ログイン / 登録 アカウント

Red Hat OpenShift

Red Hat® OpenShift® はエンタープライズ対応の Kubernetes コンテナ・プラットフォームで、ハイブリッドクラウド、マルチクラウド、およびエッジのデプロイメントを管理するフルスタックの自動運用機能を備えています。Red Hat OpenShift は、開発者の生産性を向上させ、イノベーションを促進できるよう最適化されています。 

Jump to section

Red Hat OpenShift とは

Red Hat OpenShift は、オープン・ハイブリッドクラウド戦略向けに構築された、市場をリードするエンタープライズ Kubernetes プラットフォーム* です。Red Hat OpenShift のフルスタックの自動運用、あらゆる環境で一貫したエクスペリエンス、開発者向けのセルフサービス・プロビジョニングにより、複数のチームが連携して、開発からプロダクションへとアイデアを効率的に展開できます。

Red Hat OpenShift は、主要なパブリッククラウドで実行されるフルマネージドのクラウドサービスとして、また、より多くのカスタマイズを必要とする組織にはセルフマネージドのソフトウェアオファリングとして利用できます。

*The Forrester Wave™:マルチクラウドコンテナ開発プラットフォーム、2020 年第 3 四半期

Open Answers:Red Hat OpenShift とは

特長とメリット

製品マニュアルを読む | データシートをダウンロード

Red Hat OpenShift には、エンタープライズグレードの Linux オペレーティングシステムと、コンテナランタイム、ネットワーキング、モニタリング、レジストリ、認証、承認のソリューションが含まれています。ライフサイクル管理の自動化により、セキュリティの強化、ニーズに合わせた運用ソリューション、管理が容易なクラスタ運用、アプリケーションの可搬性が得られます。

スケーリング可能なコンテナを運用

Kubernetes ソリューションは数多く存在します。その中でも突出したリーダー的存在である Red Hat OpenShift は、セキュリティを重視したサポート付きの Kubernetes プラットフォームであり、Red Hat Enterprise Linux による基盤が含まれます。また、さらにサポートが必要なお客様は、エキスパートによるトレーニングやコンサルティングもご利用いただけます。

Red Hat OpenShift と Kubernetes の違いを見る

Red Hat OpenShift クラスタですぐにデプロイできる認定済みのソフトウェアを試用、購入、管理できます。Red Hat Marketplace では、対応の早いサポート、最適化された請求機能と契約機能、単純化されたガバナンス、複数のクラウドおよびオンプレミスで同一のダッシュボードを利用できます。

マーケットプレイスを探索する

OpenShift Virtualization は Red Hat OpenShift の機能の 1 つで、各仮想マシン (VM) を特別なコンテナ内にパッケージ化し、新しいクラウドネイティブ・ワークロードやサーバーレスワークロードとともにレガシーアプリケーションをモダナイズできるようにします。このすべてを、単一の Kubernetes ネイティブなアーキテクチャを通じて管理します。

OpenShift Virtualization の詳細を読む

好みの言語やツールを使ってアプリを開発し、コンテナイメージでデプロイ。事前作成されたクイックスタート・アプリケーション・テンプレートを使えば、アプリの言語、フレームワーク、データベースをワンクリックで構築できます。

ボタンをクリックするか git push コマンドを入力するだけで、簡単にデプロイが可能。コンテナ化されたアプリのビルドやデプロイにかかわる面倒なシステム管理操作が大幅に削減され、場合によっては不要になります。

Red Hat OpenShift なら、開発者ワークフローの標準化と複数環境のサポート、そして自動リリース管理を伴う継続的インテグレーションを実現できます。

Red Hat OpenShift の使用による成果

アーキテクチャ

あらゆるインフラストラクチャでの一貫性

Red Hat OpenShift は、任意のクラウドで実行される既存のアプリケーション、モダナイズされたアプリケーション、およびクラウドネイティブ・アプリケーションを管理するための一貫したアプリケーション・プラットフォームを提供します。 

Red Hat OpenShift は、あらゆるインフラストラクチャに共通する抽象化レイヤーにより、開発者および運用チームの両方に、アプリケーションのパッケージ化、デプロイ、および管理の方法における共通性をもたらします。これにより、ホスト環境のために異なる運用モデルを作成することなく、最も合理的な場所でアプリケーションを実行できます。

architect working on computer

開発

革新的なアプリケーションの迅速な開発

アプリケーションの構築、テスト、デプロイ、実行に必要なものがすべて揃ったエンタープライズ Kubernetes プラットフォームで開発を迅速化しましょう。Red Hat OpenShift には、開発者用ツールへのセルフサービスアクセス、ブラウザーベースの IDE、幅広いコーディング言語、データおよびストレージサービス、そして、アプリケーション提供を自動化し、DevOps プロセスをサポートする完全な CI/CD サービスが含まれています。

