Jump to section

自動化について

URL をコピー

自動化ソフトウェアは効率化に役立ち、迅速な価値提供、および IT やビジネスワークフローに関する課題解決を実現します。

ステップ 5

Red Hat® Ansible® Automation Platform を試用する

自動化とは、人間による作業を削減できるテクノロジーを使ってタスクを実行することです。反復作業が発生するあらゆる業界が自動化を活用できます。しかし自動化の導入範囲はさらに広く、製造、ロボット工学、自動車に加え、、IT システムの各分野で利用されています。

自動化はあらゆる業界で活用されていますが、自動化の主な種類として、以下が挙げられます。

IT 自動化

プロビジョニングネットワーク管理、データのバックアップとリカバリーなど、手動の反復作業を自動化するためにテクノロジーを使用します。

ビジネス自動化

ビジネスプロセス管理 (BPM)ビジネスプロセス自動化 (BPA)、ビジネスルール管理 (BRM)、ビジネス最適化 を最新のアプリケーション開発と連携させて、変化し続ける市場の需要を満たすためのアプローチです。

ビジネスプロセス自動化

ソフトウェアを使用して、反復可能なマルチステップのビジネストランザクションを自動化します。

ロボティック・プロセス・オートメーション

ソフトウェアロボットを使用して、これまで人間が行っていた反復作業を実行します。

産業オートメーション

ファクトリー・オートメーションの取り組みの一環として、製造プロセスにおける人間の作業を減少させます。通常は、人間の作業がコントロールパネルやその他のヒューマンマシン・インタフェース (HMI) を監視するだけになるまで減らします。

人工知能 (AI)

通常は人間の手を借りて達成されるタスクを、ルールベースのソフトウェアで実行します。

機械学習 (ML)

予測モデルを使用して、明示的な命令を受けずにタスクを実行する、適応型アルゴリズム。タスクが完了するたびに自動的にアルゴリズムを変更します。

ディープラーニング

複数の適応型アルゴリズム、自動化ソフトウエア、プログラムで、未加工の画像から細部を抽出するなど、定型的な反復作業を実行します。

技術の変化がめまぐるしい現在においては、従業員とパートナーのサポート、新規顧客へのリーチ、革新的な製品およびサービスの提供など、組織が抱える課題はこれまで以上に複雑になっています。この要求を満たす上で IT は重要な役割を果たしますが、拡張性を備えていない場合や要求に対応しきれない場合には妨げにもなります。

組織の規模が拡大するにつれて、安定した、より安全で一貫性のある環境をデプロイし、維持することの難易度は上がります。さらに詳しく説明します。

  • IT 運用には大量のリソースが必要で、レガシーシステムとプロセスを新しいシステムおよびプロセスと同時に維持すると複雑性が増してしまいます。
  • 要件と需要は、IT やビジネスの能力の進化を上回る速さで急増しています。
  • 仮想化クラウドコンテナなどのテクノロジーの規模は、手動で運用するには大きすぎます。

この常に変化している環境において、自動化は戦略に欠かせないものとなりました。自動化は、IT インフラストラクチャおよび組織の運用方法の管理、変更、適応にとって不可欠です。IT チームは複雑なプロセスを自動化して効率、生産性、柔軟性を向上でき、それと同時にコストと人的ミスを削減できます。

IT 自動化導入に関する検討事項とは

自動化は人間を置き換えるものではなく、人間のできることを強化することがその目的です。これは自動化のパラドックスと呼ばれるものです。自動化を使用してより効率化されると、人間が関与する頻度は少なくなりますが、関与することの重要性が増します。

自動化は仕事を減らすツールであるという見方もありますが、実際には、自動化により、既存の IT スタッフがより大きな問題に集中できるようになります。プロセスを単純化して手動タスクを削減することで、IT チームの効率と生産性を向上できます。さらに、顧客満足度の向上など、戦略的な目標に取り組むためにリソースを確保できます。 

自動化は、組織が以下のことを達成するサポートができます。

  • 生産性の向上: 繰り返される日常的なタスクを自動化することで、少ない監視でより迅速に大量のタスクを実行でき、IT スタッフは付加価値のあるプロジェクトに費やす時間を増やせます。 
  • 信頼性の向上: 人間の介入を減らすことで、ミスのリスクが減少し、一貫性が向上します。自動化により、手順が毎回同じ方法で実行されるので、プロセス、テスト、アップデート、ワークフローがいつ発生し、どの程度の所要時間がかかり、正しく完了したかどうかを正確に把握できます。
  • ガバナンスの容易性: 大勢のチームで複雑なプロセスの実行に取り組むと、組織のグループ内やグループ間で知識のギャップや誤解が起きやすくなります。自動化の知識を体系化すると、チームとタスクに対するガバナンスの統制と一貫性を向上できます。 
  • 年中無休の運用: 自動化により、人間が介入することなく深夜でもタスクを実行できるので、企業は修復をいつでも自動化でき、平均解決時間 (MTTR) の短縮とダウンタイムの最小化を実現できます。 
  • セキュリティの向上: 自動化を使用すると、IT 環境への潜在的なセキュリティの脅威に対して、標準化された方法でより迅速に特定、防止、対応できます。セキュリティの自動化について詳しくは[[url-nid:459801;title:'セキュリティの向上: 自動化を使用すると、IT 環境への潜在的なセキュリティの脅威に対して、標準化された方法でより迅速に特定、防止、対応できます。セキュリティの自動化について詳しくはこちらをご覧ください。

