Red Hat Edge

IT リーダーによるビジネス上の課題解決に役立つエンタープライズ・オープンソース・プラットフォームは、データが収集される場所により近いところ、すなわち、エッジにデプロイできるプラットフォームです。

Red Hat のエッジコンピューティング・アプローチは、ハイブリッドクラウド機能を拡張して、組織が柔軟でセキュリティを重視したエッジ・テクノロジーによって革新できるよう支援します。急速に変化する市場状況に対応し、差別化された製品を作成し、これまで以上に迅速に運用成果を向上させることができます。

エッジにとってオープンイノベーションが重要である理由

エッジコンピューティングを行うには、その幅広いユースケースとエコシステムに対応するため、業界全体でのコラボレーションが欠かせません。一社のみで完全なエッジコンピューティング・ソリューションを提供することは不可能です。ですから、相互運用可能なソリューションを識別し、ベンダーロックインを回避するために、オープンイノベーションが必要です。

Red Hat のエッジコンピューティング・ソリューションは、コミュニティが主導するオープンソースのイノベーションに基づいて構築されています。これは、多くの人々が、エッジコンピューティングのビジネスニーズを解決するソリューションの開発に、オープンかつ透明性を持って携わっているということです。これによってあらゆる規模の組織が、より迅速なイノベーションと、データをソースの近くで処理するエッジコンピューティングの導入によるメリットを享受し、実用的な知見を得ることができます。

オープンな視点で理解するのに役立つ動画をご覧ください

次に来るものを知る

エッジ戦略のニーズは何ですか?

セキュリティ

セキュリティ

2023 年のエッジにおけるセキュリティに関する Red Hat レポートによると、エッジネットワークのセキュリティが最優先事項であるとする意思決定者はほぼ 70% に上ります。   

Red Hat はセキュリティに対して多層型のアプローチを取っており、お客様は保護されたチャネルから配布されるアップデートを継続的に利用できます。制御とポリシーが自動化されているので、適切なセキュリティ、ガバナンス、コンプライアンスが維持されます。同じプラットフォームを使用することで、脆弱性を防ぐデータセキュリティ対策を講じ、ソフトウェアを一貫して更新することができます。

 

自動化と運用管理

自動化と運用管理

エッジに配置したデバイスとサーバーの数が増加するにつれて、高度に分散化されたロケーションまで運用管理を拡張する必要性も高まります。 

Red Hat を使用すると、運用の一貫性を促進するツールとプロセスを用いることでエッジ・アーキテクチャの管理が単純化され、チームの管理能力をアーキテクチャに合わせて拡張できるようになります。当社の製品スイートなら、マルチクラスタ/マルチノード管理環境でもエッジデバイスを自動化できます。

パートナーエコシステム

パートナーエコシステム

Red Hat の広範なパートナーエコシステムは、統合の必要性を最小限に抑え、市場投入時間を短縮し、組織のニーズに応じたスケーラビリティを実現します。Red Hat は主要な認定エコシステムパートナーと連携しており、最初の段階から自信を持って進めること、およびお客様独自のソリューションを柔軟にカスタマイズすることができます。お客様の技術チームが最新の情報とリリースを使用できるよう協力し、ビジネス運営のためのシームレスな統合を可能にします。

相互運用性

相互運用性

エッジの拡張を成功させるには、一貫した管理を実現し、複雑性を最小限に抑えることが必要です。IDC によると、エンタープライズ・オープンソース・テクノロジー、そして最終的にはオープン・ハイブリッドクラウドを採用することで、ベンダーロックインを最小限に抑え、標準ベースの統合を促進し、オープンソース・コミュニティを利用して新機能の開発を加速することができます。

エッジでの成功

何をエッジでの成功とするかは組織によって異なりますが、そこに到達するまでの道のりは苦痛なものとなるべきではありません。Red Hat は、お客様独自のワークロードをサポートするプラットフォームを、必要なときに必要とされる場所に提供します。さまざまな業界でのエッジの成功例をご覧ください。

自動車

車載ソフトウェアシステムのアップデートは複雑で、多くの場合、長期の開発期間が必要になります。Red Hat とゼネラルモーターズ (GM) は、Red Hat の車載オペレーティングシステムを用いてこれらの複雑なアップデートをよりシンプルかつ頻繁に行うことを目指しています。この継続的なアプローチにより、機能安全認証が GM のソフトウェア・プラットフォームに実装され、短時間で迅速に多くのオプションが開発者に提供されます。

