トピック

Linux コンテナの概要

アプリケーションは、ますます複雑性を増しています。これに伴い、開発期間短縮に対する需要はさらに高まっています。これによりインフラストラクチャ、IT チーム、およびプロセスへの要求が増大します。Linux® コンテナは、複数の環境にわたってこの問題を軽減し、反復作業の効率を上げる上で役立ちます。

Linux コンテナとは

Linux コンテナは、アプリケーションとランタイム環境全体、つまり実行に必要なすべてのファイルをパッケージ化し、分離するためのテクノロジーです。これにより、コンテナ内のアプリケーションを、すべての機能を維持したまま複数の環境 (開発、テスト、本番環境など) の間で容易に移行することができます。

Linux コンテナでは、責任範囲を分離することにより、開発チームと運用チームの間での競合が少なくなります。その結果、開発者はアプリケーションに集中でき、運用チームはインフラストラクチャに注力できます。さらに、Linux コンテナはオープンソース・テクノロジーに基づいているため、最新かつ最良の技術が利用可能になるとすぐに導入することができます。コンテナテクノロジー (CRI-OKubernetesDockerなど) は、アプリケーションの開発とデプロイの簡素化、スピードアップ、オーケストレーションに役立ちます。

コンテナで実現できること

コンテナは、規模を問わず、さまざまなワークロードやユースケース用にデプロイできます。チームでコンテナを利用すれば、DevOps や CI/CD (継続的インテグレーションと継続的デプロイメント) などのソフトウェア開発の最新アプローチに必要な基礎テクノロジーとして活用できます。

ビジネスのために複数の環境間での優れた移植性が必要になった場合、最も簡単な解決策は、コンテナを使用することです。

Containers possibilites

Red Hat を選ぶ理由

Red Hat® は、オープンソース・コミュニティに参加し、コンテナ・テクノロジーに大きく貢献してきました。コンテナが安定して安全に動作するよう、Red Hat のエンジニアが、機能、信頼性、およびセキュリティの向上を支援しています。また、Red Hat は DockerKubernetes コードベースの第 2 の主要コントリビューターでもあり、Open Container Initiative および Cloud Native Computing Foundation とも連携しています。あらゆるオープンソース・プロジェクトと同様、Red Hat はアップストリーム・コードベースにコード提供や機能改良の点で貢献し、技術の進歩に寄与してきました。

Red Hat のコンテナ系ソリューションを利用すれば、コンテナが提供するあらゆる利点を活用するためのインフラストラクチャ、プラットフォーム、そしてコントロールが得られます。

ソフトウェア開発のスピード、効率、シンプルさの向上といったさまざまな要素を求め、各業界の企業はソフトウェア開発のライフサイクル全般にわたって Linux コンテナを積極的に導入しています。

出典: The State of Containerization: A Technology Adoption Profile conducted by Forrester Consulting and commissioned By Red Hat、2016 年 6 月

コンテナの詳細情報

レポート

Bain レポート:The path to digital and the role of containers (デジタル化への道のりとコンテナの役割)

Web セミナー

Dynamically provisioned persistent volumes for container-nativestorage (コンテナネイティブのストレージは優れた開発者エクスペリエンスの鍵)

記事

Securing containers before they take over the world (コンテナの普及に先立ってコンテナのセキュリティを強化する)

ビデオ

デューク大学がコンテナを選択

事例

アマデウス、プライベートクラウドベースのアプリケーション・プラットフォームを追加

Linux コンテナのセキュリティ

コンテナを使用すると、物理的サーバー、仮想マシン、プライベートまたはパブリッククラウドといったさまざまな環境やデプロイ先で、一貫性を保つことが容易になります。企業は強固なセキュリティ対策を必要としているため、コンテナ・ソリューション・スタックの各階層のセキュリティについて、10 の主な要素を理解する必要があります。Red Hat® Enterprise Linux®Red Hat OpenShift Container Platform では、コンテナのライフサイクルの各ステージでこれらのセキュリティ要素を実現しています。

コンテナを使用するにあたって必要なもの

インフラストラクチャ

軽量性を維持しながら、最適化されたセキュアでフットプリントの小さな OS で Linux コンテナを運用しましょう。

プラットフォーム

場所や規模を問わず、コンテナを作成、デプロイ、管理できます。

管理

一貫性があり、軽量かつ反復可能な手法で、コンテナのビルド、デプロイ、管理のプロセスを自動化します。

インフラストラクチャ

コンテナではデータを必要とし、データが作成されます。膨大な量のデータです。コンテナ化されたアプリケーションのライフサイクルにわたって、高パフォーマンスと高可用性を実現する永続データストレージを使用できます。

プラットフォーム

コンテナの実装に必要なすべてのものを、スタック全体を通して提供します。コンテナ・アプリケーション・プラットフォーム、プライベートクラウド・インフラストラクチャ、そしてパブリッククラウドの相互運用性と管理機能という究極の組み合わせをご活用ください。

インフラストラクチャ

自社向けのコンテナを作成し、モジュール型のスケーラブルなプライベートクラウド・インフラストラクチャ上で、コンテナ・アプリケーション・プラットフォームをホスティングできます。

管理

複数のツールやポリシーで分散管理するのではなく、ハイブリッドなコンテナ環境の管理やオペレーションを、単一のツールによって一元化し、簡素化できます。

コンテナについてさらに詳しく知る