自動化の持つ価値は明白ですが、自動化の導入に組織全体で取り組まなければ、メリットは限定的になってしまいます。組織が包括的な自動化戦略を実装するとき、長年にわたって非効率な方法で分散して働いてきたチームに積み上げられてきた文化的な課題を乗り越えなければならないことがよくあります。 

分離した状態の自動化

多くの組織では、一部の IT 運用はすでに自動化されています。しかし、この自動化に単一ドメインを対象として設計されたアドホックツールが使用されているために、ツールごとに分離してしまっているという状況もよく見られます。このような分離したアプローチでは、特定の機能のスピードを上げることはできますが、技術的な要件が進化した際の拡張や更新が困難になりかねません。 

分離したアプローチでは、使用目的に合わせた自動化の作り直しやカスタマイズの手間が発生することが少なくなく、IT チームは重要なサービスやカスタマーエクスペリエンスを構築するための時間が削られてしまいがちです。このように個別のソリューションに力を注ぐことで、自動化の専門知識を共有してエンタープライズ全体で一貫したガバナンス戦略を開発するのが一層困難になります。

エンタープライズ導入へのサポートの構築

組織に自動化を導入するためには、ビジネス、ネットワーク、セキュリティ、運用、開発、インフラストラクチャを含むすべてのチームが協力し、取り組みに参加する必要があります。自動化を幅広く導入して継続的に使用するためには、自動化を作成、デプロイ、管理、調整するための明確なプロセスが不可欠です。

自動化プラットフォームは、自動化の構築、実行、管理に必要な機能を提供します。シンプルな自動化ツールとは異なり、自動化プラットフォームは一貫性のある自動化コンテンツと知識を大規模に作成、デプロイ、共有する統一された基盤となります。

効果的な自動化ソリューションを構築するには、時間と労力が必要です。多くの作業を担ってくれる Red Hat のような信頼できるパートナーと協力すれば、労力を削減し、より迅速に自動化を開始することができます。

自動化でさらに多くのことを達成できます

Infrastructure as Code (IaC) という戦略的基盤の次の段階として、組織はその手法を運用ライフサイクルのあらゆる段階で IT プロセスを自動化するために使用し始めています。IaC はインフラストラクチャの構築、プロビジョニング、デプロイを標準化しますが、IT チームは Ops as Code (OaC) および Policy as Code (PaC) を導入することで、それと同様にデプロイ後のシステムの管理、保守およびガバナンスをコード化することができます。

詳細はこちら

Red Hat Ansible Automation Platform はエンドツーエンドの自動化ソリューションで、組織によるシステムの構成、ソフトウェアのデプロイ、データセンター、クラウド、エッジロケーションなど、チームや IT 環境に対する高度なワークフローのオーケストレーションを支援します。 

Ansible Automation Platform には、イベント駆動型ソリューションの Event-Driven Ansible、分析、コンテンツツールPlaybook など、企業全体での自動化の導入に必要なツールがすべて揃っています。ビジュアル・ダッシュボードやロールベースのアクセス制御、その他の機能により IT インフラストラクチャを一元的に制御し、運用の複雑さを低減できます。

Red Hat サブスクリプションを活用することで、堅牢なパートナーエコシステムからの認定コンテンツ、ホストされた管理サービスへのアクセス、チームが組織全体で自動化を作成、管理、拡張するためのライフサイクル・テクニカルサポートを利用できます。また、数千ものお客様を支援することで蓄積された Red Hat の専門知識を活用できます。 

技術的な部分は簡単です。本当の難問は文化です。

自動化は、IT チームがイノベーションと価値の創出に集中できるように支援します。しかし、この最終目標に達するには何が必要でしょうか?チームの実際の作業方法にはどのような影響があるのでしょうか?Code Commentsシーズン 2 ポッドキャストでは、この点を探ります。

ポッドキャストを聴く

さらに詳しく

記事

Ansible の基本を学ぶ

Ansible は、プロビジョニングや構成管理などの IT プロセスを自動化します。Ansible の基本を学べるよう、主要なコンセプトについて説明します。

記事

Ansible Playbook とは

Ansible Playbook は自動化タスクのブループリントであり、IT ソリューションのインベントリーから人手をほとんど介さずに実行される IT アクションです。

記事

Red Hat の自動化を選ぶ理由

Red Hat Ansible Automation Platform には、チーム間で自動化を共有し、企業全体で自動化を実装するために必要なすべてのツールが含まれています。

自動化の詳細はこちら

製品

Red Hat の戦略的アドバイザーが、企業組織の全体像を把握しながら課題を分析し、包括的かつコスト効率に優れたソリューションで課題を解決できるようお手伝いします。

エンタープライズ規模で自動化を実装するプラットフォーム。自動化導入のあらゆる段階に対応。

リソース

トレーニング

無料のトレーニングコース

Ansible Essentials: Simplicity in Automation Technical Overview

無料のトレーニングコース

Red Hat Ansible Automation for SAP