言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

トピック

Linux コンテナの概要

アプリケーションの複雑化に伴い、短時間で開発するという需要はますます高まっています。これにより、インフラストラクチャ、IT チーム、プロセスへの要求が増大します。Linux® コンテナは、複数の環境にわたって、この問題を軽減し、反復作業の効率を上げるのに役立ちます。

Linux コンテナとは?

Linux コンテナは、アプリケーションとその実行時環境全体(実行に必要なファイルのすべて)をパッケージ化し、分離するためのテクノロジーです。これにより、そこに含まれるアプリケーションを、その機能はすべて維持したまま、複数の環境(開発、テスト、実動など)の間で移行する作業が容易になります。

Linux コンテナを使用すると、責任範囲を分離することにより、開発チームと運用チームの間の競合が少なくなります。開発者はアプリケーションに集中でき、運用チームはインフラストラクチャに注力することができます。さらに、Linux コンテナはオープンソーステクノロジーに基づいているため、最新かつ最良の技術が利用可能になったらすぐにそれを導入することができます。コンテナテクノロジー(CRI-OKubernetesdocker など)は、アプリケーションの開発とデプロイの簡素化、スピードアップ、オーケストレーションに役立ちます。

コンテナで実現できること

コンテナは、規模を問わずさまざまなワークロードやユースケースにデプロイできます。チームでコンテナを利用すれば、DevOps や CI/CD(continuous iteration and continuous deployment) などのソフトウェア開発の最新のアプローチに必要な基礎テクノロジーを活用できます。

複数環境をまたぐ究極の可搬性が業務で必要になった場合、コンテナを使用するのが最も簡単です。

Containers possibilites

Red Hat を選ぶ理由

Red Hat は、オープンソースコミュニティと協力しながら、コンテナテクノロジーに関係する数多くの仕事を行っています。コンテナが期待通りの動作をするよう、Red Hat のエンジニアにより機能や信頼性の標準化および改善がなされています。環境のセキュリティ確保のため、認定されたコンテナソースイメージや、コンテナの検査や承認を行うツールを提供しています。Red Hat は、DockerKubernetes コードベースに対する 2 番目のコントリビューターでもあり、Open Container Initiative および Cloud Native Computing Foundation とも連携しています。あらゆるオープンソースプロジェクトと同じように Red Hat は、アップストリームコードベースにコードや機能改良の貢献をしており、その過程で技術の進歩を分かち合ってきました。

Red Hat のコンテナ主体のソリューションを利用すれば、コンテナが提供するあらゆる利点を活用するためのインフラストラクチャ、プラットフォーム、そしてコントロールが得られます。

Containers computer

コンテナの採用

ソフトウェア開発の速度、効率、簡潔さに代表されるさまざまな要素に動かされて、各業界の企業はソフトウェア開発ライフサイクル全般にわたって Linux コンテナを積極的に導入しています。

出典: The State of Containerization: A Technology Adoption Profile conducted by Forrester Consulting and commissioned By Red Hat、2016 年 6 月

お客様が抱えるコンテナに関する主な課題

開発者がアプリケーションを迅速に提供できるようにするために、来年導入を計画している技術について、765 社のお客様に尋ねました。

Containers usage

出典: 2016 Customer Prediction Survey of 765 Red Hat customers、2015 年 11 月

完全なコンテナ戦略を Red Hat で構築

インフラストラクチャ

Red Hat Enterprise Linux Atomic Host は、Linux コンテナを実行するために最適化された、フットプリントを最小限に抑えた OS です。

詳細はこちら

Red Hat Openstack® Platform は、コンテナ・アプリケーション・プラットフォームをホストするための、拡張可能なプライベートクラウド・インフラストラクチャです。

詳細はこちら

Red Hat Storage を利用すれば、コンテナ化されたアプリケーションのライフサイクルで、高性能で高可用な持続型のデータストレージが得られます。

詳細はこちら

プラットフォーム

Openshift は、場所や規模を問わないさまざまなコンテナの開発、デプロイ、および管理のためのプラットフォームを提供します。

詳細はこちら

Red Hat Cloud Suite は、コンテナ・アプリケーション・プラットフォームとプライベートクラウド・インフラストラクチャの究極のコンビネーションであり、さらにパブリッククラウドの相互運用性と管理機能も備えています。

詳細はこちら

管理製品

CloudForms は、ハイブリッド環境向けの統一されたコンテナ管理や運用の機能を提供します。

詳細はこちら

コンテナによるアプリケーションの分離という利点を活用すると同時に、環境を自動化して一貫性があり軽量なものとします。

詳細はこちら

コンテナの詳細を確認する

レポート

Bain レポート:デジタルへの道筋とコンテナの役割

Web セミナー

コンテナネイティブのストレージは優れた開発者エクスペリエンスの鍵

記事

Securing containers before they take over the worl(コンテナを広く活用する前にコンテナの安全性を確保)

ビデオ

デューク大学がコンテナを選択

事例

アマデウス、プライベートクラウドベースのアプリケーションプラットフォームを追加

コンテナのその他の多くの特徴