検索
日本語
日本語
ログイン アカウント
ログイン / 登録 アカウント
Web サイト

トピック

ビジネスにおける IoT の意味とは

IoT (モノのインターネット) では、日常にあるモノがネットワークの一部となり、他の「モノ」とデータをやり取りします。世界はデバイスによって確実につながっています。

消費者にとっては、たとえば海外からでも自宅のエアコンを調節できることが IoT です。これに対し、ビジネスでは、顧客やパートナーとつながることで新しい機会を創出できると同時に、大量のデータを収集して、保存、分析できるということを意味します。

注目のビデオ

重要なデータを収集し、分析し、それに基づいて行動する

インテリジェント・ゲートウェイは、データセンターに送り込む必要のないデータをフィルタリングし、送り込む必要のある重要なデータは迅速に処理します。必要なアクションを実行し、重要な要約データをデータセンターに送信するスマートさを備えています。Red Hat の IoT へのアプローチは、エッジコンピューティングへのアプローチと密接に連携しています。

詳細はこちら

人命を守るための優先順位

命を守る高速度データ分析

データを収集したら、すぐに処理するか、保存しておいて後で評価または処理する必要があります。簡単なことです。

しかし、データ量が多くなるほど、分析も処理も難しくなってきます。この問題を鉄道業界がどのように解決したのか、ご紹介します。

  1. 1. 列車運行管理システム (PTC) では、次の 2 種類のデータを収集して処理する必要があります。
    • 直ちに行動を起こす必要がある緊急データ
    • データセンターに送信して、後で評価して使用されるデータ
  2. 2. レール脇のセンサーが、列車のルート、速度、乗車率などの特性に関するデータを収集して記録します。すべてのデータは、制御層を通過します。ここで、メッセージングルールとビジネスルールのソフトウェアによって、データの処理方法が決定されます。
  3. 3. 列車が踏切に近づくと、速度変更のメッセージが最優先事項として車掌のダッシュボードに表示されます。速度、燃料効率、重量などの情報は、緊急度の低いデータとして、後で分析するためにデータセンターに保存されます。
  4. 4. 緊急指示が無視されると、列車搭載システム内で自動処理が実行されて、列車が停止、減速、または加速します。これにより衝突が回避され、データは安全に保存されます。
次へ

現場機器の通信と調整 (運賃支払機とバックエンドシステム間) は、私たちの輸送業界内における IoT へのアプローチを顕著に示すものです。これにより、輸送システムの状態について貴重なリアルタイム情報を顧客に提供できます。

Genfare 社長 Darren Dickson 氏

業界の導入事例

IoT の将来性を問うている場合ではありません

Energy illustration

石油/ガス/電気

計器データの管理、照明/温度/電力/業務の制御システムの自動化

ケーススタディを見る
Transportation illustration

運輸

車両の追跡と運行の最適化、より優れた列車テクノロジー、センサー管理、機内エンターテイメント

詳細はこちら
Shopping bag illustration

小売

セキュリティと損失防止、ターゲットを絞ったショッピング、顧客サービス、広告

ビデオを見る

モノの準備

導入にあたってのセキュリティに関する考慮事項

Embedded Computing Design の記事「When one cyber attack becomes a thousand: Protecting the IoT (1 件のサイバー攻撃が 1,000 件の攻撃になる: IoT を守る)」から抜粋した 3 つのヒントを紹介します。

デバイスの保護

物理デバイスとそのソフトウェアが脅威から守られていることを確認します。ディスクの暗号化とセキュリティポリシーの設定の両方を行っていますか?

IoT により、プライバシーが著しく侵害される時代が必ずやって来るというわけではありませんが、その可能性は確かにあります。

「Guide to the Internet of Things (モノのインターネットのガイド)」Dzone 詳細はこちら

通信の保護

データは移動中も保護され、信頼できるデバイスまたはサーバーに届けられる必要があります。効果的な暗号化やネットワークプロコトルが設定されていますか?通信は認証によって確認されていますか?

IoT のプロジェクトが概念から現実へと進展する中で、デバイスによって作成されたデータがシステム内をどのように移動するかということは、最大の課題の 1 つです。

IoT:データはどこに行くのか
詳細はこちら

データの保護

データの種類に応じた適切なレベルのセキュリティを判断します。重要なデータには暗号化または特別なセキュリティ対策が施されていますか?データの増加に合わせてセキュリティの規模を拡張できますか?

IoT は、別のドメインでテストされたセキュリティプロトコルや、テクノロジーから得た知識や対策を応用することはできますが、IoT デバイスと従来型のコンピューティング・システムには明らかな違いがあります。

IoT のセキュリティ対策には拡張性に優れたソリューションが必要
詳細はこちら

Red Hat の IoT に関するニュース

協力体制がすべてを可能にする

エンタープライズ IoT には、拡張性、安全性、信頼性が高い方法でデータの収集、処理、実行、交換を効率的に行うためのアーキテクチャが求められます。最近になって、Eurotech と Red Hat は、あらゆる段階での IoT の実装に伴う複雑性に対応することで、そのようなアーキテクチャの構築を容易にするためのジョイント・コラボレーションを発表しました。詳細については、以下をご覧ください。

Cloudera、Red Hat と Eurotech と協力してエンドツーエンドのオープンなモジュール式 IoT アーキテクチャの運用を開始し、IoT のデプロイを迅速化

オープンスタンダードと相互運用性は、IoT の接続性とデータ統合の問題を解決するために重要であることがすでに知られていますが、企業がハイブリッドおよびマルチクラウド環境においてセキュアでスケーラブルな IoT ソリューションを効率的に提供するという課題を抱えるようになり、さらに重要性を増しています」と、Red Hat CTO オフィステクノロジー・ストラテジスト Jered Floyd (ジェレッド・フロイド) は言います。「このエンドツーエンドのアーキテクチャを Cloudera と Eurotech とともに立ち上げ、IoT のお客様がこのような課題を解決し、クラウドプロバイダーを選べるようにしました」

プレスリリースを読む ソリューション概要を読む

Red Hat でIoT への接続を強化

IoT のデプロイメントは基本的に、非常に大規模な統合作業です。Red Hat が提供するオープンソース・コンポーネントにより、エッジからエンタープライズ・アプリケーションおよびデータプラットフォームへと戻されるデータストリームの統合が容易になります。使用しているのが Red Hat 製品 1 つだけでもエンドツーエンドのアーキテクチャ全体であっても、Red Hat はお客様の IoT プロジェクトを支援できます。

パンフレットを読む

Red Hat と Vorwerk、ハイブリッドクラウドと IoT を主な調理機器に導入

イノベーションとカスタマーサービスは最重要事項であり、この領域で IoT は重要な役割を果たすと認識しています。Red Hat をパートナーとして迎え、デバイスの接続性を改善し、カスタマー・エクスペリエンスを強化することに成功しました」

Vorwerk デジタルアーキテクチャ担当シニアマネージャー Michael Hosse 氏
プレスリリースを見る

企業が IoT を通じて安全に利益を得るにはどうしたらよいのかと、よく尋ねられます。そうした質問に対しては、まず 1 つの重要なビジネス課題に重点を置いて、自動化された持続可能なソリューションの開発に必要な知見と先見性がどのようなものかを明確にすることであると答えています。IoT プロジェクトが失敗するのは、多くの場合、一度にあまりにも多くの問題に取り組もうとするからです。

IoT およびインテリジェントシステム担当チーフアーキテクト James Kirkland (ジェームズ・カークランド)