トピック

Linux について理解する

IT システムとワークロードが複雑化するにつれて、基礎となるアーキテクチャとオペレーティング・システムは、信頼性が高く、スケーラブルで、高パフォーマンスであることが求められます。Linux は、従来型や革新型、そしてベアメタルから仮想、クラウド、コンテナに至るまで、あらゆる IT ワークロードとデプロイメントを支える安定した基盤です。

Linux とは

Linux® は、オープンソースのオペレーティング・システム (OS) および IT インフラストラクチャ・プラットフォームです。Linux は元々、1991 年に Linus Torvalds 氏が趣味として考案し開発したものです。Linus 氏は大学在学中、Unix の原則と設計に基づいた MINIX オペレーティング・システムの代わりとなる、無料のオープンソース版を作成したいと考えました。その趣味が高じて開発されたシステムは、今や最大のユーザーベースを持つ OS、公開中のインターネット・サーバーで最も使用されている OS、そしてトップ 500 の最速スーパーコンピュータで使用されている唯一の OS となっています。

おそらく、Linux の最も優れた点はオープンソースであることです。Linux は GNU General Public License (GPL) で公開されています。つまり、誰もがこのソフトウェアを実行、学習、共有、変更できるのです。変更を加えたコードは再配布することや、販売することさえできますが、すべて同じライセンスで行う必要があります。これは、プロプライエタリー、ロックダウン、 また現状のまま変更不可で提供されるといった特徴を持つ、従来型のオペレーティング・システム (Unix や Windows など) と大きく異なる点です。

注:Linux には何が含まれ、何が含まれないかという議論は常に交わされています。この定義を明確化するために、Linux カーネルとそれに付属するツール、アプリケーション、サービスに注目しましょう。これらすべてが組み合わさって、機能性のあるオペレーティング・システムが形成され、一般的にはそれが Linux と呼ばれています。フリーソフトウェア財団は、この組み合わせを「GNU/Linux」と呼んでいます。これらのツール、アプリケーション、サービスの一部は GNU システムのコンポーネントであるためです。これらは Linux カーネルにバンドルされていたため、一般に Linux として認識されているものは、Linux カーネル単体ではなく、そのバンドル全体です。

Linux でできること

Linux は、コンテナ、クラウドネイティブ・アプリケーション、セキュリティなど、ほぼあらゆる IT 関連の取り組みの基盤として機能することができます。Linux は、Wikipedia などのナレッジシェアリング・サイトから、ニューヨーク証券取引所Android (付属ソフトウェアを含む Linux カーネルの特定用途向けディストリビューション) を搭載したモバイルデバイスに至るまで、世界最大の産業やビジネスの中核を成しています。Linux は、データセンターやクラウドのデプロイメントにおいて、可用性と信頼性にすぐれた重要ワークロードを実行するためのデファクト・スタンダードとして、長年にわたり成長を遂げてきました。そのユースケース、ディストリビューション、ターゲットシステムとデバイス、機能は、ニーズやワークロードに応じて多岐にわたります。

Microsoft では、Linux とオープンソースを別の方法で取り入れています。Linux 用 SQL Server を作成し、.NET Framework をオープンソース化することで (.NET Core/Mono)、あらゆるプラットフォームで実行できるようにしています。それにより、Linux を使用する開発者が、そのフレームワークでアプリケーションを作成することが可能になります。2025 年までに、SAP のすべてのカスタマーが、Linux 上でのみ稼動するインメモリのリレーショナル・データベース管理システムである SAP HANA に移行される予定です。2017 年の時点で、SAP 市場の 50% は Windows のカスタマーです。

クラウドに注目すると、Microsoft の Azure 上でさえ、Azure Marketplace 上のイメージの 60% 超と仮想マシンの約 3 分の 1 が Linux ベースです。一方、Amazon Web ServicesGoogle Cloud Platform は、公開中のイメージで複数の Linux ディストリビューションを提供しています。

Linux は、その信頼性と拡張性からますます多くのシステムで使用されている、未来を支えるオペレーティング・システムです。

Red Hat と Linux

Red Hat は当初、Linux のカスタム・ディストリビューションのサポートに成功し、それを「RedHat® Linux」と名付けました。Red Hat Linux の成長と信頼性から、多くの人々は「Red Hat」と「Linux」を同じ意味の言葉としてとらえるようになりました。当初より、Red Hat のソリューションとテクノロジーは、この成功を基盤として、IT スタックのほぼすべての側面が組み込まれるように構築されてきました。

