言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

Red Hat のテクノロジー

すべての製品

製品カテゴリ

Linux プラットフォーム

あらゆる主要なハードウェアプラットフォームと、さまざまな商用およびカスタムアプリケーションをサポートする、次世代アーキテクチャの基盤です。
Red Hat® Enterprise Linux® を容易に管理するためのツールです。システムの効率的な稼働、適切なセキュリティ保護、さまざまな標準への準拠を実現します。

パブリックおよびプライベートクラウドを構築するための、セキュアで拡張性に優れたプラットフォームです。

Red Hat JBoss Middleware

高速化

Java ベースのサービスの構築、実行、管理に必要なすべてが揃った完全認定 Java EE 7 コンテナです。

大規模な Web サイトと軽量の Java Web アプリケーションに対応する単一のソリューションです。Apache Web Server と Apache Tomcat の認定実稼働環境対応バージョン、および両者間で使用される共通コネクターが含まれています。

頻繁に使用するデータに高速かつ高い信頼性をもってアクセスできるようにすることで、アプリケーションを柔軟に拡張する、インテリジェントな分散データキャッシングソリューションです。

認定された Eclipse ベースの統合開発環境 (IDE) です。リッチ Web アプリケーション、モバイル Web アプリケーション、トランザクション・エンタープライズ・アプリケーション、SOA ベースの統合アプリケーションやサービスを開発、テスト、デプロイします。

Red Hat のミドルウェア管理ソリューションの主要コンポーネントは、単一の制御ポイントからミドルウェア製品、アプリケーション、サービスを一元的にデプロイ、管理、監視できます。

仮想化

同一のインフラストラクチャにあるサーバーとデスクトップを対象とした、完全なエンタープライズ仮想化管理を行います。

クラウドコンピューティング

製品

1 つのサブスクリプションで、オープンかつプライベートな Infrastructure-as-a-Service(IaaS)クラウドの構築と管理が可能です。OpenStack® ベースの拡張性に優れたパブリッククラウドのようなインフラストラクチャを、自社の環境に合わせて容易に導入できます。
高度なキャパシティプランニングとリソース管理機能によって、仮想およびクラウドインフラストラクチャの管理性を向上させる、包括的な IaaS クラウド管理プラットフォームです。
パブリックおよびプライベートクラウドを構築するための、セキュアで拡張性に優れたプラットフォームです。
オープンでハイブリッドな PaaS(Platform-as-a-Service)です。開発者はクラウド上で迅速にアプリケーションを開発、ホスト、拡張、提供することができます。
信頼性の高い ID を確立して維持し、通信をプライベートな状態に保つための、安全で拡張性の高いフレームワークを提供するエンタープライズ・ソフトウェア・システムです。
オペレーティングシステムから独立した、ネットワークベースのレジストリで、管理者はユーザー ID とアプリケーション情報を一元的に格納できます。

ストレージ

信頼できる Red Hat ソフトウェアと x86 コモディティハードウェアを組み合わせることで、コストがかさむプロプライエタリなストレージシステムが不要になります。
パブリッククラウドまたはプライベートクラウドを導入する企業に対して、堅牢で極めて拡張性の高いブロックストレージおよびオブジェクトストレージプラットフォームを提供します。OpenStack® ユーザーの投票による人気 No.1 のストレージオプションです。

モバイル

ビジネスプロセスとアプリケーションをモバイル化することで、効率と顧客対応力を高めつつ、コストを削減できます。

管理製品

Red Hat インフラストラクチャを管理するうえで最も容易な手段であり、効率的でコンプライアンスが確保された IT 運用を実現できます。
信頼できるコンテンツリポジトリとプロセスにより、標準ベースの安全な Red Hat 環境を構築することができます。
IT プロセスを自動化して、複雑さを軽減します。Playbook を共有し、Ansible Tower を使用してジョブを代行することで、リソースを解放して一貫性とコンプライアンスを確保します。
インフラストラクチャとプロセスをコードで記述しているので、自動化をさらに進めて生産性を高めることができます。
仮想インフラストラクチャとクラウドインフラストラクチャのためのセルフサービスを利用しながら、セキュリティとコンプライアンスを維持することができます。
システムの管理ではなくサービスを有効にすることに集中できるので、クラウド環境全体に容易にサービスを提供できます。
予測分析を使用してシステムをチェックし、複雑なセキュリティやパフォーマンスの問題を修正できます。
継続的に測定、分析、対応することで、重大な問題が発生する前に解決することができます。

OpenStack® のワードマークと OpenStack のロゴは、米国とその他の国における OpenStack Foundation の登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundation の許諾の下に使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。