また、Red Hat OpenShift では、AI/ML やアナリティクスなどのパブリッククラウド・サービスを統合して使用することができ、プラットフォーム用の商用 ISV ソフトウェア・マーケットプレイスにアクセスできます。

female developer working on desktop

運用

あらゆる場所でアプリケーションを実行および管理可能に

Red Hat OpenShift を使用すると、システム管理者と運用チームは、単一のコントロールプレーンからアプリケーション、仮想マシン、コンテナを管理できます。Red Hat OpenShift がインストールされている場所に関係なく、インタフェースは管理者と開発者で同じままであり、中央の管理コンソールから複数のチームのクラスタ、サービス、およびロールを制御できます。

OpenShift Operators を使用して Kubernetes の運用を自動化し、組み込みの CI/CD ツールを使用してアプリケーション提供の自動化を標準化します。

man working on laptop at the kitchen counter
calendar

Red Hat OpenShift のプラン

Red Hat OpenShift の柔軟性は、まずデプロイする環境の選択から発揮されます。Red Hat OpenShift の適切なデプロイメントを決定するとき、運用環境がオンプレミスなのかクラウドなのか、あるいはエッジなのかを考慮してください。管理とサポートは誰が担当するかも重要です。 

Red Hat OpenShift はお客様のワークロードが稼働するどのような環境にもデプロイ可能です。 

Red Hat OpenShift Platform Plus が新登場

この新しいエディションは、Red Hat OpenShift の機能に基づいており、高度なマルチクラスタ・セキュリティ、管理、および自動化機能を提供し、アプリケーションの大規模な構築、デプロイ、実行を可能にします。

詳細を見る

共通の技術的基盤

Red Hat のオープン・ハイブリッドクラウド戦略は、Linux®、コンテナ、自動化の技術的基盤に基づいています。オープン・ハイブリッドクラウドのアプローチにより、必要な場所でアプリケーションを実行できる柔軟性が得られます。

Red Hat Ansible Automation Platform
Red Hat OpenShift
Red Hat Enterprise Linux
Red Hat Ansible Automation Platform

Red Hat Ansible Automation Platform は、Red Hat OpenShift ユーザーがコードとして再利用可能なインフラストラクチャの作成と実行を行えるよう支援するほか、クラウドプロバイダー、ストレージ・ソリューション、その他のインフラストラクチャ・コンポーネントのプロビジョニング・タスクを自動化できます。

詳細はこちら

Red Hat OpenShift

Red Hat OpenShift は、従来のアプリケーションとクラウドネイティブ・アプリケーションの両方に完全なアプリケーション・プラットフォームを提供し、どこでも実行できるようにします。Red Hat Enterprise Linux 上に構築され、Red Hat Ansible Automation Platform と互換性のある Red Hat OpenShift は、Kubernetes クラスタの内外で自動化を可能にします。

Red Hat Enterprise Linux

Red Hat Enterprise Linux は、Red Hat OpenShift の実証済みの基盤であり、何千ものハードウェアとクラウドベンダーのテクノロジーで認定を受けています。つまり、Red Hat Enterprise Linux のセキュリティ、パフォーマンス、相互運用性、およびイノベーションはインフラストラクチャ全体に拡張され、必要な場所で実行できる単一のプラットフォームを提供します。

詳細はこちら

Red Hat のお客様による Red Hat OpenShift 導入事例

Employers ロゴ

Employers は、一元的なアプリケーション環境を構築し、保険契約の処理を自動化した結果、3 年間の売上が 40% 増加したほか、より優れたサービス体験を顧客に提供できるようになりました。

Argentine Ministry of Health and Social Development
アルゼンチン保健省ロゴ

アルゼンチン保健省は、患者情報を保護し、ペイシェント・エクスペリエンス (患者の医療体験) を向上するために、データソースを統合した全国的なデジタル医療ネットワークを構築しました。

ドイツ銀行ロゴ

ドイツ銀行は、コンテナ化されたマイクロサービスベースのアプリケーション開発プラットフォームを構築し、開発サイクルを短縮して効率を向上させました。

トレーニングと認定

Container Adoption Boot Camp

実践的な短期集中セッションで、DevOps およびデジタル・トランスフォーメーションのツールとしてコンテナの作成、開発、使用、デプロイ、アクセスを行う方法を学びます。腕立て伏せはしません。

ラーニングサブスクリプションを試す

Red Hat ラーニングサブスクリプションの 7 日間無料トライアルで、厳選したラボやコースに、制限付きのセルフサービスでアクセスできます。

Red Hat へのお問い合わせ