製造

製造業者はエッジ・テクノロジーを活用して生産性を向上させ、製品の品質を向上させ、絶えず変化する顧客要求と規制に対処するための適応性のあるプロセスを継続的に開発しています。シーメンスは、Red Hat® OpenShift® とそのモジュール式の応答性の高いアーキテクチャを使用することで、運用を改善し、製品アプリケーションの更新を最適化する新しい方法を獲得しました。このアプローチによりオープンなイノベーションの実現と豊かなエコシステムの成長促進が可能となり、その結果、中断やセキュリティ上の懸念を引き起こすことなく、サプライチェーンのパフォーマンスを向上させ、優れたカスタマーエクスペリエンスをもたらしています。

通信

エッジのフットプリントは拡大し続けており、通信プロバイダーは、接続が断続的な場所においても、一貫性をもってエッジコンピューティングをデプロイできるようにすることを求めています。Verizon と Red Hat は、Verizon 5G Edge のあらゆる場所から開発者とアプリケーションのエクスペリエンスを標準化するために、協力して Red Hat OpenShift をデプロイしました。現在では、Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes (ACM) を使用して運用の統合を進めることで、デプロイを単一画面から簡単に管理できるようになりました。

小売

小売市場ではオンラインショッピングが浸透しており、デジタル化が鍵となります。ドイツの小売業者 Schwartz Group は、競争力を維持するために、柔軟性と効率性を高めるアジャイルな自動化ワークフローを必要としていました。国際的な存在感が急速に高まる中、Schwartz Group は、一貫した店舗管理と新店舗の迅速な開店を両立する必要がありました。Red Hat® Ansible® Automation Platform によって、ワークフローと管理を自動化して全世界の運用の可視性を向上し、市場投入時間を短縮することができました。

IT エッジ

エッジにより、あらゆる IT ユーザーがアプリケーションサービスをリモートロケーションに拡張できます。つまり、店舗、レストラン、支社/支店、駅や停留所など、多くのリモートロケーションでエッジコンピューティングを活用し、分散型の IT 導入に特有の問題を幅広く解決することができます。公益事業会社の BrianzAcque は、マイクロサービスを使用してデータ処理を分散し、消費者用の給水所で水質を分析して販売を行うことでこれを実現しました。

Red Hat Edge の検証済みパターン

Red Hat のポートフォリオとテクノロジー・エコシステムを結集し、一般的なユースケースをサポートする一連のエッジコンピューティングの設定をご覧ください。

Technically Speaking ポッドキャストの画像

Red Hat の CTO、Chris Wright (クリス・ライト) が、エッジコンピューティングについて詳しく語ります。

Red Hat でエッジに拡張する

ワークロードがデータセンターのサーバーからクラウドでホストされているエッジデバイスに移行しつつあるという理由だけで、IT 戦略 (およびそれを実現するソフトウェア) を変更する必要はありません。

あらゆるものが問題なく機能するべきです。どこででも。

エッジに対する Red Hat のアプローチ

Red Hat Edge ポートフォリオ

Red Hat のエッジ製品ポートフォリオにより、ネットワークのエッジにあるデバイスでも、データセンターと同じエンタープライズ・オープンソース・プラットフォームを構築できます。

Kubernetes の機能をエッジサイトに拡張し、低遅延のワークロードをどこでもサポートする柔軟なトポロジーオプションを使用して、一貫した運用とアプリケーション・ライフサイクル管理を大規模に行う統合エンタープライズ・アプリケーションおよびコンテナ・オーケストレーション・プラットフォームです。

ファーエッジの先端に置かれた、リソースに制約のある小型デバイスのさまざまなワークロードをサポートする柔軟性の高いプラットフォーム。Red Hat Enterprise Linux と MicroShift の Red Hat ビルド (軽量の Kubernetes ディストリビューション)、Ansible Automation Platform を組み合わせています。

データセンターからエッジまでエンタープライズ・ワークロードを実行するために構築された、一貫性のある柔軟な基盤を提供する OS です。大規模なエッジデバイス群のセキュリティ保護、拡張、監視、デプロイを支援する管理サービスを提供し、必要なインフラストラクチャ (および関連コスト) を最小限に抑えます。

異種ハードウェアおよびソフトウェア環境全体でのデバイス、ネットワーク、アプリケーションのライフサイクル管理へのアプローチが自動化されており、数百から数千のデバイスのデプロイを単純化する自動化プラットフォーム。

オープンソース・ストーリーのロゴ

農業のオープンソース化

Dorn Cox 氏は農業の将来に対して楽観視しています。このショートフィルムでは、農業管理のためのオープンソース・プラットフォームである farmOS を Cox 氏が紹介し、世界中の農家がどのようにしてデータを整理し、ベストプラクティスを共有できるのかについて話しています。

オープンソース・ストーリーを詳しく見る