検索

日本語

日本語

ログイン

ログイン/登録

Web サイト

クラウド・コンピューティング

クラウド構築に Red Hat を選ぶ理由

クラウドの基盤がすべてを握る

Red Hat のオープンソース・テクノロジーは、パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、マルチクラウドなど、あらゆる形態のクラウドのための一貫した基盤を提供します。あらゆる環境で同じように動作する標準的なオペレーティングシステム (OS)、アプリをパッケージ化してクラウド間で移動できるコンテナ・プラットフォーム、そしてすべてを管理し自動化するために役立つ各種ツールを備えた Red Hat クラウドなら、数百もの認定パブリッククラウド・プラットフォームをうまく活用したり、独自のプライベートクラウドを構築したりするために必要な能力が手に入ります。

Red Hat では Red Hat 製品を社内で使用して、イノベーションの促進、アジャイルで応答性に優れた運用環境、予測不可能な環境の変化や課題への柔軟性を達成しています。


クラウド戦略の構築

何らかのタイプのクラウドをデプロイしてビジネスを向上させたいが既存アプリケーションの移行に不安がある、階層的アプローチを取るべきかどうかわからない、社内にシャドー IT がどの程度浸透しているか不明などでお困りでしたら、Red Hat の熟練したチームがプランの策定をお手伝いします。

現状から目的とする状態までの、ロードマップの作成をサポートします。エンジニアリング、サポート、製品管理から部門の垣根を超えたダイレクトなサポートを得られるアプローチにより、人員、プロセス、テクノロジーのバランスを取ることができます。


プライベートクラウドの導入

プライベートクラウドは拡張性に優れているほか、セキュリティポリシー、コンプライアンス要件、および各種規制に関して、より大きな制御を提供します。しかし、自力でプライベートクラウドを構築しようとすると複雑になりがちで、コストもかさみます。Red Hat でクラウドを構築すれば、クラウドを構築するためのサポートを利用でき、構築した後も生産性を維持できます。

Red Hat® OpenStack® Platform を使えば、仮想リソースがクラウドリソースになります。OpenStack のネイティブ・オペレーティングシステムである Red Hat Enterprise Linux® にデプロイすることで、クラウド環境を全社的に構築し、導入し、サポートするための基盤が実現します。


クラウドでコンテナを使用する

マルチクラウドのメリットは多岐に渡りますが、クラウドにコンテナを導入することで、企業は適したプロジェクトに適したクラウドを使用できるようになります。Red Hat OpenShift は Kubernetes をベースとした完全なコンテナ・アプリケーション・プラットフォームです。このオープンソース・プラットフォームは Linux コンテナの操作と管理を自動化するもので、各コンテナには実行される方法と場所を指示するポリシーを持つことができます。

それぞれのコンテナは本来 Linux で実行されるように設計されているため、Red Hat OpenShift を Red Hat Enterprise Linux に導入することにより、すべてのコンテナのセキュリティを強化し、複数環境間の一貫性を向上できます。必要なものすべてをワンストップで利用したい場合 (クラウド・インフラストラクチャ + コンテナ・プラットフォーム)、Red Hat Cloud Suiteをご利用いただけます。Red Hat Cloud Suite は、コンテナベースのアプリケーション開発プラットフォーム、プライベートクラウド・インフラストラクチャ、パブリッククラウドの相互運用性、および共通の管理フレームワークを、簡単にデプロイできる単一のソリューションとして提供します。


パブリッククラウドの活用

パブリッククラウドはすべての作業に適しているわけではありません。また、すべての作業がパブリッククラウドに対応しているわけでもありません。そのため、1 つの環境だけに完全に依存することには問題があります。

ハイブリッドクラウド・アプローチにパブリッククラウドを追加する企業が増加している現状を踏まえ、Red Hat では多数の Red Hat 認定クラウド & サービスプロバイダーからなるエコシステム、任意のクラウド上の任意の環境で任意のアプリケーションを実行できるコンテナプラットフォーム、すべてを同じように実行できる OS をご用意しています。


クラウド管理

単独のクラウド環境であれ、マルチクラウド環境であれ、効果的な管理を行うか否かで大きな違いがあります。Red Hat CloudForms は一貫した方法でクラウドのコストを追跡し、リソース割り当てを制御し、コンプライアンスを確保するマルチクラウド管理プラットフォームです。また、Red Hat Ansible® Automation Platform の Playbook の実行にネイティブ対応した設計により、統一された自動化言語を使ってクラウド・エクスペリエンスを標準化できます。


