自動化

ビジネス自動化とは

ビジネス自動化とは、ビジネスプロセス管理 (BPM) とビジネスルール管理 (BRM) を最新のアプリケーション開発と連携させて、変化し続ける市場の需要を満たすためのアプローチです。従来のビジネスでは、単にプロセスを自動化するだけで、効率性が向上し、組織全体のコストをコントロールできていました。これは主に、BPM と BRM によって実現されていました。BPM と BRM は優れたテクノロジーではありますが、今やそれだけでは十分とはいえません。デジタル・トランスフォーメーションは、現代の市場環境で成功を収めるための重要な戦略であり、ビジネスリーダーと IT リーダーが協力し合う必要があります。


ビジネスの自動化。さらなる進化。

IT の焦点は、効率性やコスト管理といった社内ニーズへの対応から、外部顧客のエンゲージメントや新しいビジネスチャンスの創出へとシフトしました。これこそが、Red Hat が従来のビジネス自動化モデルの進化の必要性を掲げている理由です。保険の販売記録の作成を自動化など、プロセスの最適化だけに焦点を当てるのではなく、保険の直接販売のような、ビジネスそのものを自動化する新しい戦略を開発する必要があるのです。これらを行うアプリケーションを構築するためには、ビジネスリーダーと IT リーダーが互いのパートナーになり、新しい機会を創出するための専門知識を共有する必要があります。具体的には次のようにします。

ビジネスエキスパートが、アプリケーションに関連するビジネスプロセスとルールのモデルを提供します。これらのモデルを、継続的インテグレーション/継続的デリバリー (CI/CD) のパイプラインを介してコードと組み合わせることによって、アプリケーションを完成させます。アプリケーションはコンテナ化することで、保守、更新、配信が簡単になります。

ビジネス自動化ソリューションをコンテナ化すると、複数のプラットフォーム間でアプリケーションにアクセスできるだけでなく、開発者とビジネスユーザーがアプリケーションのライフサイクルを共同管理できます。時代遅れで取り回しの悪いモノリシックなアプリケーションを構築するのではなく、スケーラブルなクラウド・インフラストラクチャマイクロサービスとしてアプリケーションをデプロイすることが重要です。

ビジネスエキスパートが作成したモデルと IT 開発者が作成したコードを組み合わせれば、プロセス指向アプリケーションが完成します。このようなアプリケーションはアジリティに富んでおり、変化するユーザーの需要により迅速に対応できます。CI/CD を使用するビジネス自動化ソリューションは、開発プロセスを加速させ、デプロイメントからフィードバックまでの時間を短縮するため、最も効率的なプロセスサイクルを試行し、見つけ出すことができます。

Red Hat のアプローチのメリット

高速

  • プロセスおよび意思決定モデルからローコード・アプリケーションを構築
  • ビジネス部門と IT 部門の利害関係者の連携
  • カスタムロジックを簡単に追加可能

オープン

  • 既存のソフトウェア開発環境に統合された標準リポジトリとツールを使用

先進的

  • コンテナ化されたマイクロサービス・アプリケーションの開発をサポート
  • パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドへのデプロイ
  • 包括的なモバイル・ユーザーエクスペリエンス

従来のビジネスプロセスの自動化と管理の現状

統合型のビジネス自動化ソリューションから分離されたビジネスプロセス自動化 (BPA) と BPM は依然として、効率を高めコストを削減するために使用できるスタンドアローンの戦略です。

ビジネスプロセスの自動化は、さまざまな部品が動くことで成立します。長すぎる E メールチェーン、矛盾した文書のコピー、一見ささいなミスなどがあると、方向性の曖昧なコミュニケーションや、作成し直し、タイムラインの遅延、不満の共有といったさまざまな混乱が生じ、関係者が途方に暮れるような事態になりかねません。ビジネス自動化は、これらのプロセスを効率化することで、詳細情報や時間、説明責任などの損失を防ぎます。再利用可能かつ拡張可能なビジネス自動化戦略を適用することで、組織はこれらのプロセスを制御でき、時間とリソースを解放できるため、重要な課題に集中できるようになります。

