Jump to section

VMware での Red Hat OpenShift

URL をコピー

ソフトウェア開発者の要求が、クラウドによって提供される体験を前提としたものになるにつれ、IT 運用チームは、IT 運用に必要なセキュリティ機能や可視性を損なうことなく、開発者のニーズを満たすスピード、アジリティ、ポータビリティ、スケールを提供するための最善の方法を模索する必要性に直面します。お客様にはクラウドやオンプレミスのベアメタルでコンテナを実行できる柔軟性がありますが、オンプレミスのインフラストラクチャはほとんどが仮想化されています。そのため現在コンテナを使い始めるには、仮想マシン上でコンテナを実行するのが最も簡単で効率的な方法だと言えるでしょう。現在、オンプレミスで実行されているコンテナのおよそ 75% は仮想マシン上で実行されています。  

Red Hat® OpenShift® と VMware vSphere 6 および 7 は、仮想インフラストラクチャ上でエンタープライズ向けコンテナ・プラットフォームを実行するための最適な組み合わせです。ここ数年、Red Hat のお客様は VMware 上で Red Hat OpenShift を導入し、プロダクション環境での運用を成功させています。

VMware での Red Hat OpenShift の現状を見る

VMware vSphere 7 上で OpenShift 4.4 をデプロイ

VMware vSphere による OpenShift 4 のフルスタック自動化

Red Hat と VMware は、長年にわたりテクノロジーパートナーとして協業してきました。そして今回 Red Hat は、OpenShift 4.5 による vSphere デプロイのフルスタック自動化を実現しました。フルスタック自動化により、インストーラーは、Red Hat OpenShift 上でのベストプラクティスの展開によってインフラストラクチャのプロビジョニングを制御し、vSphere 上での初期設定をさらに迅速に実行することができます。

よりカスタマイズされたデプロイのために、Red Hat はオンプレミス、パブリッククラウド・インスタンスでのハイブリッドクラウド展開で Red Hat OpenShift を実行するための、より安全な環境に対する明確なサポートパスを通じて、既存のインフラストラクチャに関するガイダンスを提供しています。

Red Hat のお客様が VMware vSphere 上に Red Hat OpenShift をデプロイした事例をご紹介します。

 

コンテナは、アプリケーションを個別の機能に分割して、開発のアジリティを向上させます。Kubernetes は、コンテナのデプロイ、スケーリング、管理を自動化するために開発されました。Kubernetes を構築、デプロイしているのは最大規模のオープンソース・コミュニティであり、このコミュニティは 1,700 人以上のコントリビューターによって構成されています。Red Hat OpenShift の中核にあるのが、この Kubernetes です。

Kubernetes の利点と課題、および OpenShift がオンプレミスまたはクラウドで Kubernetes デプロイメントの管理を単純化する方法についての詳細は以下からご覧いただけます。

詳細はこちら

関連資料

動画

VMware による Red Hat OpenShift のインストールデモ

VMware vSphere 7 上に Red Hat OpenShift 4.4 をデプロイ

OpenShift 4.4 の vSphere 7 へのインストールとデプロイに関するデモ動画をご覧ください。

レポート

Forrester Wave の新レポート

The Forrester Wave™:マルチクラウドコンテナ開発プラットフォーム、2020 年第 3 四半期。Red Hat は 29 の基準と 8 つのベンダーにおいてリーダーに選出されました。

Illustration - mail

その他の関連コンテンツ

無料のニュースレター「Red Hat Shares」(英語) では、注目の IT トピックスに関するコンテンツをお届けしています。