ログイン / 登録 アカウント

Red Hat コンサルティング

クラウドネイティブ開発を
さらに推し進める

Red Hat のエキスパートが、お客様、そしてお客様のチームや組織が既存のアプリケーションをより効率的にモダナイズし、新しいアプリケーションをビルドするために必要な実践、ツール、文化を生み出すお手伝いをします。

e ブックをダウンロードする

コンピューターを見ている Red Hat の社員たち

クラウドネイティブ開発における
課題は何ですか?

クラウドネイティブ開発過程の一環として、API 対応の分散サービスをコンテナで提供したい。そう考えるお客様は少なくありません。しかし Red Hat は、戦略にはテクノロジーや実装のテクニック以外にも必要なものがあると考えています。それが、デザインプラクティスとデリバリー戦略の変更です。

そこで Red Hat はお客様と連携して、実証済みの技術的なブループリント、および分析方法と設計方法を適用し、ソフトウェア開発のライフサイクル全体を通じてアプリケーションを管理します。これにより、市場投入時間の短縮、問題対応の迅速化、お客様の顧客への価値提供を実現できます。

ネオンの雲を背景に話している男女

アプリケーションの作成を迅速化して競争力を維持したい

お客様と連携し、お客様のビジネスニーズ、目標、課題をより理解するための規範的なデザイン方式を使用して、アプリケーション開発とデリバリーを最適化するカスタムソリューションを作成および実装します。

Red Hat のアプローチでは、アプリケーションをモダナイズしてアジリティを高め、アプリケーションをすぐに活用するための鍵となる領域を特定します。これらの領域で変化を生み出すことで、ビジネスを中断せずに、変化する IT の課題に取り組むことができるようになります。


40%

Red Hat の方式が、機能提供にかかる市場投入時間をどのように短縮するかを知る

エンタープライズ向けオープンソースの状況

エンタープライズ向けオープンソースの状況と、それが果たす戦略的役割について詳しく知る

ミーティング中の 2 人

ドイツ銀行が、製品をより迅速に顧客に提供するためのプラットフォームを構築した方法を見る

変化し続ける要求に対応するため、継続的な改善を探求したい

オーケストレーションされた分散型コンテナを使ってアジャイルなクラウド・アプリケーション・アーキテクチャを作成する戦略の開発を支援します。Red Hat® OpenShift®、Red Hat RuntimesRed Hat CodeReady Workspaces などの製品を使うと、必要な情報を取得して戦略を加速させ、オープンソースのイノベーションとオープンプラクティスを融合できます。

ハイブリッドクラウド・アプローチの構築によって、アプリケーションに可搬性とスケーラビリティが加わる一方、自動化されたデプロイメントのパイプラインにより、デリバリー品質と組織のアジリティが向上します。

ホワイトボードを使う人々

Emirates NBD ロゴ

イノベーションを強化するためにクラウド・プラットフォームを構築した Emirates NBD のインサイドストーリーを読む

Paychex ロゴ

Paychex のアジャイルな変革への道のりについて詳しく知る

オフィスで働く 2 人の男性

Amadeus が Red Hat でカスタマーサービス・エクスペリエンスの変革に成功した方法を知る

デュアルモニターで作業する男性

API とユーザー・インタフェースの実装への投資を最大限に活用したい

コンテナプラットフォームを使用してさまざまなアプリケーション、サービス、マイクロサービスの管理とサポートに内在する困難に対処するお手伝いをします。クラウドネイティブ・アプリケーションを提供する最良の方法を見つける一環として、オープンソース・テクノロジーを使用したクラウドネイティブ開発プラクティスの導入方法をご案内します。

また、効率性と生産性の向上に取り組むにあたり、開発や運用を実践するコミュニティとお客様をつなぎ、コミュニティづくりも支援します。


Open Practice Library ロゴ

コンテナネイティブ・アプリケーション開発のスピードアップに役立つ実践の詳細を知る

KBTG ロゴ

タイの銀行が、アジャイルなアプローチによって、モバイルバンキング・サービスの迅速化とスケーリングを実現した方法を知る

UPS の運転手

UPS がリアルタイムのデータ分析と質の高いカスタマーエクスペリエンスを実現した方法を見る

クラウドネイティブ開発がどのように組織の向上につながるかを知る

概要をダウンロードして、クラウドネイティブ開発の導入により、組織、プロセス、テクノロジーを連係させる方法をご覧ください。

クラウドネイティブ開発を導入する