BPA と BPM の相違点

ルーチン的なビジネスプロセスの自動化には、必ずビジネスプロセスの自動化が伴います。BPA は、組織の効率化を図るためのスタンドアローン戦略として活用することも、包括的なビジネスプロセス管理イニシアチブと効果的に組み合わせることもできます。BPM は組織がエンドツーエンドのビジネスプロセスに対する理解を深めることのできる手段です。一方、BPA はこれらのイニシアチブに対してプロセスの効率性を継続的にチェックし、進化させる目的で使用できます。BPM と BPM を組み合わせる場合、BPM によってすべてのビジネスプロセスをマッピングして自動化するためのアーキテクチャの概要が示され、提供されるので極めて強力ですが、このアプローチは、最初のうちは実施に時間がかかります。

BPA の仕組み

ビジネスプロセスの自動化は、IT システムを拡張し、組織のニーズに沿って特別にカスタマイズされたプロセスを自動化します。自動化のカスタマイズにはコストも時間もかかるため、専門の企業が、組織のニーズを特定して適合させるソフトウェア・ソリューションを提供しています。BPA ソリューションでは、人工知能テクノロジーの活用が進むことで、非構造化データベースを解析し、適応する能力が向上しています。人工知能が技術者の介入を必要とせずに、曖昧さの克服方法やユーザーニーズへの対応方法を学習していくため、より優れたユーザーエクスペリエンスが実現します。

ビジネスプロセスを自動化すべき理由

テクノロジーの活用を通じたビジネスプロセスの自動化は、1913 年のヘンリー・フォードが組立ラインにベルトコンベアを用いて以降普及しました。フォードの組立ラインは、12 時間を上回る自動車製造の所要時間を、わずか 2 時間半にまで短縮しました。現代においてビジネスプロセス自動化を行うソフトウェアとアプリケーションは、最新のビジネスニーズに対して同様の効果を持ち、かつては数カ月かかっていたプロセスの開発と導入を、わずか数時間にまで短縮しています。ビジネスプロセスの自動化は、この技術的遺産を継承し、さらに先へと進めます。ビジネスプロセスの自動化では、ソフトウェアとアプリケーションを使用して複雑なワークフローの単純化とスピードアップを行い、プロセスのあらゆる部分において透明性と制御を実現します。これにより、従業員はルーチンタスクから解放され、重要な課題に集中することができます。—


ビジネス自動化がビジネスプロセスを改善する仕組み

透明性と制御性を向上

自動化により、ワークフローのあらゆる部分を 1 つのダッシュボードに集約できるため、現段階のプロセスを常に確認することができます。タスクの確認、承認、アクセス、タイムラインを管理することによって、プロセスに対する制御を維持します。ワークフローのあらゆるステップから収集された情報が最適化されるため、情報に基づいた意思決定を行うことができ、関係者に明確なスケジュールを提供できます。誰がいつ、何をやっているのかを把握でき、目標達成のためには次に何をすべきなのかを見極めることができます。—

プロセスの高速化と手作業によるミスの削減

長引く E メールのやり取りの中にワークフローの詳細が埋もれてしまう状況に不満を感じていませんか?自動化されたビジネスプロセスは、手動タスク、管理タスク、紙ベースのタスクに代わるものです。コピーの作成、署名の収集、文書の転送、書類の処理などは、いずれも大切な作業ではありますが、時間とエネルギーを浪費する冗長なビジネスニーズでもあります。これらのワークフローにわずかなミスがあるだけで、コストが発生し、関係者は待機を余儀なくされ、組織は時間とリソースを費やしてタスクを繰り返す必要があります。自動化は、プロセスを一元化することによって、人為的なミスを低減し、時間を短縮します。

関係構築やクリエイティブなアウトプットのための余力を確保

ビジネスプロセスの自動化とは、つまるところ、よりインテリジェントな問題の解決に集中するための時間とエネルギーを従業員に提供するという、たった 1 つの目標を達成するためのアプローチです。自動化はアルゴリズムと連携して、ビジネスプロセスを効率よく編成するため、従業員は各自がなし得る最高の成果を達成すること (つまり、より高レベルなタスクに従事すること) ができます。—自動化によってルーチン的なプロセスを加速し、最適化することによって、クライアントのニーズに応え、関係構築に励み、次の大きな課題に取り組むための時間とエネルギーを確保できます。

ビジネスを自動化するために必要なもの

自動化

ビジネスプロセスを自動化し、進捗状況を文書化、シミュレート、管理、監視します。

プラットフォーム

ビジネスルール管理、ビジネスリソース最適化、複雑なイベント処理などの意思決定を自動化する包括的なプラットフォームです。

プラットフォーム

ビジネスと IT の専門家が容易に連携できるプラットフォームを使用して、モバイルアプリの開発とデプロイをアジャイルに行いましょう。

自動化についてさらに詳しく