DO080

Deploying Containerized Applications Technical Overview

情報を表示しています:

アプリケーションとコンテナのデプロイの概要

Deploying Containerized Applications Technical Overview (DO080) は、Docker、Kubernetes、および Red Hat® OpenShift Container Platform を使用した Linux® コンテナやコンテナのオーケストレーション技術に関する、オンデマンドのオンライン動画シリーズです。

コース概要

簡潔な講義と詳細なデモンストレーションからなるこのシリーズでは、コンテナ化の概念について学習し、その動作を確認します。アプリケーションやサービスのコンテナ化、Docker を使用したテスト方法、および Red Hat OpenShift を使用して Kubernetes クラスタにデプロイする方法について学習します。また、OpenShift の Source-to-Image 機能を使用し、アプリケーションをソースコードからビルドおよびデプロイする方法も説明します。

注: すべてのビデオを見ることも、関心をお持ちのビデオだけを見ることもできます。このコースに関連した実践ラボや、コース修了の認定はありません。

コース対象者

コンテナ技術や、アプリケーションをコンテナ化し、Kubernetes クラスタ上で大規模なデプロイを行うメリットについて興味のある方。

受講の前提条件

このコースの受講に必要な前提条件はありません。

学習内容

コンテナの概要
ビデオ 1. コースの概要: コンテナ化されたアプリケーションのデプロイに関する概要
ビデオ 2. コンテナ・アーキテクチャの概要
ビデオ 3. Docker アーキテクチャの概要
ビデオ 4. Kubernetes と Red Hat OpenShift アーキテクチャの概要
コンテナ化されたアプリケーションのデプロイ (デモを含む)
ビデオ 5. データベースサーバーのプロビジョニング
ビデオ 6. Dockerfile によるカスタムコンテナイメージの構築
ビデオ 7. 基本的な Kubernetes リソースの作成
ビデオ 8. Source-to-Image (S2I) 機能によるアプリケーションの作成
ビデオ 9. ルートの作成
ビデオ 10. Red Hat OpenShift Web コンソールによるアプリケーションの作成

注: 学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについてご不明な点がある場合は、Red Hat にお問い合わせください。

次の推奨コース

以下の関連コースでさらに知識を広げましょう。

Introduction to Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift (DO180)
Docker、Kubernetes、および Red Hat OpenShift Container Platform の実践経験を積み、コンテナ管理の基本的な知識とスキルを習得できます。

DO180 の修了後には、Linux コンテナや Red Hat OpenShift の管理者または開発者を目指すことができます。

管理者コース

Red Hat OpenShift Administration I (DO280)
Red Hat OpenShift Container Platform インスタンスのインストールおよび設定方法を学習できます。
Red Hat 認定スペシャリスト試験 -OpenShift Administrationー (EX280)
Red Hat OpenShift を使用して、クラウド環境でアプリケーションを開発、ホスト、および拡張する能力を証明します。

開発者コース

Developing and Deploying Applications on OpenShift (DO290)
Red Hat OpenShift Container Platform でのアプリケーションの作成、更新、保守について学習します。

注:これらのトレーニングコースについては、ご購入前に前提条件をご確認ください。これらのコースを修了するには、より高度な技術的専門知識と、Red Hat Enterprise Linux に関する豊富な知識が必要となります。