ログイン / 登録 アカウント

インフラストラクチャ

ソフトウェア・デファインド・ネットワークとは

ソフトウェア・デファインド・ネットワーク (SDN) は、ネットワークリソースを仮想化システムに抽象化する IT インフラストラクチャの構築手法です。SDN は、一元的な管理およびプログラミングが可能なネットワークの構築を目的として、ネットワーク管理機能からネットワーク転送機能を切り離します。SDN を使用すると、IT 運用チームは、各ネットワークデバイスを手動で処理する代わりに、一元化されたパネルを通じて複雑なネットワークトポロジーのネットワークトラフィックを制御できます。

ソフトウェア・デファインド・ネットワークのメリット

さまざまな組織が、従来のインフラストラクチャによる制約をきっかけに、ソフトウェア・デファインド・ネットワークを導入しています。ソフトウェア・デファインド・ネットワークのメリットには、次のようなものがあります。

  • コストの低減 - ソフトウェア・デファインド・ネットワークのインフラストラクチャは、高価な単一用途のアプライアンスではなく市販のサーバーで実行されるため、たいていは同等のハードウェアに比べて安価です。また、単一のサーバーで複数の機能を実行できるため、フットプリントが小さくなります。つまり、必要とされる物理ハードウェアが少なくなり、それによってリソースの統合が可能になるため、必要な物理スペースと電力量、および全体的なコストを削減できます。 
  • スケーラビリティと柔軟性の向上 - ネットワーク・インフラストラクチャを仮想化すると、新しいプロプライエタリー・ハードウェアを追加する代わりに、環境に合わせて必要な時にネットワークリソースを拡張または縮小できます。ソフトウェア・デファインド・ネットワークを使用すると、柔軟性が大幅に向上し、ネットワークリソースのセルフサービス・プロビジョニングが可能になります。
  • 管理の単純化 - ソフトウェア・デファインド・ネットワークは、高度な専門知識を持つネットワークのエキスパートが管理を担う必要がないため、全体的に操作しやすいインフラストラクチャが可能になります。 

ソフトウェア・デファインド・ネットワークは、ソフトウェア・デファインド・ストレージやその他のテクノロジーと組み合わせると、ハイパーコンバージェンスと呼ばれる IT インフラストラクチャのアプローチを構成できます。

ソフトウェア・デファインド・ネットワーク (SDN) とネットワーク機能仮想化 (NFV)

通信会社向けには、ネットワーク機能仮想化 (NFV) と呼ばれる別の種類のネットワーク抽象化も存在します。ソフトウェア・デファインド・ネットワークと同様に、NFV はハードウェアからネットワーク機能を抽象化します。NFV は、SDN ソフトウェアを実行できるインフラストラクチャを提供しており、ソフトウェア・デファインド・ネットワークに対応しています。NFV を使用すると、プロバイダーは別のサーバー間で機能を実行したり、需要が変化したときには、必要に応じて機能を移行したりできる柔軟性を得られます。この柔軟性により、通信サービスプロバイダーはサービスとアプリケーションをより迅速に提供できます。たとえば、顧客が新しいネットワーク機能を要求した場合、新しい仮想マシン (VM) をスピンアップしてその要求を処理できます。この機能が不要になった場合は、VM の使用を停止できます。これにより、新しいサービス候補の価値を低リスクで検証できます。

NFV と SDN は、目的に応じて一緒に使用することができ、両方ともコモディティハードウェアを使用します。NFV と SDN を使用すると、より柔軟でプログラム可能なネットワーク・アーキテクチャを作成し、リソースを効率的に使用できます。