アカウント ログイン
セクションを選択

エッジ・アーキテクチャとは

URL をコピー

エッジ・アーキテクチャとは、エッジコンピューティング (デバイス、センサー、サーバー、クラウドなど、広範囲のネットワークで処理または使用されるあらゆる場所) でアクティブなすべてのコンポーネントが含まれる分散コンピューティング・アーキテクチャです。 

 

エッジにおける Red Hat Enterprise Linux

エッジ・コンピューティングとは、システムのデータまたはそのエンドユーザーに最も近い場所、つまり情報が出入りする場所で行われるコンピューティングを指します。エッジ・アーキテクチャは、レイテンシーとラグを削減することで、より迅速な処理を可能にします。エッジで実行されているアプリケーションやプログラムは、より迅速かつ効率的に動作できるため、ユーザーエクスペリエンスが向上し、全体的なパフォーマンスが改善されます。

たとえば、海運会社の場合、貨物の積み下ろしを行い、出ていく商品をチェックしたり、情報の管理、収集、送信を行ったりする複数のドックのそれぞれが「エッジ」だと言えます。メインのデータセンターを収容する会社の本社が大きく離れた場所にあっても、アプリケーション処理はエッジで行われます。 

エッジコンピューティング・アーキテクチャには、組織の全体的なデプロイメントの一環として、企業のデータセンターまたはメインサーバーがある中央の場所から外側に向かってすべてのエッジロケーションに分散されたインフラストラクチャ・コンポーネントのエコシステムが含まれます。

これには、コンピュートおよびストレージ機能、アプリケーション、デバイス、センサーのほか、IoT (モノのインターネット) デバイスと連携して動作する中央データセンターまたはクラウドへのネットワーク接続が含まれます。

デバイスとセンサーは、情報の収集、処理、またはその両方が行われる場所です。ネットワークの他の部分からの助けをほとんど、あるいはまったく必要とせず、データをリアルタイムで収集、処理、実行するのに十分な帯域幅、メモリー、処理能力と機能、コンピューティング・リソースを備えています。何らかのネットワーク接続により、デバイスと、一元化された場所にあるデータベースの間の通信が可能になります。

スケールダウンされたオンプレミスのエッジサーバーまたはデータセンターは、容易に移行し、比較的小さなリモートロケーションに収めることができます。企業のニーズが変化し、増大するにつれて、柔軟性とスケーラビリティが必要になります。電源/冷却の断続的なネットワーク接続など、より小さなスペースやさまざまな環境要件に適合する柔軟なトポロジーオプションは、Red Hat がエッジコンピューティングにもたらすもののほんの一部です。

独自のエッジ・アーキテクチャを構築する場合は、エッジの場所や、デバイス、クラウド、サーバー、センサーなどの数に関係なく、企業固有のニーズに対応するコンポーネントのコレクションをアセンブルする必要があります。それは大変な作業であるように感じるかもしれません。

Red Hat のエッジコンピューティング・ソリューションは、プロビジョニング、管理、オーケストレーションの自動化によって運用を単純化し、企業が次にやるべきことに集中できるようにします。Red Hat は、世界中のどこでも必要な場所で行えるエッジデバイスのデプロイに伴う課題に対処し、パートナーのエコシステムを使用して企業に最適なエッジスタックを構築するお手伝いをします。

Red Hat® Enterprise Linux® は一貫性のある柔軟なオペレーティングシステムであり、データセンターからのエンタープライズ・ワークロードを、エッジでのモデリングおよび分析用のデバイスに対して実行するのに役立ちます。一方、Red Hat® OpenShift® は、任意のインフラストラクチャまたはクラウド (プライベートおよびパブリックのデータセンターやエッジロケーションを含む) で、コンテナベース・アプリケーションを構築、デプロイ、管理するために必要なプラットフォームを提供します。Red Hat® Ansible® Automation Platform を使用してエッジワークロードを自動化する と、IT タスクの単純化や運用コストの削減が実現するほか、高度に分散されたエッジ・アーキテクチャ全体でよりスムーズなカスタマーエクスペリエンスを提供できます。 

関連資料

記事

IoT とエッジコンピューティング

IoT では、物理デバイスやデータソースの場所に近いところにコンピュート能力を配置する必要があります。エッジコンピューティングは、IoT が必要とする処理およびストレージのローカルソースを提供します。

記事

エッジコンピューティングとは

エッジコンピューティングとは、ユーザーやデータソースに物理的に近い場所で演算処理を行うコンピューティングのことです。

記事

通信事業者向けのエッジコンピューティング

ネットワークをモダナイズし、新たな収益源を求める多くの通信事業者にとって、エッジコンピューティングは最優先事項です。

エッジの詳細はこちら

製品

Red Hat Enterprise Linux

新しいアプリケーションの展開、環境の仮想化、より安全なハイブリッドクラウドの作成などに適した汎用性を誇る、安定性に優れた実績ある基盤です。

Red Hat OpenShift

エンタープライズ対応の Kubernetes コンテナ・プラットフォームで、ハイブリッドクラウド、マルチクラウド、エッジのデプロイメントを管理するフルスタックの自動運用機能を備えています。

Red Hat Edge

エッジでの軽量なデプロイ向けに最適化されたエンタープライズ・ソフトウェアのポートフォリオ。

リソース

Illustration - mail

その他の関連コンテンツ

無料のニュースレター「Red Hat Shares」(英語) では、注目の IT トピックスに関するコンテンツをお届けしています。

Red Hat logo LinkedInYouTubeFacebookTwitter

製品

ツール

試用、購入、販売

コミュニケーション

Red Hat について

エンタープライズ・オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードする Red Hat は、Linux、クラウド、コンテナ、Kubernetes などのテクノロジーを提供しています。Red Hat は強化されたソリューションを提供し、コアデータセンターからネットワークエッジまで、企業が複数のプラットフォームおよび環境間で容易に運用できるようにしています。

ニュースレター「Red Hat Shares」を購読する

今すぐ登録する

言語を選択してください

© 2022 Red Hat, Inc.