クラウド・コンピューティング

プライベートクラウドとは

プライベートクラウドとは、特定のユーザーが使用および管理するシステムによって提供される、仮想リソースのプールを指します。これらは自動的にプロビジョニングすることも、セルフサービスのインタフェースで割り当てを行うことも可能です。

プライベートクラウドは、場所や所有権ではなく、プライバシー設定と所有権により定義されます。リソースが特定の顧客専用で、その顧客のみがアクセス可能であるなら、プライベートクラウドを提供するインフラストラクチャの所在は、オンサイトでもオフサイトでも問題ありません。

次のような状況を考えてみてください。従来型のリソース割り当てシステムを使用しているとします。事業部門がカスタム・デプロイメントをリクエストすると、IT 部門は物理システムからリソースを取得し、仮想化し、仮想マシン (VM) の一部としてロックします。オンデマンドかつ拡張性に優れたプライベートクラウドを実装する場合、これらの仮想リソースを共有プールにまとめ、自動化ツールと連携する管理ソフトウェアを使ってセルフサービスのパラメーターを定義します。より多くのリソースが必要な場合は、オンサイトのハードウェアを新規に購入するか、ベンダーからインフラストラクチャをレンタルすることができます。自社専用のハードウェアを自社で管理している限り、ハードウェアが物理的にどこに存在してたとしても、それはプライベートクラウドとなります。

どちらの例でも、あらゆるコストを常に自社で負担しなければなりません。ベースとなるクラウド・インフラストラクチャの配置、管理、保守は、自社で行うことになります。ベンダーが所有するオフプレミスのプライベートクラウドを使用する場合、ハードウェアは新たに購入しているのではなく、レンタルしていることになります。


プライベートクラウドを使用すべき理由

プライベートクラウドは、会社のリソースをオンデマンドで利用可能にしたいものの、パブリッククラウドには移行できない (または移行したくない) IT リーダーにとって理想的なソリューションです。移行を妨げる要因としては、セキュリティポリシー、予算、コンプライアンス要件、または医療金融サービスなどの業種に存在するような規制が想定されます。こうした業種の企業では、IT システムをセキュリティ保護するために暗号化プロトコルやファイアウォールを使用します。しかし、プライベートクラウドへのアクセスは制限されているため、パブリッククラウドに比べてセキュリティをさらに強化することができます。

プライベートクラウド・インフラストラクチャに投資すべきかどうかを判断する際は、対応すべきワークロードについても考慮する必要があります。従来型のステートフルなワークロードの場合、エンタープライズ仮想化製品で十分に対応可能です。一方、開発リサーチ電気通信 (特にネットワーク機能の仮想化) に見られるような、ステートレスかつ疎結合のワークロードに対応する場合は、プライベートクラウドの方が適しています。

物理的に接続されたインフラストラクチャでの対応に限界を感じたら、リソースを仮想化すべきです。そして仮想化での対応も限界に達したら、それはプライベートクラウドを開発すべきタイミングです。


プライベートクラウドのストレージ

ストレージは、特に消費者にとって、クラウド・コンピューティングの最も一般的な利用方法です。Dropbox、OneDrive、iCloud、Google Drive など、サービスベースの企業が提供するユーザーフレンドリーなデザインによって、「クラウド」は一般的な言葉となり、2016 年にはミームにもなりました。

しかし、ビジネスにおけるクラウドストレージは、まったく別の意味を持っています。ビッグデータやモノのインターネット (IoT) が登場したことで、データを長い期間保管した後でなければデータの価値を評価するのは難しくなりました。ですが、そのデータには、価値あるビジネスの知見やアプリケーションの新しい機能を見出すための鍵が隠されていることがあります。企業はデータをどのようなクラウド (オンプレミス、オフプレミス、パブリック、またはプライベート) に保存するかを決めた後にも、どのように保存するかも決定する必要があります。保存したデータが見つからなければ、何の意味もありません。

データをクラウドに保存する際は、 ソフトウェア・デファインド・ストレージ の利用が一般的です。ソフトウェア・デファインド・ストレージはストレージソフトウェアをハードウェアから分離するので、クラウド上のストレージ容量を抽象化し、統合することが可能になります。これにより、クラウドが構築されている個々のハードウェア・コンポーネントを超えてスケーリングできます。

一般的なソフトウェア・デファインド・ストレージのソリューションには、構造化データ用の Ceph と非構造化データ用の Gluster の 2 つが挙げられます。Ceph はクラウドとの連携に適した、拡張性が高くプログラミング可能なストレージシステムです。オブジェクト、ブロック、およびファイルストレージを 1 つのリソースプールに統合できるため、特に OpenStack を使用してデプロイされたクラウドに適しています。Gluster は、従来型のファイルストレージの要件に対応するよう設計されています。特に、コンテナベースのアプリケーション向けに、弾力性を備えたストレージのプロビジョニングや管理を行うことに長けています。


プライベートクラウドのメリット

プライベートクラウドは、仮想化プラットフォームの単なる拡張ではありません。さまざまなコンピューティング・リソースを抽象化し、それらに対する制御されたセルフサービスのアクセスを提供します。また、従来の仮想化を超える、次のようなメリットを実現します。

  • インフラストラクチャのキャパシティ向上により、コンピュートやストレージに関する大規模な要求にも対応可能
  • セルフサービスのユーザー・インタフェースとポリシーベースの管理によるオンデマンドサービス
  • ユーザーのニーズに基づきリソースを効率的に割り当て
  • インフラストラクチャ全体におけるリソースの可視性を向上

プライベートクラウドを利用すると、十分に使用されていない容量のインスタンスを減らすことができます。企業は必要に応じてリソースを自動的に構成ないし再構成できるようになります。仮想化のおかげで、リソースが物理的な環境に制限されることがないからです。また、プライベートクラウドは、企業のセキュリティポリシーやセキュリティプラクティスによっては、他のタイプのクラウドよりも優れたセキュリティを提供できます。

プライベートクラウドについてさらに詳しく知る