Red Hat は、Red Hat Enterprise Linux という名称に変更されたこの Linux ディストリビューションをキュレート、保護、サポートしています。この変更は、Fedora Linux プロジェクトとの統合を機に、2003 年に実施されました。現在、Red Hat Enterprise Linux は、自動化クラウドコンテナ、ミドルウェア、ストレージ、アプリケーション開発、マイクロサービス仮想化、管理などのソフトウェアおよびテクノロジーをサポートし、強化しています。

Linux は、多くの Red Hat 製品の中核を支える重要な役割を果たしています。Linux は単なるサーバー用オペレーティング・システムという枠に留まらず、先進的な IT スタックの基盤となっています。

Linux の信頼性と安全性

セキュリティとは、デプロイすればそれで終わりといった類のものではありません。セキュリティは、あらゆるビジネス、あらゆるデプロイメント戦略における重要な部分となっています。

階層化で実現する最適なセキュリティ

セキュリティは機能ではありません。セキュリティとは総合的なものです。オペレーティング・システムは IT セキュリティにおいて、物理ハードウェア、そのハードウェアにアクセスするユーザー、またハードウェアにデプロイされたアプリケーションに至るまで、高レベルでの重要な役割を担っています。セキュリティを幅広く解釈すると、リスク管理やコンプライアンス、ガバナンスも含まれます。1 つの側面を保護しても、すべてが安全になるわけではなく、あらゆる部分に対応する必要があります。

Linux はモジュール式であるため、より簡単にセキュリティを管理できます。Linux オペレーティング・システムを構成する要素ごとに、監査、監視、保護することができます。Linux には、SELinux のようなツールとモジュールが組み込まれており、セキュリティの問題をさらにロックダウン、監視、報告、修正するのに役立ちます。Linux では、ユーザー空間とカーネル空間を分離する取り組みが行われました。この分離により、システム全体で実行されているプロセスは、必ずしもユーザーが利用できるわけではなく (ロールの特権によって異なります)、ユーザープロセスは、必ずしもシステム全体で利用できるわけではないということになります。これは、コンテナや仮想化などのテクノロジー (分離された個別の安全なワークロードとアクセス許可が必要) における主要な概念であり、それらのテクノロジーの実現を可能にしました。

もちろん、完全に安全なオペレーティング・システムというものは存在しませんが、実行可能な対策と Linux のメリットを組み合わせることで安全性が高まります。

Red Hat を選ぶ理由

Red Hat は、大規模なオープンソース・コミュニティにおいて、Linux カーネルと関連テクノロジーの有力な貢献者としての役割を果たしています。Red Hat のエンジニアは、機能、信頼性、セキュリティの強化を行うことで、ユーザーのユースケースやワークロードを問わずインフラストラクチャの安定したパフォーマンスを実現するための支援を行っています。Red Hat のサポートチームと現場の保守担当者が開発した強力な Linux トレーニング・カリキュラムでは、プラットフォームを最大限に活用するためのガイダンスを提供しています。

Red Hat Enterprise Linux は、あらゆるクラウドに一貫した基盤を提供することで、お客様のビジネスを動かすアプリケーションを実行する際の制御、信頼性、そして自由度を実現します。何千もの認定ハードウェア、ソフトウェア、およびクラウド・ソリューションを提供している Red Hat は、オープンソースのエンタープライズ IT ソリューションを提供する世界有数のプロバイダーであり、フォーチュン 500 企業の 90% が信頼を寄せています。

弊社は Linux を利用しています。UAE Exchange には、オープンソースに対する信念とコミットメントがあります。そのため、UAE Exchange は引き続きテクノロジー・ベンダーとして Red Hat を選ぶでしょう。

Linux の実行と管理に必要なもの

インフラストラクチャ

あらゆるハイブリッドクラウド・デプロイメントに一環した基盤を提供します。主要なハードウェア・プラットフォームをすべてサポートしているだけでなく、数千ものアプリケーションに対応し、ビジネスを支えるアプリケーションを強化します。

管理

Red Hat Enterprise Linux を管理する手段として最も容易なツールです。システムの効率的な稼働、適切なセキュリティ保護、さまざまな標準への準拠を実現します。

インフラストラクチャ

パブリックおよびプライベートクラウドを構築するための、セキュアかつスケーラブルな Linux ベースの IaaS (Infrastructure-as-a-Service) プラットフォームです。

OpenStack® のワードマークおよび OpenStack のロゴは、米国とその他の国における OpenStack Foundation の登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundation の許諾の下で使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。

Linux についてさらに詳しく知る