トピック

API について

Web やモバイルにおけるビジネスの成長は、製品やサービスをさまざまなソフトウェア・プログラムと通信、統合、接続する能力に左右されます。これらを実現させるための鍵は、柔軟性、シンプルさ、安全性、および制御性を最大限備えたアプリケーション・プログラミング・インタフェース (API) にあります。

API とは

アプリケーション・プログラミング・インタフェース (API) は、アプリケーション・ソフトウェアおよびサービスにアクセスするための一連のツール、定義、およびプロトコルです。これにより、新しい接続インフラストラクチャを常に構築することなく、製品やサービスが他の製品やサービスと通信できるようになります。

API は、プライベート (内部使用のみ)、パートナー型 (特定のパートナーと共有して収益源を追加)、パブリック (サードパーティが API と相互作用するアプリケーションを開発してイノベーションを促進) に分けられます。API の共有には、以下のようなメリットがあります。

  • 新しい収益チャネルの創出、または既存の収益チャネルの拡張
  • ブランドのリーチの拡大
  • 外部開発とコラボレーションを通じた、オープンなイノベーションや効率化の促進

RESTful API および SOAP とは

Simple Object Access Protocol (SOAP) と Representational State Transfer (REST) はいずれも、API の設計を単純化し、実装における API の有効性を高めるものです。Web API が普及するなか、SOAP はメッセージ・フォーマットとリクエストを標準化する目的で開発されました。SOAP は、異なる環境や異なる言語で記述されたアプリケーションの通信を容易にするプロトコル仕様です。一方、REST はアーキテクチャのスタイルです。REST は、規定のプロトコルより容易に準拠できる 6 つの指針に依存しています。そのため、RESTful API は SOAP よりも普及しています。

詳しい情報が必要ですか?

API でできること

API はインテグレーションに役立ちます。つまり、IT 組織全体でデータ、アプリケーション、デバイスを接続することによって、すべてのテクノロジー間の通信と連携を促進します。テクノロジー間で対話がなされなければ、時間と資金を浪費することになります。API は、分散インテグレーションやコンテナとともに、アジャイル・インテグレーションにおいて重要な役割を果たします。

アジャイル・インテグレーションは、小さな IT フットプリントを重視した統合プラットフォームのアーキテクチャ・アプローチであり、スケーラビリティと可用性が高く、適切に定義および管理される再利用可能なエンドポイントを備えています。Red Hat では、相互接続されたシステムの未来の姿は、チームとそのテクノロジーの連携をサポートするだけでなく、それらを促進するものであるべきだと考えています。テクノロジーが頻繁に形を変えていくなか、アジャイル・インテグレーションこそが、ビジネスの変革をサポートする最適な方法であると確信しています。

Red Hat を選ぶ理由

Red Hat は、オープンソースやオープンスタンダードを通じて、オンプレミス、クラウド、ハイブリッドのいずれの環境でも利用可能な、軽量で包括的なモジュール式 API ソリューションを提供しています。実装と管理に優れた API ソリューションがあれば、ユーザーは各自のビジネス目標に集中することができます。Red Hat の API ソリューションは、再利用性や IT のアジリティに加え、測定、監視、スケーリングを支援する管理インタフェースにフォーカスしており、自在に拡張させることができます。

あらゆるオープンソース・プロジェクトと同様に、Red Hat はアップストリーム・コードベースにコード提供や機能改良の点で貢献し、技術の進歩に寄与してきました。コミュニティとのコラボレーションは、ただのコード開発にとどまりません。コラボレーションとは、自由に質問したり機能改良を提供したりできるということです。これこそが、The Open Source Way (オープンソースウェイ) であり、オープンな組織の強みです。Red Hat が 25 年以上にわたって信頼されるエンタープライズ・インフラストラクチャ・プロバイダーであり続けている理由が、ここにあります。

API と Red Hat

プラットフォーム

オンプレミス、クラウド、そしてその中間のあらゆる環境で API を接続する分散型クラウドネイティブ・インテグレーション・プラットフォームです。

プラットフォーム

内部ユーザーおよび外部ユーザー向けに、API の共有、保護、配布、制御、収益化を容易にします。