ログイン / 登録 アカウント

自動化

ネットワーク自動化とは

ネットワーク自動化はプログラム可能なロジックを使用して、ネットワークリソースとサービスを管理します。ネットワーク自動化により、ネットワーク運用 (NetOps) チームは、ユーザーが手動で実行するよりも迅速にネットワーク・インフラストラクチャとアプリケーションサービスを構成、スケーリング、保護、および統合できるようになります。

ネットワーキングとは

ネットワーキングとは、ネットワークインタフェースカード、イーサネットケーブル、スイッチなどのハードウェアと、ソフトウェア・デファインド・ネットワーク (SDN)ソフトウェア・デファインドの広域ネットワーク (SD-WAN)ネットワーク機能仮想化 (NFV) を作成するソフトウェアを使用して、ノードと呼ばれるエンドポイント間でデータを転送することです。

自動化とは

自動化とは、テクノロジーを使用して人間による援助を削減し、タスクを実行することです。IT 自動化は、反復可能な命令とプロセスを作成するソフトウェアを使用することで、人間が IT システムを操作する必要を排除または削減するためのアプローチです。自動化ソフトウェアは、それらの命令、ツール、およびフレームワークの範囲内で機能してタスクを実行し、人間の介入をほとんどあるいはまったく必要としません。

ネットワーク自動化とは

ネットワーク自動化により、たとえば、ルーター、スイッチ、ロードバランサー、ファイアウォールにログインして、手動で構成を変更してからログアウトするといったような、ネットワーク管理に必要な手動の手順が不要になります。ネットワーク自動化は、オペレーティングシステム (OS) のコマンドライン・インタフェース (CLI) レベルまたは事前にパッケージ化された自動化ソフトウェアでプログラムされた、チェーンスクリプトを利用しています。

ネットワークを自動化する理由

基盤技術が進歩しているのにもかかわらず、数十年の間、ネットワーク管理はほとんど変化していません。ネットワークは通常、手作業で構築、運用、保守されます。しかし、ネットワークの構成とアップデートを手動で行う従来の方法はかなりの時間を必要とするうえミスが発生しやすいため、急速に変化するワークロードの要件に効果的に対応することができません。ネットワークリソースとサービス管理を自動化すると、ネットワーク運用チームのアジリティと柔軟性が向上し、先進的なビジネス要求を効果的にサポートできるようになります。

ネットワーク自動化の仕組み

ネットワークを自動化する方法は多数あり、多くのネットワーク・コンポーネントを自動化することができます。ほとんどのネットワーク自動化ソリューションは、コマンドライン自動化と自動化ソフトウェアを組み合わせて構成されています。

最も基本的なレベルのネットワーク・コンポーネントの自動化では、標準の CLI コマンドと引数を使用します。たとえば、Linux® オペレーティングシステム管理者は、Bash オペレーターを使用して、以前のコマンドの成功 (&&) または失敗 (||) をベースにイベントをチェーンできます。あるいは、ユーザーはコマンドリストをシェルスクリプトと呼ばれるテキストファイルにコンパイルし、単一の実行コマンドで一度にすべてを繰り返し実行することもできるでしょう。

自動化ソフトウェア製品は、ネットワークタスクをパッケージ化されたプログラムに統合して、アプリケーションのフロントエンドから選択、スケジュール、実行できるようにします。たとえば、Red Hat Ansible® Automation Platform を使用すると、アプリケーション・プログラミング・インタフェース (API)、プラグイン、インベントリ、モジュールを、AWSマイクロソフトシスコ といったサービスプロバイダーの枠を超えて、ネットワーク構成、セキュリティ、オーケストレーション、プロビジョニングなどを自動化するためにユーザーがブラウズ、選択、実行できる Playbook にパッケージ化することにより、ネットワーク・パーミッションとネットワークを自動化できます。

自動化できるネットワーク運用の種類

ネットワーク構成

ネットワークを手動で構成すると、不整合や構成ミスが生じてネットワークが不安定になり、デジタルビジネス運用に必要な高レベルのサービスの提供が困難になります。自動化により、ネットワーク管理プロセスが標準化され、ベストプラクティスの施行が支援されます。ネットワーク運用チームは広範囲へのサービスをすばやく容易に提供でき、サービス停止の平均復旧時間 (MTTR) を短縮できます。

負荷分散とフェイルオーバー

アプリケーション負荷をインフラストラクチャ間で分散して、パフォーマンスとコストを最適化する必要があります。負荷を手動で分散させるとアプリケーションのパフォーマンスが低下し、システムに問題が発生したときにフェイルオーバーをタイミングよく実行できません。負荷分散を自動化すると、手作業での介入が不要になり、継続的な調整とフェイルオーバーを迅速に行えるので、アプリケーションのパフォーマンスと信頼性を向上できます。

ネットワーク自動化の利用者

通信サービスプロバイダーは、最初にネットワーク自動化を導入してデジタルネットワークを改善した業種の 1 つでしたが、あらゆる業界の企業がネットワーク自動化の恩恵を受けることができます。スイスの大手通信会社である Swisscomm は 15,000 以上のネットワーク・コンポーネント (サーバー、ファイアウォール、ネットワークデバイス、ストレージデバイスなど) を自動化し、マイクロソフトはネットワークイベント (テレメトリ、チケット、ロギング、分析ワークフローをトリガーするネットワークイベント) を自動化しました。

Swisscom

Swisscom は、およそ 15,000 にのぼるネットワークおよび IT コンポーネントの管理を自動化してより価値の高い開発プロジェクトに軸足を移し、リソース要求への応答時間を短縮しました。これにより、これまで手作業にかけていた 3,000 時間以上が削減されると予測しています。

Surescripts

Surescripts は IT プロセスとフェイルオーバー処理を自動化して、ネットワーク・アプライアンスとサーバーのデプロイ、問題解決、新しいアプリケーションの顧客への導入をスピードアップしました。これにより、フェイルオーバーの発生時にサービスあたり 2 時間が削減されました。

Red Hat を選ぶ理由

Red Hat の自動化ソリューションは、イノベーションとコラボレーションという、オープンソースソフトウェアのいちばん良いところを取り入れ、それらをエンタープライズ向けのオープンソース製品にパッケージ化する 開発モデルに従っています。しかし、テスト、パッケージ化、リリースの後であっても、各 Red Hat 製品を支えるソースコードはオープンのままです。そのため、ツールのあらゆる側面が変更可能です。また、ユーザーがリアルタイムで Playbook を改善 (および追加) できるように支援しており、自動化プラットフォームを支える Playbook は常に進化しています。

ネットワーク自動化ツール

Red Hat Ansible Automation Platform

エージェントレスの自動化プラットフォーム。

Red Hat Hyperconverged Infrastructure logo

統合されたソフトウェア・デファインドのコンピューティングおよびストレージ・ソリューション。

ネットワーク自動化についてさらに知る