トピック

クラウドネイティブ・アプリケーションについて理解する

アプリケーション全体をクラウド上でホストしている場合でも、レガシー IT の一部を移行している場合でも、新しいツールを追加することは、クラウドネイティブ・アプリケーションに関わる取り組みのほんの一部に過ぎません。クラウドネイティブ・アプリケーションの包括的な開発戦略には、急速に変化する市場での競争を助ける人材、プロセス、そしてツールが関係しています。

クラウドネイティブ・アプリケーションとは

アプリケーションが「クラウドネイティブ」であるなら、それは分散システム環境を活用するように設計されています。分散システム内のアプリケーションは、従来型データセンター内のアプリケーションとは異なり、ネットワーク化されたサーバーのグループ (クラスタ) 内に存在するリソースを使用します。組織は、アプリケーションのスケーラビリティとフォールトトレランスを向上させるために分散システム環境を採用しますが、これらの利点を活かすには新たな形態のアプリケーション開発が必要です。

そこで登場するのが、クラウドネイティブ開発です。クラウドネイティブ開発とは、分散システム環境用に最適化されたアプリケーション構築のアプローチです。この手法では、インフラストラクチャの効率性の向上、弾力性の向上、サービス提供の迅速化、コードの再利用の増加を通して、企業におけるスケーリングを支援します。

クラウドネイティブ・アプリケーションの構築に必要なもの

まずは組織内の人材とプロセスの変革から着手しましょう。つまり、DevOps のプラクティスを採用し、開発チームと運用チームが共通の目的のもと、定期的にフィードバックを行う体制を作ることで、2 つのチームを連携させます。DevOps のアプローチでは、大規模な 1 つのリリースの完成を待つのではなく、マイクロサービスのような疎結合のコレクションとしてアプリケーションをリリースする方が容易です。マイクロサービスベースのアプリケーションを構築する場合、開発サイクルの短縮が可能となる一方で、各部分が異なる開発段階にある際に、アーキテクチャが複雑化する場合があります。この複雑さを制御するため、適切にモデル化され管理されているアプリケーション・プログラミング・インタフェース (API) により、マイクロサービス同士を接続することができます。これにより、開発プロセスが妨げとなることを避けられます。アーキテクチャの拡大に応じて、サービスのデプロイにコンテナを使用することで、スケーリングの迅速化とダウンタイムの回避を支援できます。

DevOps

DevOps とは、ビジネス価値や対応スピードの向上を目的とした、カルチャー、自動化、プラットフォームの設計に対するアプローチです。

DevOps について理解する

マイクロサービス

マイクロサービス・アーキテクチャは、アプリケーションを互いから独立した最小単位のコンポーネントへと分割します。

マイクロサービスについて

API

[次のトピックページ「API について」のヒーローバンドのコピー]

API について

コンテナ

コンテナを使用すると、アプリケーションをランタイム環境全体とともにパッケージ化して分離することができるため、全ての機能を維持しながら異なる環境間でアプリケーションを簡単に移行できます。

コンテナについて理解する

クラウドネイティブ・アプリケーションで高速化されるもの

クラウドネイティブ・アプリケーションを構築するということは、チームのコラボレーションの仕方を変え、チームをサポートするツールとプロセスを追加するということです。これらの変化により、分散システム環境のアプリケーションの構築が容易になるだけでなく、ビジネスを加速させるために必要なものをチームは得ることができます。

デリバリー

クラウドネイティブ環境を活用すれば、アプリケーションをより迅速に顧客へと届けられます。

変化

クラウドネイティブ・アプリケーションなら、変化する市場や顧客のニーズに対してより迅速に適応できます。

開発

新たなビジネスチャンスを発見した場合、早急に新しい機能やアプリケーションが必要となります。アジャイルなチームならば、時間的な制約にも対応しながらクラウドネイティブ・アプリケーションを開発できます。

イノベーション

イノベーションは、組織全体で起こす必要があります。クラウドネイティブ開発モデルに切り替えることで、チームはイノベーションのための作業に専念できるようになります。

Red Hat を選ぶ理由

急速に変化する市場への対応を目的としたクラウドネイティブ開発戦略を成功させるためには、人材、プロセス、テクノロジーの連携方法を根本的に変える必要があります。

オープンカルチャーを基盤とする Red Hat は、ビジネスの変革をどのように支援すべきかを理解しています。©Red Hat® Open Innovation Labs では、お客様のチームが DevOps、アジャイル・ワークフロー、革新的オープンソース・テクノロジーを実際に体験することができます。

Red Hat はさらに、当社のすべてのクラウドネイティブ・テクノロジーのコードと改良をアップストリーム・コミュニティに還元し、その過程でも進歩を共有しています。コミュニティとのコラボレーションは、ただのコード開発にとどまりません。コラボレーションでは、自由に質問をしたり、改善策を提案したりすることができます。それこそがオープンソースのあるべき姿 (オープンソース・ウェイ) であり、オープンな組織の原動力となるものです。Red Hat が 20 年以上に渡って信頼されるエンタープライズ・インフラストラクチャ・プロバイダーであり続けている理由が、ここにあります。

多くの企業は、マイクロサービス・アーキテクチャや、より先進的な開発/運用ツールなどのアプローチを使用して、リリースサイクルの短縮と信頼性の向上を実現する必要があることを認識しています。従来、最も大きな課題の 1 つとなっていたのは、レガシー環境の変化に必要なロードマップでした。OpenShift Application Runtimes は、このような変革を単純化し、クラウドネイティブ開発を開始する上での労力とリスクを軽減します。

クラウドネイティブ・アプリケーションに必要な基盤

クラウド・コンピューティング

コンテナと Kubernetes のプラットフォームにより、クラウドネイティブ・アプリケーションのデプロイを迅速化します。

クラウド・コンピューティング

クラウドネイティブ・アプリケーションの開発に適したアプリケーション・ランタイムとフレームワークを提供します。

クラウドネイティブ・アプリケーションについてさらに詳しく知る