ログイン / 登録 アカウント

管理

コンプライアンス管理とは

Jump to section

コンプライアンス管理は、システムの監視と評価を通じ、業界基準やセキュリティ基準、企業および規制のポリシーと要件に確実に準拠するための継続的なプロセスです。

これには、規制、ポリシー、基準の変更、構成ミス、またはその他の理由によって非準拠となったシステムを特定するためのインフラストラクチャ評価が含まれます。

コンプライアンス管理は重要です。なぜなら、コンプライアンス違反は、罰金、セキュリティ侵害、認証の喪失、またはその他のビジネス上の損害をもたらす可能性があるからです。コンプライアンスの変更や更新を常に把握することで、ビジネスプロセスの中断を防ぎ、コストを節約できます。

ビジネスのインフラストラクチャのコンプライアンスを適切に監視および管理するには、次のことが必要です。

  • 評価: 非準拠である、脆弱である、またはパッチが適用されていないシステムを特定します。
  • 整理: 取り組み、影響、問題の重大度によって修正アクションに優先順位を付けます。
  • 修正: アクションが必要なシステムに迅速かつ簡単にパッチを適用して再構成します。
  • 報告: 変更が適用されたことを確認し、変更結果を報告します。

コンプライアンス管理の課題

コンプライアンス管理は次のような要因により難度が高まります。

  • セキュリティとコンプライアンスの変化:セキュリティへの脅威やコンプライアンスは急速に変化しているため、新たな脅威と、それに併せて変化する規制に、迅速に対応することが必要です。
  • 複数のプラットフォームにまたがる分散型の環境:インフラストラクチャがオンサイト・プラットフォームとクラウドプラットフォームに分散されるようになり、そのような環境と、存在する可能性のあるリスクおよび脆弱性を完全に把握することが難しくなっています。
  • 大規模な環境とチーム:大規模で複雑なインフラストラクチャおよびチームは、環境と組織全体の調整を複雑にする場合があります。実際、システムが複雑になると、データ侵害のコストが増加する可能性があります。

コンプライアンスのベストプラクティスと推奨ツール

これらの各課題に対応する最善の方法は、すべての環境を監視し、規制との不一致を特定し、その不一致に対処してコンプライアンスに準拠した最新の状態にし、これらの更新を記録しておく多面的なアプローチを使用することです。

以下のベストプラクティスは、規制の変更に遅れずに対応し、システムのコンプライアンスを維持するのに役立ちます。 

  1. 定期的なシステムスキャン: 毎日監視を行うことは、コンプライアンス上の問題だけでなく、業務への影響または手数料や遅延が生じる前に、セキュリティの脆弱性を特定するのに役立ちます。
  2. デプロイの自動化 インフラストラクチャの規模が大きくなり、変化するにつれて、手動での管理はより困難になります。自動化を使用することで、一般的なタスクを効率化し、一貫性を向上させ、定期的な監視とレポート作成を確実に行えるため、ビジネスの他の側面に集中できるようになります。
  3. 一貫性のあるパッチ適用とパッチテスト: システムを最新の状態に保つことで、セキュリティ、信頼性、パフォーマンス、コンプライアンスを向上させることができます。パッチは、重要な問題に対応するために月に一度は適用すべきであり、パッチ適用は自動化できます。重大なバグや欠陥のパッチは、可能な限り速やかに適用する必要があります。パッチを適用したシステムは、必ず受け入れテストを行ってからプロダクションに戻します。
  4. ツールを接続する: 分散型の環境には、プラットフォームごとに異なる管理ツールが含まれていることがよくあります。アプリケーション・プログラミング・インタフェース (API) を介してこれらのツールを統合します。これにより、好みのインタフェースを使用して、他のツールでタスクを実行できます。使用するインタフェースを減らすことで運用が効率化され、環境内のすべてのシステムのセキュリティおよびコンプライアンスステータスの可視性が向上します。

これに役立つのは次のようなツールです。

  • プロアクティブなスキャニング: 自動スキャニングにより、システムは定期的に監視され、スタッフが多くの時間や労力を費やさなくても、問題があれば確実に警告します。
  • 実用的な知見:環境に応じた情報は、存在するコンプライアンスの問題とセキュリティの脆弱性、影響を受けるシステム、予想される潜在的な影響をより迅速に特定するのに役立ちます。
  • カスタマイズ可能な成果: ビジネスコンテキストを定義して誤検知を減らし、ビジネスリスクを管理し、セキュリティとコンプライアンスのステータスをより現実的に把握することが理想的です。
  • 規範的で優先順位付けされた修正: 規範的な修正の指示によって、自分でアクションを調査する必要がなくなり、時間を節約してミスのリスクを軽減できます。潜在的な影響と影響を受けるシステムに基づいてアクションに優先順位を付けることで、限られたパッチ適用の機会を最大限に活用できます。
  • 直感的なレポート: パッチが適用されているシステム、パッチ適用が必要なシステム、セキュリティポリシーや規制ポリシーに準拠していないシステムに関する明確で理解しやすいレポートがあると、監査性が向上し、環境のステータスをより深く理解できます。

Red Hat によるコンプライアンスと自動化

自動化戦略は、時間やコストをさらにかけることなく、システムのコンプライアンスを確認する機能を構築するのに大いに役立ちます。手動によるコンプライアンスの実践は時間がかかり、人為的エラーが発生しやすく、繰り返しや確認が困難です。 

適切な自動化テクノロジーを選択することは、ハイブリッド環境のデータセンターとネットワーク・ソフトウェアのシステム全体で実装を迅速化するための鍵となります。Red Hat® Enterprise Linux®Red Hat Ansible® AutomationRed Hat SatelliteRed Hat Smart Management、および Red Hat Insights を含む自動化と管理のための包括的なエンドツーエンドのソフトウェアスタックによって、Red Hat がその実現をお手伝いします。

コンプライアンスの管理と自動化についてさらに詳しく知る