クラウド・コンピューティングを支える諸要素

Red Hat のクラウド・ソリューションはクラウド製品に留まりません。OS、ストレージ、ミドルウェア製品もすべて、クラウド・コンピューティングをサポートするように設計されています。Red Hat は、企業がこれまでの投資を最大限に活用しつつ、将来に向けて、どのような環境でも動作することが保証されたアプリケーションに安全な投資を行えるよう支援します。

オペレーティングシステム

クラウドはどれひとつとして同じではありません。つまり、OS はあらゆるものに対応できなくてはなりません。そして、あらゆるものに対応できる OS は、 Linux をはじめとするオープンソース以外にはありません。そこでお勧めするのが Red Hat Enterprise Linux (RHEL) です。RHEL はクラウドネイティブ・アプリケーションを実行し、あらゆるクラウドデプロイに対して一貫した基盤を構築し、制御、信頼性、そして自由度を実現します。

また、パブリッククラウドで最も広く導入されている商用 Linux ディストリビューションとして、Red Hat Enterprise Linux は数百ものパブリッククラウド・プロバイダーおよびサービスプロバイダーでの動作が認定されており、運用のベースとして想定されているネイティブの Linux オペレーティングシステム・コンテナを利用して構築されています。さらに、Red Hat Enterprise Linux を実行すると、OS の効果だけで年間 1 兆米ドル以上の経済的なメリットも得られます。

ストレージ

プライベートクラウド

OpenStack は急成長を遂げている最大のプライベートクラウド・インフラストラクチャ・プロジェクトで、運用にはストレージが必要です。適切なストレージを使用することで、OpenStack の機能を余すところなく発揮することができます。Red Hat Ceph Storage は、OpenStack のアーキテクチャとサービスのニーズをマッピングし、ユーザーがクラウドのプロビジョニング・サービスをフル活用できるプライベートクラウドを開発、使用できるようにします。

パブリッククラウド

Red Hat Gluster Storage は 3 つの主要なパブリッククラウド・プロバイダーである Amazon Web Services、 Microsoft Azure、Google Cloud Platform で利用できる、柔軟なストレージを提供します。また、Red Hat Gluster Storage はあらゆるパブリッククラウド上の Red Hat OpenShift で利用できる永久ストレージも提供しています。ユーザーはどこでコンテナが実行されていても、一貫したエクスペリエンスを得ることができます。

ミドルウェア

Red Hat JBoss® ミドルウェアは、クラウドで実行される既存システムまたは全く新しいアプリケーション向けに、あらゆる環境における最新のアプリケーション開発を可能とするための製品ポートフォリオです。API は社内チーム、パートナー企業、および一般人との間でクラウドベースのアプリへのアクセス管理を支援します。アジャイル・インテグレーションのためのテクノロジーは、データセンター内のアプリをクラウドへと接続します。そして、意思決定管理とビジネスプロセス自動化のためのテクノロジーにより、各種処理を自動化できます。Red Hat JBoss Middleware は、さまざまな方法によって、クラウドやクラウドで実行されるすべてのものを、一貫的かつ反復可能な方法で接続します。

クラウドを活用し、生産性を上げるためのソリューション

パブリッククラウドとプライベートクラウドの導入に対応する管理ツールやコンテナ・プラットフォームを含め、クラウドのセットアップに必要なものすべてを提供します。

Kubernetes をベースとして構築されたコンテナ・プラットフォームで、あらゆるクラウドでアプリケーション開発とその導入を単純化、高速化し、管理します。

Red Hat Enterprise Linux

あらゆる環境で企業活動に必要なすべてのものに対応する標準運用環境です。

Red Hat Cloudforms

ハイブリッドクラウド環境とマルチクラウド環境を統合する、管理および運用プラットフォームです。

Red Hat Ansible Automation

コーディングやスクリプト作成なしで幅広いポリシーとプロセスを定義することにより、クラウド管理を自動化します。

Red Hat 認定クラウド & サービスプロバイダー

サブスクリプションをパブリッククラウドで使用しましょう。Red Hat Cloud Access なら、サブスクリプションをパブリッククラウドで利用しながら、Red Hat グローバルサポートサービスとの関係を維持できます。

OpenStack® のワードマークおよび OpenStack のロゴは、米国とその他の国における OpenStack Foundation の登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundation の許諾の下で使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。