ログイン / 登録 アカウント

クラウド・コンピューティング

クラウドアーキテクチャとは

Jump to section

クラウドアーキテクチャは、個々のテクノロジーがどのように統合されてクラウドを構成するかを示します。クラウドとは、ネットワーク上でスケーラブルなリソースを抽出、プール、共有する IT 環境です。クラウドアーキテクチャは、アプリケーションが実行されるオンラインプラットフォームを実現するために、クラウドを構築するために必要なすべてのコンポーネントと機能をつなぎ合わせる方法です。

家を建築するところを想像してください。クラウド・インフラストラクチャはすべての資材を組み合わせ、クラウドアーキテクチャは設計図となります。

クラウドアーキテクチャの概要

クラウドは、 クラウドプロバイダーがプラットフォームと基盤の IT インフラストラクチャの両方をユーザーに提供するので、Platforms-as-a-Service (PaaS) と考えられます。クラウド・プラットフォームを構築するには、プロバイダーがクラウド・インフラストラクチャを作成してユーザーに提供するなど、ハードウェア・コンポーネントからコンピュータの能力を抽象化するだけでは不十分です。クラウド・プラットフォームの提供には、コンテナ化オーケストレーションアプリケーション・プログラミング・インタフェース (API)、ルーティング、セキュリティ管理自動化などのテクノロジーを取り入れるために開発レベルをさらに向上する必要があります。ナビゲーションが容易なオンライン操作を作成するには、ユーザーエクスペリエンス設計 (UX) も重要です。

目的に応じてクラウドアーキテクチャにはさまざまな種類がありますが、大部分のクラウドには、ハードウェア、ミドルウェア、管理、自動化ソフトウェアが必要です。多くのクラウドでは、仮想化を使用してハードウェアリソースを一元管理されるデータレイクに抽象化しますが、ベアメタルクラウドと呼ばれる一部のクラウドはクライアントを直接ハードウェアに接続します。

実践的な例を取り上げますOpenStack® は、他の多数のオープンソース・プロジェクトを組み合わせて、仮想化されたリソースを使用してクラウドを構築および管理する、よく知られたオープンソース・クラウドプロジェクトです。Red Hat はオープンソース・プロジェクトを安定化させ、Red Hat® OpenStack Platform としてリリースしました。この製品のバージョン 12 (2017 年末にリリース) では、それぞれが基本的なクラウド・アーキテクチャを表している以下のクラウドサービスをバンドルしています。 

クラウドアーキテクトになる方法、見つける方法

認定を受けたオープンソース・クラウドアーキテクトを見つけたい、またはアーキテクトになりたいという場合は、Red Hat 認定アーキテクト (RHCA) をご検討ください。RHCA になるには、Red Hat 認定システム管理者および Red Hat 認定エンジニアとしての認定が必要で、RHCA 認定に必要な 20 件近い試験のおよそ半分がクラウドを取り扱っています。

パブリック、プライベート、ハイブリッド、マルチクラウドの各アーキテクチャ

Red Hat を選ぶ理由

クラウドアーキテクチャを Red Hat 製品で構築すると、パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、マルチクラウドのいずれの環境であっても、ベアメタルおよび仮想環境も含めて、相互運用性が実現されます。Red Hat のオープンソース製品をオープンなアプリケーション・プログラミング・インタフェースとオープンスタンダードを使用して接続し、アジャイル・インテグレーションDevOpsCI/CD など、オープン・オーガニゼーションの手法を促進するクラウドアーキテクチャを構築します。

独自のクラウド・アーキテクチャを構築

Red Hat OpenStack Platform product logo

パブリックおよびプライベートクラウド・プラットフォーム。

Red Hat OpenShift での認定ソフトウェアのデプロイメントを自動化。