ログイン / 登録 アカウント

インフラストラクチャ

SDN (software-defined networking) とは

Jump to section

SDN (software-defined networking / ソフトウェア・デファインド・ネットワーク) とは、IT インフラの構築手法およびアーキテクチャの一種。ネットワークを仮想化し、ソフトウェアで制御できるようにします。

SDN は、ネットワークの制御機能と転送機能を切り離すことで、一元的に管理と制御を行えるネットワークを実現します。

SDN を使用すると、IT 運用チームは、個々のネットワークデバイスを手作業で設定する必要なく、一元化されたパネルから複雑なネットワークトポロジーのネットワークトラフィックを制御できます。

SDN のメリット

さまざまな組織が、従来型のインフラが持つ制約からの解放を求めて SDN を導入しています。SDN のメリットには、以下が含まれます。

  • 低コスト化 - SDN のインフラは、同等のハードウェアよりも安価な傾向があります。これは、SDN が高価な単一用途のアプライアンスではなく、市販のサーバーで稼働するためです。また、複数の機能を 1 つのサーバーで実行できるため、リソースの統合が可能となり、必要な物理サーバーの数が減ります。その結果、必要な物理的スペースと電力量も減り、全体的なコスト削減に繋がります。
  • 拡張性と柔軟性の向上 - SDN によりネットワークインフラを仮想化すると、ネットワークリソースを必要なときに、柔軟に拡張・縮小できます。この際、新しいプロプライエタリー・ハードウェアを追加する必要はありません。SDN が持つこの柔軟性により、ネットワークリソースをセルフサービスでプロビジョニングできる体制が可能となります。
  • 管理の単純化 - SDN は、全体的に管理が簡単なIT インフラを実現します。SDN の管理は、ネットワークに関して高度な知識を持つ専門家でなくても行えます。

SDN を SDS (software-defined storage) などのテクノロジーと組み合わせることで、ハイパーコンバージドインフラを構築できます。これは、IT インフラのあらゆる要素をソフトウェア定義するアプローチです。

SDN (software-defined networking) と NFV (ネットワーク機能仮想化)

通信事業者向けのアプローチとして、ネットワーク機能仮想化 (NFV) と呼ばれる別の種類のネットワーク抽象化も存在します。

NFV は SDN と同様、ネットワーク機能をハードウェアから切り離し、抽象化します。NFV は、SDN ソフトウェアを実行可能なインフラを提供することから、SDN をサポートできます。

NFV を使用すると、通信事業者は特定の機能を複数のサーバーで実行したり、需要の変化に応じて機能の実行場所を移動できる柔軟性を得られます。この柔軟性により、サービスやアプリケーションをより迅速に提供できるようになります。たとえば、顧客が新しいネットワーク機能をリクエストした場合、新しい仮想マシン (VM) をスピンアップしてそのリクエストを処理できますし、その機能が必要なくなった時点で VM の使用を停止できます。これにより、新サービスとして検討している機能の価値を低リスクで検証できます。

NFV と SDN は、目的によっては併用することも可能で、どちらもコモディティハードウェアを使用します。NFV と SDN が実現するネットワークアーキテクチャは柔軟で、プログラムによる制御性に優れ、リソースの使用も効率的です。

SDN の活用やメリットについてエキスパートに相談する