ移行するまで可搬性と一貫性を維持します。

トピック

Linux について理解する

IT システムとワークロードが複雑化するにつれて、基礎となるアーキテクチャとオペレーティングシステムは、信頼性が高く、スケーラブルで、高パフォーマンスであることが求められます。Linux は、すべての IT ワークロードおよびデプロイメントにとっての安定した基盤です。

エンタープライズ向け Linux プラットフォームを使い始める

Red Hat Enterprise Linux

新しいアプリケーション、仮想マシン、ハイブリッドクラウドの基盤。

Illustration - mail

その他の関連コンテンツ

無料のニュースレター「Red Hat Shares」(英語) では、注目の IT トピックスに関するコンテンツをお届けしています。

Red Hat logo LinkedInYouTubeFacebookTwitter

製品

ツール

試用、購入、販売

コミュニケーション

Red Hat について

エンタープライズ・オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードする Red Hat は、Linux、クラウド、コンテナ、Kubernetes などのテクノロジーを提供しています。Red Hat は強化されたソリューションを提供し、コアデータセンターからネットワークエッジまで、企業が複数のプラットフォームおよび環境間で容易に運用できるようにしています。

ニュースレター「Red Hat Shares」を購読する

今すぐ登録する

言語を選択してください

© 2022 Red Hat, Inc.